パーラメント(PARLIAMENT)の上品な香りを愉しむ~私には上質なミルクティーっぽく感じる

先に記したマールボロと同様に、フィリップモリス社が紙巻タバコ(シガレット)から撤退する件で、容易に入手出来る今の内にとパーラメントも味わっておくことにしました。

フィリップモリスタバコ

フィリップモリスのタバコは、一回目の喫煙(20代)でフィリップモリス・スーパーライトを愛煙していたこともあり、香りの傾向が自分の好みにあっているのはあると思います。ライトな感じでちょっと上品な感じなんですよね。こってりモクモク(煙々)という感じではありません。

しかし、長年喫煙やこの銘柄から離れていた間に、フィリップモリス銘柄は既に無くなっていたのですね。PMスーパーライトが無くなっていたのは個人的にはすごく残念でした。久しぶりに味わってみたいけどな。

フィリップモリス・スーパーライトを喫煙していた当時から、この系統のタバコが好みなんだなと自覚します。正直言ってあんまりフィリップモリスという会社には良いイメージを持ってないんですけどね。

パーラメント

さて、パーラメントの喫味や香りはどうでしょう。

パーラメント「PARLIAMENT」(20本入/450円)

タール9mgニコチン0.7mgと程良い数値だと思います。数値の割には強いタバコとは感じません。ニコチン量は抜きにしてもタール値はこれくらい無いと口腔喫煙では薄くてしっかりと味わえないと思います。下手すると消費本数だけが増えます。

このタバコはパッケージからして上品な感じですが、副流煙も上品な香りです。喫煙しない人にとっては違いはわからないと思いますが、香りを楽しんでいる喫煙者ならわかるでしょう。

喫味は若干喉にイガイガした刺激があるのが特徴だと個人的には思っています。これは個人差もあると思うので私だけかも知れません。でもこの特徴があるから目隠しでもパーラメントはすぐに分かります。

“パーラメント(PARLIAMENT)の上品な香りを愉しむ~私には上質なミルクティーっぽく感じる” の続きを読む