Motorola Moto G4 Plusのバッテリー交換~少し割高だけど純正品にしたし作業は簡単だった

3年ちょっと前に、当時発売されたばかりの「MOTOROLA Moto G4 Plus」を購入してDSDSでSIMカード2枚運用をして来ました。

  • SIM1:DoCoMo(カケホーダイ)
  • SIM2:IIJmio(データ専用)

合わせて一ヶ月の支払いは約4,000円です。当然一番最初に3万円ちょっとのスマートフォン本体を購入しましたので初期投資は必要でしたが月々の支払いは固定で抑えられるし、そんなに多用する訳でもないので身の丈にあった使い方で私の用途には合っていると思います。

このスマートフォンも結構年数が経ちました。しかしゲームはしませんのでそれなりに不満なく使えています。まぁ多少もっさり感を感じることはありますが日常使いには全く支障ありません。MicroSDカードも128GBが対応しているので記憶容量的にも問題ありません。

ここに来て一番の不満はバッテリー容量の低下で、ちょっと使った程度で1日持たなくなり、やむなく職場のPCのUSBポートから充電する必要があることです。一日中外出だと結構不便で、スマートフォンを使ってキャッシュレス決済をする機会が増えたので、うっかり充電が甘いと仕事帰りに買い物をする時にバッテリー容量がほとんどなくてヒヤヒヤさせられることがあります。

ここいらでスマートフォンを買い換えるか、バッテリー交換をするかを検討した結果、バッテリーを交換すれば済む問題なのでスマートフォン本体を買い換える必要は無いと考えました。

交換手順についてリサーチ

交換の仕方はYouTubeで検索したら色々見つかりました。動画を見ながら作業手順をイメージしてみても大した作業ではないと感じたので自分で出来ると判断しました。

自分で交換しようと思っている人は、同一機種のバッテリー交換手順について、いくつか動画があるので視聴して参考にしておくべきだと思います。


“Motorola Moto G4 Plusのバッテリー交換~少し割高だけど純正品にしたし作業は簡単だった” の続きを読む

ESET INTERNET SECURITYライセンス延長~PCとスマートフォンを家族利用者ならおすすめのセキュリティ

約3年前にDSDS対応のSIMフリー版Androidスマートフォンを2台購入して、自分用とかみさん用にしました。その際にESET FAMILY SECURITY(3年5台分)を3,500円位で購入して使ってきました。

導入した当初は、Androidのバージョンによって機能が制限されたりと不満もあったのですが、Windwos、MacOS、Android対応という事もあって自宅のWindows PCにもインストールして5台分のライセンスを使ってきました。

来月ESETのライセンスが切れるという通知が来たので、あれからとうとう3年が経過したという事が分かります。

“ESET INTERNET SECURITYライセンス延長~PCとスマートフォンを家族利用者ならおすすめのセキュリティ” の続きを読む

docomoカケホーダイとIIJmioデータ通信をDSDSで統合する~Motorola Moto G4 Plus

休日に、ドコモショップへ出向いて料金プランの変更手続きをして来ました。

現在、Xiカケホにしているのですが、これはdocomoオンリーのかけ放題。電話の相手がauやSoftbank利用者だったりすると、そのままお高い通話料金が課金されます。話が長引いた時には翌月の請求書が気になります。

docomoかけ放題

手続きを済ませてきたので来月から「カケホーダイ・スマートフォン」になります。月額2,700円は微妙な価格設定で、今のXiカケホは1,400円位なので差額1,300円位高くなります。でもメリットも有ると感じており踏み切ることにしました。そんなにしょっちゅう電話する訳ではないんですけどね。

仕事では、何かトラブル等が生じた場合に色々な人と電話する事になりますが、会社からは電話は支給されておらず携帯電話は自前です。相手がdocomoなら別に気にしないのですが、auやSoftbankだと通話料は自腹で負担。一応後から会社に請求すれば払ってくれるみたいですが通話明細を提出しなければならないとかいちいち面倒です。

それと、我が家の場合はかみさんがあんまり気にせずに、どこかに長電話をしたりして通話料がえらい高い月もあります。こういうのを無くした上で安心して気軽に電話出来るというのは、携帯電話というツールの利便性を考慮するとメリットです。

“docomoカケホーダイとIIJmioデータ通信をDSDSで統合する~Motorola Moto G4 Plus” の続きを読む