アマチュア無線のコールサインを復活させる~30年以上前に失効したけどまた再開させる

中学生になったばかりの頃に親父にそそのかされて、アマチュア無線の資格(電話級)を取って無線(電子・電気)の技術に興味を持ち、無線について色々勉強し学校も電子系に進みそのまま就職しました。就職先での仕事も無線に関わる事が主でしたが、広く浅く色々なことを経験出来ました。

私の人生はあの時に親父が言い出した「無線従事者資格」の取得がきっかけで、エンジニア路線でずっと生きて来ました。幼少期から機械ものに興味を持つ子供だったらしいので親父は適正を見抜いていたのかも知れません。
就職して航空無線、業務用無線の設備を保守する仕事(その他色々)を15年位やってました。その後PCの普及もありネットワーク、サーバーを始めて「いわゆるIT業界」で生きて来ました。

今思えば、無線の仕事をしていた時には設備に恵まれていた事もあり、頑張って資格試験勉強して資格を取っておけば、資格手当等も手に入れられて生活もかなり楽だったかも知れないなと後悔しています。しかしその仕事を辞めて無線とは遠縁になった今となっては「夢のような整った設備」は個人では簡単には手に入れられません。無線機を計測する部屋(電波を遮断するシールドルーム)、測定器なんかは個人では到底買えません。今の仕事は無線の保守には直接は関係無いので尚更です。

昨今、災害の事もありPoint To Pointのシンプルな無線に注目している人もいます。実際、電波が届きさえすれば無線通信は可能ですので、原始的と言われようともシンプルな方式の無線通信は災害時に強いのは間違い有りません。携帯電話は基地局経由ですから基地局やネットワークが障害を起こすと全く使い物にならなくなる脆弱さを持っています。

そんな事もあって、昔やっていたアマチュア無線の趣味を30年以上ぶりに再開する事にしました。とは言っても通信するのが楽しみというよりは、技術的な事に興味が向いています。今は無線通信とインターネットを連携させる事も比較的容易なので、追々そういう方向に発展させながら技術(知識)を身につけようと思っています。

“アマチュア無線のコールサインを復活させる~30年以上前に失効したけどまた再開させる” の続きを読む

STnetピカラのエリア確認に不信感~メールでの回答を希望するも全て無視して仕事中に電話かけて来やがった

高知市内在住ですが、二年前から仕事の関係で四万十市のアパートで生活し週末だけ自宅に帰り行き来してます。

もしかすると来年度(4月以降)も同じ状況が続くかも知れないので、ネット難民な環境を改善する準備をしようかと、ピカラ光へエリア確認を依頼しました。

仕事中に電話かけてこられても迷惑なので、「メール」での回答を希望し、もし電話かけて来るなら「休日の午後」を希望と言う意味で申し入れしました。


ところが、しれっと仕事中(平日の午前中)に電話かけて来やがりました。何一つこちらの要望を聞き入れて無い。

結局対応エリア外だったのでインターネット接続サービスは利用出来ない訳ですが、そんなことよりも仕事の邪魔をされて(責任者に断って室外に出て通話)イラッときたので、「なぜ要望したとおりにメールで回答くれないのか?」と一言言ってやりました。

ところが、「メールでの回答は致しておりません」とのこと。それなら「なぜメールアドレスを入力させるのか?」これは「不当な個人情報収集に当たらないのか?」

メールでの回答が出来ないのならメールアドレスの入力は無意味。更には連絡希望の曜日、時間帯も無視するなら入力させる意味が無いと誰でも当然思うと思います。

結局エリア外だと言わたので世話になる事は無いし、こんな常識外れな対応をする会社のことはどうでもいいので、総務省に苦情いれとく事にしました。嫌な思いをさせられる人は少ない方が良いです。

少なくとも今回のピカラ光の窓口担当者の適当な対応によって、一名のアンチ(私)を生み出したことは間違いなく、私は今後STnet(ピカラ)を使うことは無いでしょう。

「不当な個人情報収集」については、総務省から指導を徹底して欲しいものです。エラソーな事言うだけでなく、総務省にはこういう面での仕事もして貰わんとダメだと思います。消費者に嫌な思いをさせる、また常識が通用しない企業はお仕置きさせられるべきです。

国道の距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換

私の過去の仕事は、航空業界の通信系、システム系のインフラ屋としてやってきましたが、ひょんなことに現在の仕事先の都合で、全く縁のなかった道路施設の維持管理や整備に関係することになりました。

業務上記せることに限りがありますので一般的なことしか触れられませんが、一般市民として日本国土に住んでいる上で役立つスキルが距離標(キロポスト【KP】)という概念ですので、今日は距離標について記そうと思います。

KP情報を地図上で見られると便利なことが結構あります。

距離標(キロポスト【KP】)という概念

誰しもが知っていると思いますが、日本国内の道路には、国道、県道、市道があります。それぞれ国・県・市が管轄していて、エリアごとに管轄組織にも分担が決まっています。

それくらいは私も現在の仕事に携わる以前から知っていましたが、距離標というものは漠然と知っていた程度であまり意識した事がありませんでした。時々道路に数値を書いた小さな看板が立っているのを見たことがある人もいると思います。

ざっくりと説明すると、国道には「基準点」なる場所(位置)が定められており、そこを【0.0kp】地点とします。つまりそこから国道56号を走った距離により現在の地点のキロポスト【○kp】という情報が得られます。業界関係者なら「R56 ○kp」地点と言えば大体の位置がわかるし、即答できなくても資料を調べれば大体の位置が分かります。

例)R56 ○.○kp地点で落下物

という風な感じで情報を伝えれば国道における地点を伝えることができます。もちろん距離の単位がKmなので【○.○○○kp】と小数点以下の桁数を増やせば1m単位まで刻むことができます。実際はそこまでの精度を出すのは難しいので10m単位程度が現実的だと思います。

こういう知識は中学校くらいで教えるべきだと思います。もしかしたら今は授業で教えているのかも知れませんが、私は習った覚えは全くありません。

引き算すれば特定KPからの距離も計算できる

KP標の便利なところは起点を任意に設定して相対的に算出することができる点にもあります。例えば現在地点が【152.2KP】だとして【80.2KP】からの距離を知りたいとします。この場合は単純に差を算出すれば良いので、152.2KP-80.2KP=72.0kmという計算で大凡の距離が計算できます。

国道から県道に分岐していった場合はその分(県道の長さ)を足して算出すれば良い訳です。コンピュータやスマートフォンが便利になった時代なのであまり活躍する場面はないかも知れませんが、視覚的かつ計算式として残せるので資料として人に伝える場合には非常に役立ちます。

“国道の距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換” の続きを読む