距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換

私の過去の仕事は、航空業界の通信系、システム系のインフラ屋としてやってきましたが、ひょんなことに現在の仕事先の都合で、全く縁のなかった道路施設の維持管理や整備に関係することになりました。

業務上記せることに限りがありますので一般的なことしか触れられませんが、一般市民として日本国土に住んでいる上で役立つスキルが距離標(キロポスト【KP】)という概念ですので、今日は距離標について記そうと思います。

KP情報を地図上で見られると便利なことが結構あります。

距離標(キロポスト【KP】)という概念

誰しもが知っていると思いますが、日本国内の道路には、国道、県道、市道があります。それぞれ国・県・市が管轄していて、エリアごとに管轄組織にも分担が決まっています。

それくらいは私も現在の仕事に携わる以前から知っていましたが、距離標というものは漠然と知っていた程度であまり意識した事がありませんでした。時々道路に数値を書いた小さな看板が立っているのを見たことがある人もいると思います。

ざっくりと説明すると、国道には「基準点」なる場所(位置)が定められており、そこを【0.0kp】地点とします。つまりそこから国道56号を走った距離により現在の地点のキロポスト【○kp】という情報が得られます。業界関係者なら「R56 ○kp」地点と言えば大体の位置がわかるし、即答できなくても資料を調べれば大体の位置が分かります。

例)R56 ○.○kp地点で落下物

という風な感じで情報を伝えれば国道における地点を伝えることができます。もちろん距離の単位がKmなので【○.○○○kp】と小数点以下の桁数を増やせば1m単位まで刻むことができます。実際はそこまでの精度を出すのは難しいので10m単位程度が現実的だと思います。

こういう知識は中学校くらいで教えるべきだと思います。もしかしたら今は授業で教えているのかも知れませんが、私は習った覚えは全くありません。

引き算すれば特定KPからの距離も計算できる

KP標の便利なところは起点を任意に設定して相対的に算出することができる点にもあります。例えば現在地点が【152.2KP】だとして【80.2KP】からの距離を知りたいとします。この場合は単純に差を算出すれば良いので、152.2KP-80.2KP=72.0kmという計算で大凡の距離が計算できます。

国道から県道に分岐していった場合はその分(県道の長さ)を足して算出すれば良い訳です。コンピュータやスマートフォンが便利になった時代なのであまり活躍する場面はないかも知れませんが、視覚的かつ計算式として残せるので資料として人に伝える場合には非常に役立ちます。

“距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換” の続きを読む

Jw_cadに効くDirectX対応グラフィックボード~Direct2D効果で描画の高速化(nVIDIA GeForce)

CADは平面図が目的で主にAutoCAD LTを使って来ましたが、AutoCADの操作に慣れた事もありプライベート用では操作が似ているダッソーのDraftSightを使わせてもらってました。

昨年から仕事の関係でJw_cadを使用しなくてはならなくなり、当初はJw特有の操作に苦労したものの、やはり仕事で嫌になるほど使っていると身についてくる訳でして、現在ではちょっとした図を描くのならJw_cadの方が早いし、レイヤー分類等もJw_cadの方が手早くできてしまう様な状態になりました。

ただ、現在の仕事では、業種が違う部門で描かれた非常に複雑かつ大きな図の上に、私の仕事に関係する図(レイヤー)を乗せていく作業をしており、元からして呆れるほど大きな図面に書き加えていくにはPCスペックの足りなさに嫌気がさすことも増えてきました。

何しろ複雑な地形図やら施設図やらが既に入っているので受け取った時点でファイルサイズが大きいのです。それをJw_cadの形式に変換した段階で更に肥大し、Jw_cadで開いてまず最適化(整理)を行う必要があるのですが、その作業が出来ないという事態に陥ることもあります。

回避方法は、高性能なPCを使ってJw_cadで作業するしかありません。開いた時点でほぼフリーズ状態になる図面もあります。PCのスペックがしょぼすぎるってのもあるでしょうけどね。

反面、プライベートでそこまで複雑な図面を扱うことはないのですが、他CAD形式を変換して流用することにも慣れたので、手っ取り早くメーカーが配布している図面を変換して、自分が必要な情報を別レイヤで乗せていくという手法がプライベートでも当たり前となりました。やはり一から描くのとでは大違いです。効率を考えると入手できる図面はCADデータで入手して変換するのが一番の近道(時短)です。

複雑なCAD図面は古いPCでは辛い

Jw_cadはそれほどスペックを必要とするCADでは無いと言われます。確かに一般的な家屋の平面図、立面図、設備図、配線図などであればノートパソコンでも十分事足りるでしょう。

しかし、扱う図面が複雑でファイルサイズも大きくなると、ちょっとした作業毎にPCリソースに頼る事になり、動作も遅くその都度イライラさせられることになります。

具体的には、ファイルサイズで30MBをオーバー、線の数が10万本以上となると画面の再描画(リドロー)が頻繁に発生し、画面をその都度書き換えるで待たされます。複雑な地形図が入っているとそれだけでかなりの負担になります。

自宅で使用してるPCは、職場のPCよりも古いのでCPUのテクノロジー的には劣るのですが、購入当時に奮発してマザーボード、CPUを奢っておいたため、単純な処理能力では古いはずの自宅PCの方が速く、Jw_cadの操作が快適だということがわかりました。

仕事は持ち帰り(持ち出し)NGなので、仕事と同じ図面で比較したわけではないのですが、ネットでダウンロードできるメーカー提供の複雑な図面を使って比較してみたところ、Intel Coreの世代が古い自宅PCでも、クロック数、コア数で上を行くプライベート用PCの方がJw_cadの動作は良いという結果でした。ローエンドとは言え、GeForceグラフィックボードを実装しているのも違いとして現れているのかも知れません。

このPCも約10年使用しているため、流石にショボさを感じる場面はあるのは事実です。そこで唯一ローエンドなパーツを使っていた部分、グラフィックカード(ディスプレイボード)を今回グレードアップすることにしました。

私がこのPCを購入した当時に一番安かったグラフィックカードは、NVIDIA Geforce 210というものです。驚いたことに現在もまだ販売されているらしく、ある意味リファレンス的なグラフィックカードとして継続販売されているとか。当時3,000円程度で購入したお手軽グラボで、Windowsエクスペリエンス値もグラフィクだけが低いスコアです。でもこれで少し前までは事足りていました。流石に今の時代になると厳しくなって来たと感じます。

GeForce 210 エクスペリエンススコア

“Jw_cadに効くDirectX対応グラフィックボード~Direct2D効果で描画の高速化(nVIDIA GeForce)” の続きを読む

Jw_cadを使い慣れると考えられたUI操作がハマってくる~汎用CADだけど電気屋さんにもオススメ

現在担当している職場では、Jw_cad(ジェイダブリュー・キャド)を使うのが基本ルールになっているので、AutoCAD育ちな私ですが頑張ってJw_cadを覚えることにして取り組んできました。そろそろ一年経つのでそれなりにJw_cadの操作が身についてきました。

とは言っても、設計業務には携わっていないため、下図となる建設図面や土木図面上に機器や配線(配管)を落とし込んでいったりする作業がメインです。

当初、Jw_cadはなんて使いづらいCADなんだろうかと思っていたのですが、繰り返し操作をしていると手癖の様に同じ操作を行うので、むしろ速いということに気づきました。

“Jw_cadを使い慣れると考えられたUI操作がハマってくる~汎用CADだけど電気屋さんにもオススメ” の続きを読む