パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする

現在の仕事はほぼデスクワークでPCは欠かせない道具です。書類を見ながら行う仕事が多いので目を酷使します。年齢的に老眼も始まっているのでメガネのレンズを買い替えたりもしていますが追いつきません。肩こりもひどいし。

残念なことに事務所の環境的にも照度が不足しているので(自分の席の上には照明器具が無く照度的に谷間にある)、手元の明るさが隣の席と比べるとかなり暗いです。虫眼鏡を使っても読みにくい文字や図面が多くなってきました。

立場的に居候な感じなので直接雇用先の会社に言っても無理なので、自分で改善する事にしました。

卓上スタンドタイプは邪魔になる

学生の頃には管型蛍光灯スタンドをサイドにおいて位置や角度を調整しながら勉強したのを思い出しますが、机の両サイドは隣の席と接しているのでスタンドを固定する方法が有りません。机の上に置くタイプしか無いのかなぁと思いましたが、机の上が狭くなるので他の方法を探すことにします。

仕事先の机はパーティションで隣、前とが仕切られているので光が回って来ないのでこれが暗さの原因とも言えるのですが、パーティションに取り付けるタイプのスタンドは無いものかリサーチしました。クリップタイプが使えそうです。しかし環境に合うコレだと言ったものは有りませんね。

“パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする” の続きを読む

プログラマブルコンセントタイマーで無人家電運転~サーキュレーターと相性が良い(REVEX PT25/PT70DW)

コンセント・タイマーを二種類購入しました。メーカーはいずれも「REVEX」で、このジャンルでは定番メーカーです。

特徴から端的に言えば、アナログタイマーとデジタルタイマーですね。

“プログラマブルコンセントタイマーで無人家電運転~サーキュレーターと相性が良い(REVEX PT25/PT70DW)” の続きを読む

REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホやPCでお手軽モニタリング

コンセントに割り込み型のワットメーター(消費電力計)を入手したので使ってみました。

家電の消費電力(ワット数)は一般の人も購入時に意識していると思いますが、実際にどれだけの時間、その家電で電力を消費しているかは積算してみないと分かりません。

電気代の算出について

電気代の計算方法は意外と知られてない様なので簡単に記して置きますが、一定時間に使用した電力量のトータル(累積値)となります。この一定時間というのがポイントで、一般家庭に供給される電力会社の場合は、kWhで表すので、1時間(60分)に使用した消費電力のトータルで計算されます。

昔は戸建て建造物の電気の引き込み部分に、回転する円盤とメーターが付いた電力メーターが備えられていて、電力会社の人が毎月検針に来ていました。単純にこの円盤が回転すればするほど累積値が増えて電気代が高くなる仕組みです。

最近ではメーターも電子化され、通信回線を使ってセンターに収集されるスマートメーターが増えたので、電気代の算出がイメージしづらいかも知れません。やってることは同じなんですけどね。

“REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホやPCでお手軽モニタリング” の続きを読む