高知市内で手巻きタバコを買えるお店を紹介~3店舗見つけたのでまとめておく

私自身も高知市内で手巻き煙草を取り扱っているお店を見つけるのに暫くかかりましたが、ヤフー知恵袋にも質問があったりして(でも具体的な答えじゃなくて)参照したのですが全く解決してませんでした。

これから手巻き煙草を始めようという高知県在住の方、出張旅行高知市に来た方の参考になればと、私が知り得た情報を整理しておくことにします。

お店所在の根拠としては、いずれもRAWのHPにある取扱店リストに掲載されていますので、この記事を信用出来ないなって思う方はご自分で確認してみて下さい。

Raw Rolling Papers

残念ながら大手の柘植製作所のHPにある取扱店リストには、高知県内のお店は一軒もリストアップされていません・・だから高知には無いのかと思ってましたよ。

“高知市内で手巻きタバコを買えるお店を紹介~3店舗見つけたのでまとめておく” の続きを読む

IMCO JUNIOR 6600Pライター購入~旧ドイツ軍御用達と言われたミリタリー系アイテムをゲット

夏頃からタバコを再開して以来、過去に使用していたZippoライターを引っ張り出して来て使用していましたが、Zippoは「カキンッ」という音がしたりと、なんだか自分に合ってない気がして、ライターを更新する事にしました。

候補にしたのは、

  • デュポン
  • サロメ
  • イムコ
  • ロンソン

この辺りにしようとターゲットを決めました。

デュポン・ガスライター

以前、タバコをやめた叔父から譲り受けた、デュポンライン1を持っていますが、パッキンの劣化の為かガス漏れがあるので使用できません。

現行のデュポンのガスライター(ライン2)は重厚で大げさな感じがするし、有難がられている「キィィン・・」という音がなんとも成金っぽいと言うかイキってる感が強いので趣味じゃないです。非常に高価ですし。

その点叔父から貰ったライン1は好みに合っていて修理することを考えました。

しかしオーバーホールに1万円は覚悟しなくてはならないので今回は見送る事にしました。ライン1は落とす(無くす)とダメージが大きいので家用にするつもりなので急ぐ理由は無いです。将来的に修理する可能性はあるので大切に保管しておきます。

サロメ・ガスライター

純国産のライターで海外での評判が良いらしいです。案外日本国内では知られてないとかで、たしかに周囲で使っている人はいません。サロメはアリだなと思っているので、機会があればゲットしようかなと思っています。

イムコ・オイルライター

イムコ(IMCO)と言えば、オイルライターでは老舗です。Zippoよりも古くから製造されている歴史あるブランド。ドイツ軍の兵士に使用されていたという歴史があるらしいです。しかし製造が終了して入手難となっていました。嬉しい事に近年、IMCOライターのライセンスを日本企業(柘製作所)が獲得したとかで、現在はIMCO JUNIORIMCO SUPERも復刻版が入手可能です。

狙いの復刻版TRIPLEXは、ちょっとメカニカルなギミック的構造をしていて、高価ではないライターですが所有欲を満たしてくれます。なんというか実用的というかそんな感じ。落としても(無くしても)直ぐに買い替えられる金額ですし。

堅牢さやバリエーション(デザイン)の豊富さ、永久保証とZippoに軍配が上がりますが、実用性(安さ)ではIMCO SUPER/JUNIORは負けておらず魅力的です。

ロンソン・オイルライター

バンジョーオイルライターを狙いにしたいのですが、触ってみた事も無いので大きさ的なものが分かりません。販売しているお店も近所には無さそうです。金額的にも微妙です。今回はパスかな?

“IMCO JUNIOR 6600Pライター購入~旧ドイツ軍御用達と言われたミリタリー系アイテムをゲット” の続きを読む

自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善

ずっと懸案事項ではあったのですが、自宅のWi-Fi(無線LAN)環境に不満がありました。そしてついに年末年始のネット激遅状態に嫌気がさして、少しでも改善させるべくWi-Fi機器を更新することにしました。

リモートのサーバーとセッションが切れる(自動処理させているのが止まる)事に我慢の限界が来てしまいました。

我が家の場合は1階にインターネット回線を引き込んでいるので、

  1. NTT ONU
  2. YAMAHA RT-57i
  3. BUFFALO WCA-G

この三台構成で宅内に無線LANの電波を飛ばしてコードレスで使用しています。

なんとかごまかしながら使ってきたのですが、どうしても2階の部屋に置いているデスクトップPCのネット接続の問題(電波が弱い)が後回しになっています。

一応、対策としては、いわゆるUSB Wi-Fi子機I-O DATA WN-G300UA(高感度無線LANアダプター)を使ってデスクトップPCでもWi-Fi接続で使ってしのいできましたが、元々のネット接続が遅いので快適とは程遠いです。デスクトップPCでは集中して作業するので無線LAN接続は少しでも状態良く使用したいと考えました。

長年使ってきた無線LAN親機(BUFFALO WCA-G)はトラブルも無く動作してくれ、ワンルーム等のコンパクトな環境においてはお手軽で気に入っていたのですが、二階建ての家屋では電波が弱くなり不安定な状態が実情です。

有線LANケーブルを自由に敷設出来ない住宅環境においてはどうしても無線LANに頼らざるを得ません。借家という理由もあり勝手に壁や床に穴をあけて配線するわけに行きませんので。

Wi-Fi親機をハイパワーモデルに変更

BUFFALO WCA-Gでは力不足と判断してハイパワーモデルを使用することにしました。ここでいっそのことハイエンドなものに切り替えることも考えたのですが、2階の部屋でデスクトップPCを使う頻度はさほど高くないことや、高速モデルを購入してもインターネット接続(プロバイダー)が遅いことから、高速なWi-Fi機器を無理して買ってもほぼ無意味と考えると、見返りの期待できない投資をするのはやめようと言う判断になりました。

“自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善” の続きを読む