ヒーター付き電熱ベストで寒い冬でもホカホカ快適に過ごす~かみさんのお母さんがモバイルバッテリーも一緒に送ってくれました

一気に寒くなってきました。今年の冬は昨年の暖冬とは違ってかなり冷え込みそうです。先日灯油のファンヒーターを押し入れから出してセットアップし灯油を給油して稼働させました。かと思いきや早速降雪です。1月、2月とかなりの冷え込みが予想されそうです。

私は寒がりなので冬は大嫌いです。夏も蒸し暑くて嫌いですが冬の縮こまった身体の窮屈さに比べるとまだ暑い方がマシです。

そんな私の冬嫌いをを知っている義理の母が、かみさんに送ってくれた荷物の中に私宛のヒーター付きベストを入れておいてくれました。母も同じものを使っていて快適なのであんたも使いなさいと送ってくれたのです。嬉しいですね。

アルミ蒸着の内張りとなっていて熱が広がる様にされている様です。
左胸にロゴのついたスイッチがあり、3秒長押しで電源の入り切り、押す度に温度調節「強・中・弱」の三段切り替え。使い方はシンプルです。このヒーターベストの場合は電源ONの時にはLEDランプが常時光っています。

左側内ポケットの中にUSBケーブルが入っていて、ファスナーで閉じられる様になっています。USBコネクタなので汎用性のあるUSBモバイルバッテリーが使える仕様です。

バッテリーは別売りの商品みたいですが、気を使ってHIDISCのiPhone対応という5000mAhのモバイルバッテリーも付けて送ってくれました。かみさんの親は安い通販店を探して買い物するタイプでは無いので実店舗で見つけて買ってくれたのでしょう。コミコミだと1万円くらいかかったんじゃないかなぁ

ブログに記録するにあたり、改めてリサーチしてみると色々なヒーター付きベスト(ジャケット)が製品化されていますね。通販だと思っていたより安いです。この製品はお腹部分にはヒーターは入っていない様ですがお腹を温められる製品もある様です。各自がニーズに合うものを探してみると良いでしょう。

これは使ってみて体感すれば一発で分かりますがぽわ~んと温まってきて寒い季節には本当に快適です。若い頃にバイクに乗っていた時期もありましたが、真冬は「全身顔と思えば寒くない」とか言いながらライダー仲間で鼻水をすすりながらツーリングしたのを思い出します。今思えばの寒さは苦行でしょう。

今の時代、むしろ必須アイテムと言って良いかも知れません。個人的にはヒーターの仕組みがどうなっているか見てみたいです。


“ヒーター付き電熱ベストで寒い冬でもホカホカ快適に過ごす~かみさんのお母さんがモバイルバッテリーも一緒に送ってくれました” の続きを読む

古いデスクトップPCにDebian xfce i386版をインストール〜有線LAN環境が無いのでWi-Fiアダプター(TL-WN725N)で使う

仕事先でウィークデーに寝泊まりしている部屋にWiMAX環境を手に入れたので、少し自分の時間を作ろうと工夫をしています。つまらないTVを観て過ごしても時間の無駄です。

自宅で余らせているワークステーションを持ってくることも考えたのですが、年度単位で仕事先が異動になる可能性がありこの部屋を引き払うことも想定して置かなくてはならないので、機動性を確保という意味もあって余っている古いデスクトップPCを持ってきました。車に載せて運搬し小脇に抱えて車から部屋までぶ手間があるのでこれだけでもかなり違います。自宅に持って帰ることも考えておかないといけませんし。

当然退役パソコンなのでマシンスペックは低いです。

Core2 Quadでメモリーは4GBと心もとない感じはありますが、ここは軽く動作するシンプルなLinuxを選ぶのであまり心配をしていません。Debian xfce i386版を使用することにしました。debianは知名度は高くありませんがUbuntuのベースはdebianです。つまり順番で言うとdebianがあるからUbuntuが存在するという訳でベースとして採用されるからには信頼性の高さ、汎用性の高さが評価されています。安定志向でやや玄人向けですけどね

さてLive版をダウンロードしてUSBメモリーからインストールし、日本語入力等の必要な設定をして必要なアプリをSynapticでインストールすれば常用環境は出来上がりました。

問題というか課題はネットワークです。ネットワーク接続がWiMAX環境ゆえ有線LAN環境が無いので全てWi-Fiで済ませなくてはなりません。デスクトップPCなのでWi-Fiは標準ではついていません。

若干不安もありましたが、Linux稼働の実績があるというtp-link TL-WN725Nをアマゾンで700円ちょっとで購入しました。チップはRealtekらしいのでなんとかなるでしょう。やってみるしかありません。

“古いデスクトップPCにDebian xfce i386版をインストール〜有線LAN環境が無いのでWi-Fiアダプター(TL-WN725N)で使う” の続きを読む

テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM086T~後継機種(TK-FDM105TBK)に更新した

デスクトップPCの操作の為には、キーボードとマウス(トラックボール)は必須なのですが、個人的な好みで言うとキーボードのポジションが体の正面に無いと嫌なタイプなのでテンキーレスキーボードを愛用しています。

テンキーが付いているキーボードの場合は、右手で操作するマウス(トラックボール)を置きたい位置にテンキーが邪魔をしているのでそれよりも更に右側遠くに置く必要があります。こうすると腕(肩)への負担がかかるのと非合理的な設計にイラッとします。テンキーを配置するなら左手側に配置すればいいのに(選べれば良いのに)と思いますがテンキーが左側にあるキーボードは見たことが無いですね。

※私はプログラマブルテンキーを別置きで使いますが、たいてい左手で入力しています。右手はマウス(トラックボール)かキーボードのカーソルキーを操作するので右手が忙しいことになります。慣れれば左手でテンキーを操作できると効率がアップすると思いますのでおすすめなんですけどね。

コンパクトさも理由でテンキーレスキーボードが好きで、以前はHHKを愛用していましたが、タイピングを高速で正確に入力しなくても済む仕事をしている現在は必要以上にお金をかける必要は無いと思っており、ELECOM TK-FDM086Tを使っています。USBレシーバーが附属しているコードレスキーボードです。

“テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM086T~後継機種(TK-FDM105TBK)に更新した” の続きを読む