OMRON UPS BY50Sを代品交換してもらった~PCとの通信エラー頻発で問い合わせたら早々に送ってくれた

梅雨もまだ明けてないらしいですが台風も既に発生していて、かなり蒸し暑く鬱陶しい日が続いています。梅雨前に購入して装備したOMRONのUPS BY50Sですが、PCとはUSBケーブルで接続し、専用のシャットダウンアプリをインストールして停電(瞬断)に備えています。

しかし、困ったことにUPS本体とPCとの通信エラーが頻発する症状が設置当初から続いており、瞬断には効果はあるものの、停電にはかなり不安が残ります。様子見をしながらズルズルと引きずっていたのですが、これはもう無理だなと先週の日曜日にメーカー(OMRON)のホームページから問い合わせフォームに入力して相談をしておきました。

私の感覚的にはUPS本体の動作不良だと思えたので、ファームウェア等の更新が必要なのか?どうやったら更新できるのか?を問い合わせたわけです。もちろんこの手の業界は長いので、こちらでやってみた切り分け結果(USBケーブルの交換、USBポートを変更等)も書き込んでおきました。

すると火曜日のお昼すぎに電話がかかってきて、簡単な確認によるヒアリング後、「初期不良の可能性が高いので代品を送らせてもらいますので、交換してから送り返して下さい」と言われました。週末にしか自宅に帰れないので週末に交換して送り返すことを告げて電話を切りました。

OMRONの対応は早かったので、木曜日には配達されて来てかみさんが受け取っておいてくれました。なので今日(土曜日)には早速UPSの入れ替えができます。土日を逃すとまた一週間先になるのでOMRONの対応の早さには感謝です。

“OMRON UPS BY50Sを代品交換してもらった~PCとの通信エラー頻発で問い合わせたら早々に送ってくれた” の続きを読む

OMRON UPS BY50Sを購入したのでレビューする~夏の停電に無停電電源装置を備えてデスクトップPCを保護する

季節も完全に春となり、時々蒸し暑い日も訪れる様になって来たので、梅雨を想定して置かなくてはならないと感じられる様になりました。先日は大雨が降って自宅で停電が発生しました。

当日仕事で留守にしていたのですが、かみさんからのメールで停電が発生したことを知りました。自室のPCはスタンバイモードから復帰して自動処理を行い、またスタンバイモードにして待機の繰り返しをさせているので、かみさんには停電が完全に収まったらPCの電源スイッチをONしてほしいと知らせました。

昨年も同じ様に停電が何度か発生しました。デスクトップPCに強制電源OFFという過酷なダメージをかけているので、UPS(無停電電源装置)を備えておく必要があると感じてはいたので、いよいよ行動に起こしておかないと駄目だなと、UPSを購入することにしました。

購入するUPS候補

買い物に行く時間がないので仕事先からネットで発注しておいて、週末にセットアップするという計画にして、お昼休みにリサーチして候補を絞ることにしました。Amazonが手っ取り早いかなと検索してみてある程度候補を絞りました。多機能は求めてないのでコストパフォーマンスと信頼性を優先する方向で購入することにしました。

APC ES 425VA Battery Backup and Surge Protector 100V

APC ES 425VA Battery Backup and Surge Protector 100V

6,682円(10/31 17:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
APC Smart-UPS 500 LCD 100V SMT500J E

APC Smart-UPS 500 LCD 100V SMT500J E

24,130円(10/31 12:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

“OMRON UPS BY50Sを購入したのでレビューする~夏の停電に無停電電源装置を備えてデスクトップPCを保護する” の続きを読む

中華ドラレコの記録動画aviにて音ズレ~VirtualDubで映像を縮めて音声に合わせる

先日買って取り付けた中華ドライブレコーダーで記録した動画をPCに取り込んで再生すると、なぜか音ズレしていて非常に見づらい。明らかに音のタイミングが変だし、映像の途中で音声が無音となってしまうと言うことは、音の方が短い?映像と音声とで長さが違う現象が全ての記録ファイルで起きている。

これは明らかに欠陥だなぁ。中国製の安物だから仕方ないか。爆発しないだけマシだと思っておこう。

動画ファイルのプロパティを調べたところ、映像の方が長く、間延びしている状態で、ドラレコの設定で選んだ記録時間(3分)から推測しても、おそらく音声の方が長さが正しい。3分置きに別ファイルに保存される仕様だからねぇ。

下図の動画ファイルの例では、Video DurationがAudio Duration に比べて36 s長くなっている。これは変だ。

PCで動画処理ソフトウェアを使って、映像の長さを縮めて音声の長さに合わせてやれば、映像と音声が同期するだろうと推測した。

“中華ドラレコの記録動画aviにて音ズレ~VirtualDubで映像を縮めて音声に合わせる” の続きを読む