NTTセキュリティ対策ツールのせいでPCが遅かった~動作が重いのはウィルスバスター・クラウドの不具合が原因

久しぶりのブログ記事投稿です。

ノートPCを引っ張り出してきて記事を記そうとしたところ、なかなか画面が表示されない。CPU冷却ファンはブンブン回ってる。この季節(寒くなってきた)でなぜこんなにファンが回る?ちょっと調べてみると原因が判明しました。

使った調査方法は、Windowsのタスクマネージャーを起動し、「プロセス」タブを選択、「すべてのユーザーのプロセスを表示」として、PC全体でどういうプロセスが動いているかを調べます。「CPU」タブをクリックしてCPU消費率順に並べると良いでしょう。

そうして調べてみるとNTTセキュリティ対策ツール(実態はトレンドマイクロ・ウィルスバスター・クラウド)が暴走している状態で、PCのハードウェアリソース(CPU、HDD)を食いまくってPCが全く使用できないレベルに陥っていました。

HDDリソースの消費は、「リソースモニター」からモニタリングができます。後述します。

確かに久しぶりにPCを取り出した(電源を入れた)ので、セキュリティチェックは大切だと思いますが、だからと言ってこちらはやりたい事があってPCの電源を入れた訳ですから、それを妨害する様な振る舞いはセキュリティ対策ソフトとして失格だと思います。裏方に徹しろよと言いたいですね。(非常に有害なウィルスが出回ったなどの緊急の時は仕方ないですが)

私がこういう書き出しをしたのには理由があります。ウィルスバスターには、ほとほと嫌気がさしているという「職場」で散々振り回されたことがあって、「自宅のNTTセキュリティ対策ツールでもこれかよ!」と呆れると共に怒りを覚えているからです。つまりこの記事はウィルスバスターをDISる記事です。

トレンドマイクロ社を支持されている方は読まない方が良いかも知れません。

“NTTセキュリティ対策ツールのせいでPCが遅かった~動作が重いのはウィルスバスター・クラウドの不具合が原因” の続きを読む