コロナ石油ファンヒーター(FH-G3412BY)をオークションでゲット~この冬の寒さをしのぐ為に暖房器具を追加した

今年の冬は非常に寒いです。記録的な寒波が来たり全国的に冷え込む日が多くて、寒いのが苦手な私にとってはかなり苦痛な季節です。

仕事の関係で部屋の暖房に課題があり、コンパクトな暖房器具をと思って石油ファンヒーター(灯油)を購入したのを機に、灯油を燃やす熱効率の高さを見直した次第です。

エアコンの熱交換の方が効率が良いと思っていたのですが、短時間で気温を上げるにはやはり熱を発生させる方式が手っ取り早いですし、冷え切った状態から室温を上げていくのにはエアコンはエネルギー効率が悪すぎます。

石油ファンヒーターのメリットとデメリット

灯油を燃やすのでどうしても燃焼という現象は避けられません。燃焼には酸素が使われて二酸化炭素が発生します。室内でこれを行うと酸素が少なくなり、不完全燃焼=一酸化炭素中毒というリスクがどうしてもあります。

昔の器具と違って、不完全燃焼が起こりにくくなっていたり、万一の時は停止したりと安全性は高くなっていますが、どうしても長時間締め切った部屋で使っていると息苦しさを感じますし、理屈の上で酸欠状態に近くなるのは避けられません。

また、灯油は値上がりしているので燃料が安くありません。正確なところまで計算した訳では無いですが、おそらくエアコンの電気代より灯油の料金の方が割高だと思います。

それでも、石油(灯油)ファンヒーターには、短時間で温度を上げられるというメリットがあります。一気に室温を暖かくすることができるので、外出先から自宅へ戻って部屋を暖めるという用途にはかなり有利な暖房器具です。

“コロナ石油ファンヒーター(FH-G3412BY)をオークションでゲット~この冬の寒さをしのぐ為に暖房器具を追加した” の続きを読む

REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホ又はPCでお手軽モニタリング出来る

コンセントに割り込み型のワットメーター(消費電力計)を入手したので使ってみました。

家電の消費電力(ワット数)は一般の人も購入時に意識していると思いますが、実際にどれだけの時間、その家電で電力を消費しているかは積算してみないと分かりません。

電気代の算出について

電気代の計算方法は意外と知られてない様なので簡単に記して置きますが、一定時間に使用した電力量のトータル(累積値)となります。この一定時間というのがポイントで、一般家庭に供給される電力会社の場合は、kWhで表すので、1時間(60分)に使用した消費電力のトータルで計算されます。

昔は戸建て建造物の電気の引き込み部分に、回転する円盤とメーターが付いた電力メーターが備えられていて、電力会社の人が毎月検針に来ていました。単純にこの円盤が回転すればするほど累積値が増えて電気代が高くなる仕組みです。

大崎工業 A63A 普通電力量計 単相3線式 100V 120A 60Hz 西日本 (検定付)

大崎工業 A63A 普通電力量計 単相3線式 100V 120A 60Hz 西日本 (検定付)

 

最近ではメーターもデジタルされ、通信回線を使ってセンターに収集される仕組みが増えたので、電気代の算出がイメージしづらいかも知れません。やってることは同じなんですけどね。

“REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホ又はPCでお手軽モニタリング出来る” の続きを読む

自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善

ずっと懸案事項ではあったのですが、自宅のWi-Fi(無線LAN)環境に不満がありました。そしてついに年末年始のネット激遅状態に嫌気がさして、少しでも改善させるべくWi-Fi機器を更新することにしました。

リモートのサーバーとセッションが切れる(自動処理させているのが止まる)事に我慢の限界が来てしまいました。

我が家の場合は1階にインターネット回線を引き込んでいるので、

  1. NTT ONU
  2. YAMAHA RT-57i
  3. BUFFALO WCA-G

この三台構成で宅内に無線LANの電波を飛ばしてコードレスで使用しています。

なんとかごまかしながら使ってきたのですが、どうしても2階の部屋に置いているデスクトップPCのネット接続の問題(電波が弱い)が後回しになっています。

一応、対策としては、いわゆるUSB Wi-Fi子機I-O DATA WN-G300UA(高感度無線LANアダプター)を使ってデスクトップPCでもWi-Fi接続で使ってしのいできましたが、元々のネット接続が遅いので快適とは程遠いです。デスクトップPCでは集中して作業するので無線LAN接続は少しでも状態良く使用したいと考えました。

長年使ってきた無線LAN親機(BUFFALO WCA-G)はトラブルも無く動作してくれ、ワンルーム等のコンパクトな環境においてはお手軽で気に入っていたのですが、二階建ての家屋では電波が弱くなり不安定な状態が実情です。

有線LANケーブルを自由に敷設出来ない住宅環境においてはどうしても無線LANに頼らざるを得ません。借家という理由もあり勝手に壁や床に穴をあけて配線するわけに行きませんので。

Wi-Fi親機をハイパワーモデルに変更

BUFFALO WCA-Gでは力不足と判断してハイパワーモデルを使用することにしました。ここでいっそのことハイエンドなものに切り替えることも考えたのですが、2階の部屋でデスクトップPCを使う頻度はさほど高くないことや、高速モデルを購入してもインターネット接続(プロバイダー)が遅いことから、高速なWi-Fi機器を無理して買ってもほぼ無意味と考えると、見返りの期待できない投資をするのはやめようと言う判断になりました。

“自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善” の続きを読む