ドクターマーチンのサイズ表記が適当過ぎる件~同じサイズ表記でもワンサイズ違うという現実

ドクターマーチンの1460は軽くてクッション性の良いソールも相まって歩きやすいブーツとして気に入っています。私だけでなくかみさんも1460は気に入って愛用している様です。

ただ、ソールの交換が基本的に出来ない靴なので、履き慣れているブーツでアッパーの革はまだ生きていても、ソールが削れてしまい寿命が終わってしまうのが実情です。レッドウィングの靴と違ってここは割り切るしか無いのかも知れませんが残念です。

幸い、レッドウィングのブーツに比べると価格的には下がるので買い替えて気分リフレッシュと言うのも悪く無いかも知れません。

ただ、地方に住んでいると店頭で扱っていなかったりサイズが揃っていない場合もあり、ネット(通販)で購入せざるを得ないという事になります。その時に課題となるのが「サイズ」です。

課題を強要されるメーカー

ドクターマーチンのブーツを通販で購入した場合にトラブルの確率が増えるのがサイズの不適合です。私も1回、かみさんも1回失敗しています。

具体的に記すと、私はレッドウィングの場合6.5EEが最適なサイズで、ドクターマーチンはUK6と認識していました。もちろん実際に履いているからです。そこで通販で(もちろんフィッティングなし)UK6の1460を購入したのですが、足入れからして窮屈で実際に履いてみても小指、足の甲が窮屈で歩けないという失敗をしました。持っているUK6とくらべてみるとワンサイズ小さい。幸い部屋にいる時に履いて過ごしながらジワジワと慣らしをしてところ超ジャストフィット(余裕なし)に仕上がったので履けないという事はありませんが。

この経験で警戒レベルを上げておくべきだったのですが二回目の失敗です。

次にかみさんが使用しているUK3のインソール側が剥がれてきてダメになったので買い換えたところ、靴の箱からして小さいんじゃないか?という不安が。足を入れようとしたところ窮屈で、しかも片方は足が入らないレベルで小さい。手持ちの同サイズと並べてみるとワンサイズ(2サイズ?)小さいという失敗をしました。見た目にハッキリとサイズが違うので大失敗です。

この失敗をしてからは、ドクターマーチンの場合、私はUK7を、かみさんはUK4とワンサイズ大きいものをチョイスする事にしました。

なぜこういう製品のばらつきがあるのか?は、明確には分かりませんが、製造国が変更になったからとか、足型の変更とか内情があるのでしょう。ハッキリ行って英国製(Made In England)から中国製(Made In China)、ベトナム製(Made In Vietnam)に変わって行く過程で品質管理のレベルも落ちているのは否めないと思います。

革質について

よく、英国製は革質がうんぬんと言う情報も見かけますが、ドクターマーチンの場合はその前にソールがダメになるのでさほど拘る必要は無いと思います。ドクターマーチンの場合はソールの寿命=靴の寿命です。もちろん例外もありますが一足買い換える以上のリペア費用がかかります。

レッドウィングの場合は大げさな事抜きに一生ものとして使うことも可能ですから革質に拘って一生愛でていくというのもありだとは思います。ドクターマーチンの場合は使い捨て感覚でいた方が幸せです。

課題を整理しておく

ドクターマーチンのブーツを買い求める場合は、なるだけ現物でフィッティングをしてからの方が良いです。もしそれが出来ず通販で買うしかないのであれば、ワンサイズ大きめを選ぶ方が安牌です。多少大きめの靴なら靴下(ソックス)で調整出来ますし、インソールを敷いて調整することも可能です。

足にとって小さい(窮屈な)靴を履くことは事実上無理です(拷問です)。

サイズに確証が持てるなら通販(フィッティング無し)でも良いのかも知れませんが、小さくて入らないとなると、転売するか、手持ち在庫として腐らせるしかありません。家族で足のサイズが違う人が居るなら持って行き先もあるので無駄にはならないかも知れませんが・・・

とにかく、ドクターマーチンの品質管理は落ちていると言わざるを得ません。海外工場での製造とは言え、靴メーカーとして「実サイズが違う」なんてことは製品管理がなっていないからでしょう。

特に以前から同メーカー製を履いている人は要注意です。同メーカーの靴を買い求める場合はサイズ選びは特に慎重に行った方が良いと断言しておきます。厄介なメーカーに成り下がってしまいましたがサイズさえ合えば良い靴なので捨てがたい選択肢だったりはします。

コメントを残す