HDD故障のピンチを復旧天使で回避~安価なNASで使用しているフォーマット形式XFSでも復元出来た

パソコンを使っていると、重要なデータ程あっけなく失うトラブルに遭遇するものです。重要ではないものはなぜか失わない。

市販のネットワークドライブ(NAS)に、USB-HDDを増設して容量を拡大して使っていたのですが、NAS本体の方では無く、外付けのUSB-HDDの方がライトエラー多発する様になってこりゃえらいこっちゃという状態になりました。

結果的には諦めざるを得ないかなと言う状態の所、「復旧天使」というアプリを使って復元させられました。お金はかかりましたがデータが戻ってきたので、次からはこまめにバックアップを取ろうと反省させられました。

フォーマット形式がXFSというとLinuxでは一般的ですが、Windowsでは特殊であり認識しないフォーマットです。そこでUbuntuの環境でXFSをマウントして読み出そうとしたのですが、IOエラーが起きて読み出せないファイルが存在しました。

これはマズイなと、色々なリカバリーツールのリサーチをして、「復旧天使」というネーミングで販売されているリカバリーツールのお試しをしてみた次第です。

お試しでは復元できるファイルのサイズに制限があり、小さな容量のファイルしか復元出来ません。検証して復元出来そうならお金を支払って制限を解除しなくてはなりません。でもまず復元が可能なのか?全く無理なのか?をお試しできるのが親切です。

“HDD故障のピンチを復旧天使で回避~安価なNASで使用しているフォーマット形式XFSでも復元出来た” の続きを読む