Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜Rubix22とUR22mkIIは使用出来るのか?

昨日届いたsteinberg UR22mkIIがWindows環境できちんと動作するのを確認出来たので、どうせならLinux環境でも使いたいと考えていました。ついでにRoland Rubix-22も動作するか確認してみます。

リサーチ段階では、結構苦労するかも知れないという感じでしたが、結果的にdebian GNU/Linux 10(Buster)xfceでは接続するだけでオーディオ入出力が可能でした。あっさり認識してくれました。

ただ、私の実際の検証においては、検証環境として使っているOracle VirtualBox(仮想マシン)の不具合で、遠回りさせられたので検証にはちょっと時間がかかりました。

仮想環境で動かしたdebian上ではオーディオインターフェースをきちんと認識しており、PulseAudioでレベルゲージも振れているのにオーディオインターフェースから音が出ないという症状でした。Oracle VirtualBoxにおいてUSBコントローラー周りのエミュレートが上手く出来ていない様です。まぁ仮想環境なんてそんなレベルだと割り切るしかありません。やはり実機で検証するのが確実ですね。

PulseAudioは正常に動作しているので、次にALSAに不具合が有るのでは無いか?とコマンドを叩いて調べて行くうちに「何も問題は無いんじゃないか?」という結論にたどり着きました。そして仮想環境での検証を諦めてdebian実機に接続してみたところ、あっさり動作してきれいな音を奏でてくれました。

最初から実機に接続すればトラブルはなかったでしょうが、Oracle VM VirtualBoxが信用出来ないということは学習出来たので遠回りした価値はあったと思っておきます。

正直いってOracle VM VirtualBox(バーチャル環境)のことは信じていなかったので、もしかしたら「上手く動作しないのは仮想環境のせいでは?」という疑いの気持ちがあったのは幸いでした。疑いを持ってなければ泥沼にハマって時間だけを浪費してしまうところでした。

“Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜Rubix22とUR22mkIIは使用出来るのか?” の続きを読む

steinberg UR22mk2オーディオインターフェースを購入~ループバック機能が欲しくなり追加購入

オーディオインターフェースはRoland Rubix22を持っていますが、ループバック機能が使いたくなったのでstainbergのUR22mk2を追加購入しました。複数台のPCを使い分けているので流用出来て無駄にもなりませんし。

当初は打ち込みで自作の音楽を作ることを第一目的としてオーディオインターフェースを購入しましたが、じっくり腰を据えて音楽を作る時間が無いのでもっと短時間で作業できる解説動画を作る方に興味が向いてしまっています。

“steinberg UR22mk2オーディオインターフェースを購入~ループバック機能が欲しくなり追加購入” の続きを読む

WiMAX 2+ルーターの不要オプションを解約~ユーザーIDとパスワードを使って月額利用料を上げさせない手続き

WiMAX 2+ルーターを手に入れてから、仕事先の部屋でもネット接続環境が出来たので便利に過ごせるようになりました。しかしBroad WiMAXの契約にはトラップというか、上手くやられている仕組みがあるので要らないオプションは解約して節約することにします。

上手に作られていると思うのは、契約して2~3ヶ月は割引になっており請求金額が抑えめになっているので契約者が油断しがちで、割引期間が過ぎると一気にオプション料金が乗せられて請求が来る様になっている点です。

私の契約したプラン名は正確なところ、
「BroadWiMAX2+ 定額ギガ放題プランS(3年)」
という名前になっています。

このプランは契約時にオプションとして下記3つが追加されています。

  • いつでも解約サポートオプション(0円)
  • My Broadサポート(PC)(税抜907円)
  • 安心サポートプラス(税抜550円)

これらをつける代わりに初期費用(¥18,857)が割引となるというもので、実際に申し込む人は仕方なくつけると思います。これらは2~3ヶ月は割引対象となっているので最初の頃の請求金額を見て油断してしまいます。

“WiMAX 2+ルーターの不要オプションを解約~ユーザーIDとパスワードを使って月額利用料を上げさせない手続き” の続きを読む