距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換

私の過去の仕事は、航空業界の通信系、システム系のインフラ屋としてやってきましたが、ひょんなことに現在の仕事先の都合で、全く縁のなかった道路施設の維持管理や整備に関係することになりました。

業務上記せることに限りがありますので一般的なことしか触れられませんが、一般市民として日本国土に住んでいる上で役立つスキルが距離標(キロポスト【KP】)という概念ですので、今日は距離標について記そうと思います。

KP情報を地図上で見られると便利なことが結構あります。

距離標(キロポスト【KP】)という概念

誰しもが知っていると思いますが、日本国内の道路には、国道、県道、市道があります。それぞれ国・県・市が管轄していて、エリアごとに管轄組織にも分担が決まっています。

それくらいは私も現在の仕事に携わる以前から知っていましたが、距離標というものは漠然と知っていた程度であまり意識した事がありませんでした。時々道路に数値を書いた小さな看板が立っているのを見たことがある人もいると思います。

ざっくりと説明すると、国道には「基準点」なる場所(位置)が定められており、そこを【0.0kp】地点とします。つまりそこから国道56号を走った距離により現在の地点のキロポスト【○kp】という情報が得られます。業界関係者なら「R56 ○kp」地点と言えば大体の位置がわかるし、即答できなくても資料を調べれば大体の位置が分かります。

例)R56 ○.○kp地点で落下物

という風な感じで情報を伝えれば国道における地点を伝えることができます。もちろん距離の単位がKmなので【○.○○○kp】と小数点以下の桁数を増やせば1m単位まで刻むことができます。実際はそこまでの精度を出すのは難しいので10m単位程度が現実的だと思います。

こういう知識は中学校くらいで教えるべきだと思います。もしかしたら今は授業で教えているのかも知れませんが、私は習った覚えは全くありません。

引き算すれば特定KPからの距離も計算できる

KP標の便利なところは起点を任意に設定して相対的に算出することができる点にもあります。例えば現在地点が【152.2KP】だとして【80.2KP】からの距離を知りたいとします。この場合は単純に差を算出すれば良いので、152.2KP-80.2KP=72.0kmという計算で大凡の距離が計算できます。

国道から県道に分岐していった場合はその分(県道の長さ)を足して算出すれば良い訳です。コンピュータやスマートフォンが便利になった時代なのであまり活躍する場面はないかも知れませんが、視覚的かつ計算式として残せるので資料として人に伝える場合には非常に役立ちます。

“距離標(キロポスト)をGoogle EarthやGoogle Mapsに取り込む~道路基準点案内システムからCSV変換” の続きを読む

第3回KOCHI中古車ジャンボカーニバル(2019)に行って来た~高知ぢばさんセンター駐車場にて開催

昨日から三日間の日程(2019年2月22日、23日、24日)で、第三回高知中古車ジャンボカーニバルが行われるという情報を、たまたまTV CMで目にしたので足を運んできました。金曜、土曜、日曜の開催ですが土曜日しか時間が取れないので今日朝から行ってきました。

現地で貰ったパンフレットによると、2019年の参加企業は下記9社

  • (有)ロイヤル
  • (有)野口モータース
  • (株)TATSUMA
  • (株)カーモード・コム
  • (株)スズキ自販高知
  • (株)日産サティオ高知
  • (株)カーパルコ長﨑屋
  • (有)森本自動車販売・マルワ
  • (株)IDOM

協賛は、(株)オリエントコーポレーション、高知県自動車整備振興会

第3回KOCHI中古車ジャンボカーニバル

私の場合、Uターン帰省の際に車を手放して身軽になり二輪車、路面電車、バスでの生活に不便はなかったのですが、勤務先が変わり職場の車を借りて行き来が頻繁であるため、また走行距離も長く二輪車では荷物の搬送も難しく、職場の車を借りてでは自由に動けないというジレンマもあり、安い中古車(軽自動車)を買おうと思っていた矢先だったからです。

高知中古車ジャンボカーニバル

しかし、この「中古車ジャンボカーニバル」の情報がネットに全然ありません。過去の分は見つかりましたが、3回目にしてすでに尻すぼみしたのか?情報がありません。出店する企業のブログでチラッと開催が告知されているだけ。仕方ないので自ら足を運んで見てきました。

中古車が集められているというメリット

結果的に自分が欲しいと思う車は一台も無かったので(現地のスタッフにも相談してみました)購入することはありませんでしたが、おそらく一般的な生活の足代わりにする中古車ならそこそこいい感じのモノに出会えるチャンスが有るかもしれません。

何しろ複数の中古車販売店が人気車種(と思われる)を高知ぢばさんセンター第三駐車場に集めてくれているので、見て回るのが非常に楽です。あちこちの中古車屋さんを巡るのは、ハッキリ言ってかったるい作業ですからね。もちろんそういうのを楽しめる人はそれで良いと思いますけど。

ただ、普段はお店で展示してある車両を、布師田のぢばさんセンターの駐車場まで運ぶ必要がある訳ですから、売れ筋であろう車種しか持ってきていない可能性は高いです。よって私の様に要求事項が一般人と違う人には向かないかも知れないことを記しておきます。

“第3回KOCHI中古車ジャンボカーニバル(2019)に行って来た~高知ぢばさんセンター駐車場にて開催” の続きを読む

高知新聞に掲載された「街のたばこ屋さんは今」という記事~新聞をスキャンしGimpで貼り合わせ

高知市内には手巻きタバコを積極的に取り扱っているお店が3店舗ある事は把握していて過去記事でも紹介していますが、先日(2018年8月4日)の高知新聞夕刊の一面に「街のたばこ屋さんは今」という記事が掲載されたので今回のネタにしてみます。

せっかくなので新聞記事をフラットベッドスキャナーでスキャニングして画像合成してみました。うちのスキャナーは古いので普段使っているWindows 10パソコンでは動作せず、Ubuntuを使ってスキャニング作業を行いました。Ubuntuならではお手軽に画像化出来ました。古いスキャナーを使っている方は試してみると良いでしょう。(スキャナーを持ってない人はハードオフ等で格安ゲットして来る手もありますね)

合成画像

せっかくなので画面合成して一面をまるごとデジタルデータ化してみました。もちろん解像度は落とさずに、Gimp形式で作業しているので画質の劣化は最小限にとどめています。

新聞のサイズは広いので、部分部分に分割しながらフラットベッドスキャナーでスキャニングしました。Gimpではそれらの画像を並べてつなぎ合わせていきます。今回は上段・中段・下段を左右(計6枚)の画像(レイヤー)の位置と角度(若干斜めになっている)を調整して合わせる作業になりました。

“高知新聞に掲載された「街のたばこ屋さんは今」という記事~新聞をスキャンしGimpで貼り合わせ” の続きを読む