STnetピカラのエリア確認に不信感~メールでの回答を希望するも全て無視して仕事中に電話かけて来やがった

高知市内在住ですが、二年前から仕事の関係で四万十市のアパートで生活し週末だけ自宅に帰り行き来してます。

もしかすると来年度(4月以降)も同じ状況が続くかも知れないので、ネット難民な環境を改善する準備をしようかと、ピカラ光へエリア確認を依頼しました。

仕事中に電話かけてこられても迷惑なので、「メール」での回答を希望し、もし電話かけて来るなら「休日の午後」を希望と言う意味で申し入れしました。


ところが、しれっと仕事中(平日の午前中)に電話かけて来やがりました。何一つこちらの要望を聞き入れて無い。

結局対応エリア外だったのでインターネット接続サービスは利用出来ないという事が分かりました。「四国ならピカラ!」みたいなCMをテレビで見ているけれどサービスエリア狭すぎ。ド田舎ならまだしも高知市内を除けば高知県内の主要な市でもサービスエリア外でマトモなサービスエリアを持ってない…なんじゃこりゃダメじゃん

まあねそれは仕方ないとしときましょ。そんなことよりも仕事の邪魔をされて(責任者に断って室外に出て通話)イラッときたので、「なぜ要望したとおりにメールで回答くれないのか?」と一言言ってやりました。

ところが、「メールでの回答は致しておりません」とのこと。それなら「なぜメールアドレスを入力させるのか?」これは「不当な個人情報収集に当たらないのか?」

メールでの回答が出来ないのならメールアドレスの入力は無意味。更には連絡希望の曜日、時間帯も無視するなら入力させる意味が無いと誰でも当然思うと思います。

結局エリア外だと言わたので世話になる事は無いし、こんな常識外れな対応をする会社のことはどうでもいいので、総務省に苦情いれとく事にしました。嫌な思いをさせられる人は少ない方が良いです。

少なくとも今回のピカラ光の窓口担当者の適当な対応によって、一名のアンチ(私)を生み出したことは間違いなく、私は今後STnet(ピカラ)を使うことは無いでしょう。

「不当な個人情報収集」については、総務省から指導を徹底して欲しいものです。エラソーな事言うだけでなく、総務省にはこういう面での仕事もして貰わんとダメだと思います。消費者に嫌な思いをさせる、また常識が通用しない企業はお仕置きさせられるべきです。とはいえ総務省はなーんもせんやろな。

自宅インターネット接続のISPを変更~ASAHIネットに変更したら光回線の遅さが改善された(高知市)

先日、自宅のインターネット回線「So-net」が遅い&契約更新月のため、この度「ASAHIネット」に変更するという事を日記に記しました。

ASAHIネットの対応が早かった

日曜日に電話で問い合わせたところ、オペレーターが手続きの概要をさくっと説明してくれました。フレッツ光の仕組みが色々ややこしいので要点しか理解していませんが、どうやらフレッツ光回線の契約元が「NTT」から「ASAHIネット」に変更になるため、承認手続き(電話確認)が必要となるらしいです。

電話で説明された内容によると、後日、NTTから確認の電話がかかって来るということを予め教えてくれました。その日の内にネットから変更の申し込みを済ませました。

案の定、火曜日にNTTから電話があり、ISP変更の意思、契約者や住所の確認があっただけで用件は終わりました。ISP変更でも回線の契約が変更になる場合はいちいち確認するんですね。

そして郵便物がASAHIネットから届きました。今日は木曜日なので届くのが非常に早かったと感じています。A4用紙を折らずに入れたサイズの薄い封筒がポストに入っていました。配達記録郵便ではなく料金後納郵便で届いた様です。

  • ID・パスワード発行のお知らせ
  • 接続設定ガイド(7ページの薄いカラー印刷冊子)
  • 規約
  • お友達紹介案内
  • アップグレードオプションのご案内

封筒に入っていたものはこれだけ。

必要以上にお金をかけていなくて好感が持てます。自分で言うのもなんですが素人じゃないので必要な情報だけ送って貰えれば良いです。私としては郵送じゃなくメールでも十分事足ります。

取り急ぎ必要なのは接続に必要な「ID」と「パスワード」だけなので、ルーターにIDとパスワードを設定するだけ。数分でSo-netからASAHIネットに接続変更が終わりました。もう使わないとは思いますが一応So-netの設定はルーターのコンフィグバックアップでファイルに書き出したので万一の場合は直ぐに戻せます。1分程度で再起動が終わるのでお手軽でした。

“自宅インターネット接続のISPを変更~ASAHIネットに変更したら光回線の遅さが改善された(高知市)” の続きを読む

Microsoft社のサイトはコロコロとURLを変更してうざい件~肝心な時にリンク切れしてるからQAサイトが使えない

マイクロソフト

マイクロソフトという会社には本当に呆れさせられることが多いです。

サポートの質も昔から言うとかなり下がってコールセンターのサポートは頼りにならないのが実情です。

もっとも「ほんまモンのエンジニア」を電話口に引っ張り出せればしめたもので、ほとんどのトラブルを解決する糸口を見つけてくれます。そういう意味ではMSのエンジニアはスキルある人もいるのです。

ただ、PCの普及によってカジュアルユーザーが増えたことに寄り、PC初心者のオペミス(操作ミス)が原因のトラブルや、よく理解できてなくてただ困っているという問い合わせが増えていることから、コールセンターにはよくある質問に応対できるオペレーターを当てていると思われ、本当のトラブルにはそういうスタッフでは対応出来ません。(おそらく事例集みたいなのから回答しているのでしょう)

電話をかけて30分から1時間は順番待ちは当たり前で、そこからまずカジュアルなオペレーターさんとお約束のやり取りを済ませ、自分では手に負えない事を理解してもらって別の窓口を紹介してもらいます。もしくは「ほんまモンのエンジニア」から電話を貰えることもあります。

そうやって「ほんまモンのMSのエンジニア」を引っ張りだしてトラブル対応をしてもらう事が私らレベル(一応私もMS系エンジニアなので)が求めているメーカーサポートです。そこにたどり着くまでが人混みをかき分けて行く様に大変です。

“Microsoft社のサイトはコロコロとURLを変更してうざい件~肝心な時にリンク切れしてるからQAサイトが使えない” の続きを読む