aircrack-ngで自宅Wi-Fi(WPA2-PSK)セキュリティーを確認中~12桁位の16進数文字の組み合わせならかなり強固だ

以前から自宅Wi-Fiのセキュリティーに懸念があり、テスト的にクラックしてみようと考えていました。無線ルーターの方式はWEPはもはや有り得ないという事は分かっているのでWPA2を使っていますが、PSKだとハンドシェイクをキャプチャされると後は力業で解析されるという点は不安要素でもあります。

我が家のWi-Fiルーターは機種も分かっているのである程度パスフレーズが絞れるという前提で自分でハッキング(クラッキング)を実験しようと以前から考えていましたが余裕が無くて後回しにしてました。

ようやく重い腰を上げて実践です。実際にやってみると、ハンドシェイクは比較的容易にキャプチャリング出来ました。呆気ない位に取れるので怖さがわかりました。

しかしここからのクラッキング(解析)は意外と大変だと分かりました。

“aircrack-ngで自宅Wi-Fi(WPA2-PSK)セキュリティーを確認中~12桁位の16進数文字の組み合わせならかなり強固だ” の続きを読む