Motorola Moto G4 Plusのバッテリー交換~少し割高だけど純正品にしたし作業は簡単だった

3年ちょっと前に、当時発売されたばかりの「MOTOROLA Moto G4 Plus」を購入してDSDSでSIMカード2枚運用をして来ました。

  • SIM1:DoCoMo(カケホーダイ)
  • SIM2:IIJmio(データ専用)

合わせて一ヶ月の支払いは約4,000円です。当然一番最初に3万円ちょっとのスマートフォン本体を購入しましたので初期投資は必要でしたが月々の支払いは固定で抑えられるし、そんなに多用する訳でもないので身の丈にあった使い方で私の用途には合っていると思います。

このスマートフォンも結構年数が経ちました。しかしゲームはしませんのでそれなりに不満なく使えています。まぁ多少もっさり感を感じることはありますが日常使いには全く支障ありません。MicroSDカードも128GBが対応しているので記憶容量的にも問題ありません。

ここに来て一番の不満はバッテリー容量の低下で、ちょっと使った程度で1日持たなくなり、やむなく職場のPCのUSBポートから充電する必要があることです。一日中外出だと結構不便で、スマートフォンを使ってキャッシュレス決済をする機会が増えたので、うっかり充電が甘いと仕事帰りに買い物をする時にバッテリー容量がほとんどなくてヒヤヒヤさせられることがあります。

ここいらでスマートフォンを買い換えるか、バッテリー交換をするかを検討した結果、バッテリーを交換すれば済む問題なのでスマートフォン本体を買い換える必要は無いと考えました。

交換手順についてリサーチ

交換の仕方はYouTubeで検索したら色々見つかりました。動画を見ながら作業手順をイメージしてみても大した作業ではないと感じたので自分で出来ると判断しました。

自分で交換しようと思っている人は、同一機種のバッテリー交換手順について、いくつか動画があるので視聴して参考にしておくべきだと思います。


“Motorola Moto G4 Plusのバッテリー交換~少し割高だけど純正品にしたし作業は簡単だった” の続きを読む

WordPress for Androidの不具合~日本語入力が途中で確定される

スマートフォンでブログを更新したり、誤字脱字を修正出来るのは手軽で便利です。私のブログサイトはWordpressを使っているのでWordpressに特化したスマートフォン用のアプリを見つけて早速インストールしました。

しかし、使っていると度々日本語入力に不具合が起きます。具体的には文字入力中に一文字で確定されてしまい、ひらがなでしか入力出来ない事が有ります。

不思議な事に改行して新しい段落に入力すると日本語入力メソッド(ATOK)は普通に日本語変換出来る事もあります。しかし、数文字入力するとまた不具合が再現します。ATOKの不具合を疑って日本語変換をGoogle IMEに切り替えて見ましたが症状は改善されません。

リサーチしてみたところ、この不具合に遭遇しているのは私だけではなく、多くのユーザーが同じストレスを抱えている様です。もしかするとATOKの不具合なのか?と思ってGoogleの日本語変換を使って見ましたが同じ症状が起きます。

Android用のアプリはGoogle Playからダウンロード出来、レビューも投稿出来ます。星の数で評価も出来ます。

いくつかの苦情とも取れる低評価レビューに作者がコメントを英文で返していますが、「メールで詳細を送ってくれないか?」というコメントに応答した人は少ない様です。英文だから仕方ないとは思います。

そこで私はGoogle翻訳を使って、伝わればいいというレベルの英文でレビューをしました。するとその日の内に回答が来ました。お約束のアプリバージョン、不具合の状態写真(スクリーンキャプチャ)を送って欲しいとのこと。先方では再現しないということらしいです。

検証する

これは、テストのためにサンプル的に入力している文章です。間に文字を入れたりして無理矢理に不具合の事象を再現させてます。一番疑っているのは段落内の文字数が多くなった場合に起きているのでは無いかと考えています。取りあえず普段使っているATOK for Androidを使って日本語入力していますが、今の所不具合の事象は発生していません。不具合を再現させようとすると起きないのがなんとも焦れったいと感じます。

今日、WORDPRESSがアップデートされたせいか、なかなか再現しません。もしかしたら直ってしまったのか?

しかし以前にもこのような不具合は起きたり直ったりの繰り返しなので、出来れば原因を特定して欲しいです。アップデートされる度に不具合が起きたり直ったりは困ります。

検証の為に適当に写真集も埋め込んでみます。

WORDPRESSアプリの「お問い合わせ」からもバグ報告できるみたいですが、相手は日本語に堪能というわけでは無さそうなのでちょっと厳しいですね。もちろんコチラは英語が苦手ですし。

OMRON UPS BY50S~PCとの通信エラー監視をイベントビューア&タスクスケジューラで構成する

先週、OMRON UPS BY50SとPCのUSB通信が不安定なので定期的に状態監視して、不具合があればUSBデバイスを再起動をかけるBATを仕込んだわけだが、どうやらdevcon.exeで取れるStatusでは不十分だとわかった。

というのも、OMRON PowerAct Proで通信エラーになっていても、USBデバイスとしては正常認識されていることが多々あったからだ。つまり通信エラー状態になっていてもdevcon.exe statusでは正常と診断されてしまい、先の方法では通信エラーの状態を的確に検出することが出来ないと分かった。

そういうわけで、この方法では根本的な対策にはならないとわかったので、もっと有効な方法を考えてみることにした。もちろん根本的な解決にはOMRONがPowerAct Proの状態監視をもっときちんとさせる必要があると思うのだが、自分で出来る限りはやっておきたいので対処療法的ではあるが工夫をしてみる。

“OMRON UPS BY50S~PCとの通信エラー監視をイベントビューア&タスクスケジューラで構成する” の続きを読む