電子回路補修の為にヘッドマウント拡大鏡(LEDライト付)を購入~これは老眼の症状が出始めた身には便利すぎる

電子回路をいじるのは中学生の頃から日常的だったので得意な作業でしたが、老眼の症状が出始めてから苦手な作業になって来ました。良く見えないとミスをして余計な補修が増えてしまったりと効率が悪くてイライラします。

今回、どうしても週末に細かい電子回路部品の補修作業をしなくてはならなくなったので、拡大鏡(ルーペ)を購入することにしました。アームがついたルーペスタンドもありますが、最近は安くなっているのでヘッドマウントタイプも検討してみました。お約束のLEDライト付きというのが主流の様です。

Amazonから購入することにしたのでリサーチをしてみたところ、割と良い感じのものが見つかったので購入することにしました。なお私は乱視補正のメガネをかけているのでメガネ併用可能なものでなくてはなりません。選択条件の重要課題でした。

“電子回路補修の為にヘッドマウント拡大鏡(LEDライト付)を購入~これは老眼の症状が出始めた身には便利すぎる” の続きを読む

Amazon Echo Dotを2ヶ月使ってみた感想~基本機能だけでも良いアシスタントになる

AmazonスマートスピーカーEcho Dotを2個セットで1個分の価格(セール価格)で購入して二ヶ月が経過しました。

家の中であればWi-Fiの電波が届くので最初はコンセントがある場所に色々移してみたりしましたが、我が家の場合はリビングに1台、私の作業部屋に1台を設置して使用する形に落ち着きました。

使用する機能の頻度からすると

  1. 専業主婦であるかみさんが家事をしながら音楽を聴く
  2. 天気予報を教えてもらう
  3. 週末帰宅した時に私がBGMを聞きながら作業する
  4. リビングと私の部屋でインターホン代わり(呼びかけ機能を使用)

用途としてはこんなものです。

スマートコンセントや、AV家電とはまだ連携させていませんが、これだけで十分かなと思っています。音声で家電の電源を入り切りさせたいという場面は特にありませんので今の所スマートコンセントは必要性を感じていません。

寝室などに置いている場合はルームライトを入り切りさせたり、ベッドに入ってから照明器具を入り切りしたりというのも便利なのでしょうが、我が家の場合はそういう必要性は今のところ有りません。こういうのは人それぞれ生活環境によるでしょう。


“Amazon Echo Dotを2ヶ月使ってみた感想~基本機能だけでも良いアシスタントになる” の続きを読む

国道の距離標(キロポスト)を地理院地図に表示させる~道路基準点案内システムCSVをKMLに変換するだけ

以前、Google Earth Proにキロポスト(距離標)を表示する方法を記しましたが、仕事で国土地理院のサイト「地理院地図」を使う必要があり使ってみたところ割と便利だったのでアリだなと感じました。Google Earth Proは衛星写真がベースですが、地理院地図は完全に地図がベースですから大きな違いがあります。

国土地理院が提供する情報であれば信頼性は高いと思います。実際使ってみたところで感じたのは、Google Earth Proで取得した位置情報ももちろん正確ですけど、衛星写真の更新頻度はかなり遅いので新しく開通した道路等の情報は反映されて無かったりします。やはり地図のお仕事なら地理院地図の出番です。新しい道路も迅速に反映されるので業務目的でも使えます。

今回はそんな地理院地図の機能として備わっているレイヤに、道路基準点案内システムで公開されているキロポストを表示して便利に使える様にする方法を記します。地図上にKP情報を表示させられると仕事が捗る場面が多々あります。

レイヤに表示させる為にはKMLファイルを準備する必要があります。残念な事にGoogle Earth用に作ったものではフォーマットが合わないので、あらたに内部構造を合わせて作り直す必要があります。

地理院地図にもCSV取り込みの仕組みはある様ですが(詳細は未確認ですが住所や場所の名前データベースと照合して地点を割り出している様です。)道路基準点を指定した緯度経度にプロットする用途には使えません。独自でKMLを作って読み込ませるしか無さそうです。

“国道の距離標(キロポスト)を地理院地図に表示させる~道路基準点案内システムCSVをKMLに変換するだけ” の続きを読む