国道の距離標(キロポスト)を地理院地図に表示させる~道路基準点案内システムCSVをKMLに変換するだけ

以前、Google Earth Proにキロポスト(距離標)を表示する方法を記しましたが、仕事で国土地理院のサイト「地理院地図」を使う必要があり使ってみたところ割と便利だったのでアリだなと感じました。Google Earth Proは衛星写真がベースですが、地理院地図は完全に地図がベースですから大きな違いがあります。

国土地理院が提供する情報であれば信頼性は高いと思います。実際使ってみたところで感じたのは、Google Earth Proで取得した位置情報ももちろん正確ですけど、衛星写真の更新頻度はかなり遅いので新しく開通した道路等の情報は反映されて無かったりします。やはり地図のお仕事なら地理院地図の出番です。新しい道路も迅速に反映されるので業務目的でも使えます。

今回はそんな地理院地図の機能として備わっているレイヤに、道路基準点案内システムで公開されているキロポストを表示して便利に使える様にする方法を記します。地図上にKP情報を表示させられると仕事が捗る場面が多々あります。

レイヤに表示させる為にはKMLファイルを準備する必要があります。残念な事にGoogle Earth用に作ったものではフォーマットが合わないので、あらたに内部構造を合わせて作り直す必要があります。

地理院地図にもCSV取り込みの仕組みはある様ですが(詳細は未確認ですが住所や場所の名前データベースと照合して地点を割り出している様です。)道路基準点を指定した緯度経度にプロットする用途には使えません。独自でKMLを作って読み込ませるしか無さそうです。

“国道の距離標(キロポスト)を地理院地図に表示させる~道路基準点案内システムCSVをKMLに変換するだけ” の続きを読む

国道の距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~簡単な方法を見つけたので追記

Google Earth Proに国道キロポストのマーカーを取り込む方法として、道路基準点案内システムから入手したCSVファイルを、awkでkml形式に変換する方法を以前記しました。

Google Earth Proを使っていてCSVファイルを直にインポートする機能がある事に気づいたので別記事として記しておきます。

こちらの方が断然簡単です。Excelで四則計算の式を扱うことが出来るレベルなら誰でも可能です。

要点はたった一つです。

道路基準点案内システムで提供される緯度経度情報は、日本方式の度・分・秒60進数形式ですが、これを単位の10進数形式に変換する計算式を使用する必要があります。

YouTubeに動画をアップしましたので、動画で観たい人はどうぞ。

“国道の距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~簡単な方法を見つけたので追記” の続きを読む

国道の距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換

私は過去に、航空業界の通信系、システム系のインフラ屋として仕事をしてきましたが、ひょんなことに現在の仕事先の都合で、全く縁のなかった道路施設の維持管理や整備に関係することになりました。

業務上記せることに限りがありますので一般的なことしか触れられませんが、一般市民として日本国土に住んでいる上で役立つスキルが距離標(キロポスト【KP】)という概念です。普段の生活では知らなくても問題有りませんが知っているとメリットがあるので今日は距離標について記そうと思います。

KP情報を地図上で見られると便利なことが結構あります。

距離標(キロポスト【KP】)という概念

誰しもが知っていると思いますが、日本国内の道路には、国道、県道、市道があります。それぞれ国・県・市が管轄していて、エリアごとに管轄組織にも分担が決まっています。

それくらいは私も現在の仕事に携わる以前から知っていましたが、距離標というものは漠然と知っていた程度であまり意識した事がありませんでした。時々道路に数値を書いた小さな看板が立っているのを見たことがある人もいると思います。

ざっくりと説明すると、国道には「基準点」なる場所(位置)が定められており、そこを【0.0kp】地点とします。つまりそこから国道56号を走った距離により現在の地点のキロポスト【○kp】という情報が得られます。業界関係者なら「R56 ○kp」地点と言えば大体の位置がわかるし、即答できなくても資料を調べれば大体の位置が分かります。

例)R56 ○.○kp地点で落下物

という風な感じで情報を伝えれば国道における地点を伝えることができます。もちろん距離の単位がKmなので【○.○○○kp】と小数点以下の桁数を増やせば1m単位まで刻むことができます。実際はそこまでの精度を出すのは難しいので10m単位程度が現実的だと思います。

こういう知識は中学校くらいで教えるべきだと思います。もしかしたら今は授業で教えているのかも知れませんが、私は習った覚えは全く無く社会人になり今の仕事に携わるまで知りませんでした。

引き算すれば特定KPからの距離も計算できる

KP標の便利なところは起点を任意に設定して相対的に算出することができる点にもあります。例えば現在地点が【152.2KP】だとして【80.2KP】からの距離を知りたいとします。この場合は単純に差を算出すれば良いので、152.2KP-80.2KP=72.0kmという計算で大凡の距離が計算できます。

国道から県道に分岐していった場合はその分(県道の長さ)を足して算出すれば良い訳です。コンピュータやスマートフォンが便利になった時代なのであまり活躍する場面はないかも知れませんが、視覚的かつ計算式として残せるので資料として人に伝える場合にも非常に役立ちます。

“国道の距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換” の続きを読む