JBL Control 1を中古ゲットしてリペアする(1)~ウレタン素材のエッジがボロボロなので掃除する

JBL Control 1は、BOSE 101MMと並んで長寿シリーズと言える優秀なコンパクトスピーカーです。BOSE 101MMが基本構造を頑なに守って作り続けられたのと違って、JBL Control 1は少しずつ改良されて継続販売されてきた違いがあります。

また、音の性質も大きく違っていて、BOSE 101MMはどこか落ち着いた印象があるけれどどっしりとしていて、かつ音量をある程度上げてやるとたちまち元気の良いサウンドを鳴らしてくれるスピーカーです。

JBL Control 1は、似たような構造でありながら大きく違うのが高音域を担当するツイーターが実装されている事で、華やかな高音域を放つ事が出来る点で101MMよりも自然でオールマイティーなサウンドを鳴らせるスピーカーです。

比較するとBOSEはBOSEっぽい音、JBLは自然な音でありながらJBLらしいと言われる華やかで元気な音を主張する個性をもっており、いずれも支持される個性を発揮出来る製品なんだと感じます。こういうスピーカーを手にすると日本製の個性の無いスピーカーが音響特性的に優れているとしても物足りないと感じてしまい、BOSE/JBLの魅力を評価してしまいます。

所詮はオーディオなんて言っても生演奏(ライブ)とは違う訳ですし、ライブですら生音とは違う訳ですから正しい音なんてありえません。本当に正しいと言える生音を聴けるのは演奏者のみと言っても過言ではないでしょう。リスナーは好みの音で聴けば良いんだと今の私はそう思っています。

だからこそこれらのスピーカーを使ったらやっぱり戻ってきてしまう訳です。

中古ゲット

さて、JBL Control 1と言えば古い機種です。もはや新品の状態で残っているなんて事は無いでしょうから後継機種を選ぶか、ジャンクを手に入れてメンテナンスして楽しむしか無いと思われます。幸い、スピーカーユニットはしっかりした作りなので、ウレタン素材のエッジ(経年でボロボロになる)を貼り替えてやる事でまだまだ楽しめる魅力があります。

ヤフオクでJBL Control 1を検索すると、エッジがボロボロと崩れ落ちたものが連日出品されてきています。エッジの貼り替え(清掃)にはかなりの手間がかかるので通常は売り飛ばして新しい機種を買ってしまうと言う事になるのでしょう。

しかし、私は、過去にオーディオにはお金をかけないと楽しめないなんて間違った事をした経験があるので、お金をかけずとも手間をかける事を楽しみながら、オーディオも楽しんでしまおうという発想で現在は行動しています。

実際、そういう手間を楽しみながらやっている人が世界中に沢山いる様で、YouTubeでもスピーカーのエッジ交換作業の様子を配信してくれている人がいます。

“JBL Control 1を中古ゲットしてリペアする(1)~ウレタン素材のエッジがボロボロなので掃除する” の続きを読む

RCAピン&ステレオプラグケーブルは最近需要が無いのかな~ホムセン数件目でようやくゲットできた

最近、スマートフォンでJango RadioのJazz Fusionチャンネルを聴くのが好きです。少し前に入手したコンパクトスピーカー(JBL Control 1)の広がる音が気に入っていてBOSE アンプ(1705)と組み合わせています。

JBL Control 1はBOSE 101MMとは全く違う個性のスピーカーで音楽を集中して聴きたい時にバッチリです。やはりモニター用、AV用、オーディオ用とマルチに使われるだけあって優等生なスピーカーです。

【国内正規品】 JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO

【国内正規品】 JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO

18,480円(09/28 02:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

BOSE 101MMは耳に障らないながらも主張があってBGM的な音楽を楽しみながら聴くのに最適と言えるスピーカーなので方向性が違います。人が集まるホームパーティーなんかでも活躍しそうです。

気分で両方のスピーカーを使い分けられるのがベターな方法だと思っているので良い方法が無いか模索中です。スピーカーを切り替えるスイッチャーを噛ますべきなのかな?

本題のケーブルの話です

うちには現在、アンプはBOSE 1705、BOSE 1705Ⅱがあり、居間と自分のパソコンを設置してある部屋で別々に音楽を聴けるようにしたのですが、手軽にパソコンの音をアンプで鳴らしたくなり、3.5Φのステレオプラグ&RCAピンケーブルがもうひとつ欲しくなりました。

“RCAピン&ステレオプラグケーブルは最近需要が無いのかな~ホムセン数件目でようやくゲットできた” の続きを読む

JBL Control 1とBOSE 101MMを比べてわかった違い~ボーズの音はPA向けに調整されている

オーディオという趣味について若い頃にはかなりハマっていた時期も有りました。当時行き着いた自分なりの答えは、家を設計してオーディオ込みで考えないと無理(終わりがない)だということでした。

あれから20年は経っていますが、現在のところ、音というものは「耳」と「皮膚」で空気の振動を拾ったものを「脳」で感じ取っているので個人差好みがあり、また体調などでも変化がある基準が変動するものだと思っています。

ピュアオーディオ系の大きなスピーカーじゃないとだめだという人もいれば、コンパクトスピーカーの方が聴きやすいという人もいますし、ヘッドホン、イヤホンじゃないとダメだという人もいます。

つまりこれがゼッタイだというものは無いと思っていますし、「良い音」という表現は人それぞれ違うので難しいものだと理解しています。それが私の今の基準というか前提になっています。

BOSE 101MMについて

BOSE 101MMは長年使ってきましたが、1705Ⅱという専用設計されたアンプをハードオフで中古ゲットして来てようやく、BOSEという音響メーカーが当時目指していたであろう音の方向性を感じ取ることが出来たと思います。多少は経年劣化してる事を考慮しても大きなブレは無いでしょう。非常にわかりやすい個性ですから。

1705Ⅱで駆動した101MMは、耳あたりの良い音を小気味良く空間に発射しているかの如く部屋の中の空気を振動させます。もちろんこの方向性は101MMの特徴だという事は理解していたのですが、1705Ⅱに備わっている専用イコライザスイッチを101側にすると、この個性が一層引き立つ様に現れるので再認識させられます。

101MMは11.5cmフルレンジスピーカー1発のシンプルなバスレフ構造です。内部には音の質を調整しているであろう回路がありますが、本当にシンプルなアナログ回路(フィルター)でありながらこれだけ個性的な音が出せるのは計算された設計をしているからだと思います。この単純なスペックのスピーカーが一番得意とする箇所をクローズアップして性能を発揮できるのがこの組み合わせなんだと痛感させられます。

スピーカーユニットの動きはハリのある動きですが、逆にいうと「しなやかさ」や「軽やかさ」を感じない動きです。おそらく苦手とする周波数帯があると思います。いやむしろその苦手な周波数帯は不要な音成分だとして設計されたユニットなのでしょう。得意なところを活かす設計をされていると思います。

“JBL Control 1とBOSE 101MMを比べてわかった違い~ボーズの音はPA向けに調整されている” の続きを読む