パーラメント(PARLIAMENT)の上品な香りを愉しむ~私には上質なミルクティーっぽく感じる

先に記したマールボロと同様に、フィリップモリス社が紙巻タバコ(シガレット)から撤退する件で、容易に入手出来る今の内にとパーラメントも味わっておくことにしました。

フィリップモリスタバコ

フィリップモリスのタバコは、一回目の喫煙(20代)でフィリップモリス・スーパーライトを愛煙していたこともあり、香りの傾向が自分の好みにあっているのはあると思います。ライトな感じでちょっと上品な感じなんですよね。こってりモクモク(煙々)という感じではありません。

しかし、長年喫煙やこの銘柄から離れていた間に、フィリップモリス銘柄は既に無くなっていたのですね。PMスーパーライトが無くなっていたのは残念でしおた。

パーラメント

さて、パーラメントの喫味や香りはどうでしょう。

パーラメント「PARLIAMENT」(20本入/450円)

タール9mgニコチン0.7mgと程良い数値だと思います。数値の割には強いタバコとは感じません。これくらいじゃないと口腔喫煙では薄くて味わえないと思います。肺喫煙するにも自分で吸い方を加減すれば丁度良い加減でしょう。

パッケージからして上品な感じですが、副流煙も上品です。

タバコを吸い始めたばかりの頃を覚えていますが、当時は「ヤクザタバコ」「成金タバコ」と言われていたのがいまだに記憶にあります。当時バブル期でパーラメントは高価なタバコだったのでそういうイメージがついたのだと思います。

パーラメントの一番分かりやすい特徴は、「リセスド・フィルター」の存在でしょう。フィルターが奥まった位置にあって巻いている紙が硬くなっています。「リセスド・フィルター」は煙の温度を下げる効果があるそうですが実際のところしっかり上手に喫煙しないとそんなに変化には気づけないと思います。

理屈で考えればフィルターを浅く加えてやることで、フィルターが口先から少しでも遠くなるので煙の温度は下がると言えます。このフィルターを活用する為には唇で浅く咥えて欲しいですね。そしてぐいっと吸い込むのではなく、ちびちびと味わうのが上品な香りを引き出すポイントです。

たばこ葉をメラメラと燃やすのではなく、燻らせる様にしてタールをジワジワと染み出させるとこんな感じです。9mgと比較的少ない方なのでこれくらいの染み出しと、タールの量はさほど多く有りません。(ピース等のタールが多いたばこではもっとヤニの染み出しが多いです)

喫味は上品の一言

改めて味わってみると、パーラメント自体はさほど変わった着香がされている感じでは無いのですが、着火すると上品な煙が香り立ちます。粗野な感じは無く上品な煙という印象です。とにかく味わうにはやさしくゆっくりちびちびと吸ってやる必要があります。

喫味は上品な甘み柔らかいミルクっぽいというのが私の感想です。誤解を恐れずに表現すれば「ミルクティーっぽい」というレビューになります。紅茶という表現だと「全然違うわ!」と言われてしまいそうですが、私の中ではどうしてもパーラメントは紅茶+ミルクというイメージに結びつくのです。

もちろんタバコなので紅茶とは全く無縁だと思いますが、ちょっと渋味が感じられたりと私の中では紅茶に近いイメージなのです。

オススメシーン

優雅な感じがする上品なタバコですし、その香りや味わいを引き出すには、ゆっくりクールスモーキングする必要があるので、時間がたっぷりある時に手にする一本としてオススメしておきます。

例えば、休日の寝起きにマッタリと嗜むとか、逆に就寝前の一本にするとか、気分の切り替えにはたっぷりとした時間も必要なのです。クールスモーキングで上手に吸ってやると、上品な甘み、香り、旨味、渋味がバランス良く備わっていることが感じ取れると思います。

バタバタしている日常の合間でスパスパと吸っても、決してこの優雅さを味わうことは出来ないと思いますので、自宅に常備しておいて時間がたっぷりある時に気分を切り替える煙草として愉しむのがオススメです。日常のざわざわの間で吸うタバコとしてはもったいないですね。

マールボロとの対比

先に記した「マールボロ」とは全く逆のイメージがします。マールボロはある程度ざっくりと吸っても、それが逆に濃い旨味ガツンと来て良い面として感じ取れます。忙しい時の気分切り替えには「マールボロ」がオススメ。喫煙した感がしっかりしています。

しかし「パーラメント」は雑に吸うと良さが全く引き立たず、タダの癖のないタバコという印象に終わります。パーラメントはデリケートなタバコとでも表現しておきましょうかね。

しかしフィリップモリス社は凄いですね。対極とも言える代表銘柄をこうして持っている訳ですし、それ以外にも世界的な銘柄を持っていますから。よほど優れた感覚を持った人がいるんだと思います。

PM社の重役はタバコを吸わない(喫煙はバカで愚かな人間がする行動だという考え)らしいですがそういうモノを製造して売る・・「タバコ産業はビジネス」と割り切っているとしてもこんなに優れたものを生み出すのは凄い感性です。

女性におすすめ

副流煙(タバコの煙)も上品ですし、女性の場合は口腔喫煙が多いと思うので、ゆったりマッタリとパーラメントを上品に味わって欲しいですね。

今後は、パーラメントを優雅に愉しむ女性を見かけると、わかってるなぁと感じてしまうと思います。身だしなみがきちんとした女性が優雅にパーラメントを味わっている姿を想像してしまいます。そんなシガレットの印象です。

フィリップモリス撤退と共に、無くなるのが惜しまれます。味わうなら今のうちですよ!

おっと、お約束ですが未成年者は喫煙ダメ。未成年者はフィリップ・モリスのタバコを味わうことは諦めましょう。今買って成人するまで取っておいてもきちんと保管して置かないとタバコも劣化しますのであまり意味がないです。

今の時代、新成人が喫煙を始めるのは愚かな行動だ

という人もいます。

確かにこれから先も税金がガンガン乗っかってくるし、喫煙場所は無くなる一方だし、よほどの理由が無いと喫煙をするメリットは殆ど無いと私も思います。

それでも喫煙している人は、メリットが自分にあると感じているからだと思います。であれば、せっかくですから良い状態で喫煙を愉しむスキルを身に付けて欲しいと思います。健康リスクがあると言われるのに、それと引き換えに単なるニコチン&ヤニ摂取だけじゃあまり意味がありません。

良い香りや味わいを引き出して楽しみながら良い喫煙をしてほしいものです。おそらくデメリットの方が多い喫煙ですからなおさらメリットを引き出す工夫が必要だと思います。これから先は、タバコ(ニコチン)に依存してしまう人と、たばこを趣味とする人とに分かれるのはないでしょうか。

私自身、ストレスからの回避などタバコの香りに依存している部分は確かにありますが、たばこの本数にすれば一日に10本以下なのは間違いありませんし、これは30年くらい前に喫煙していた頃から変わっていません。

今回の喫煙では一日に4~5本程度という日も多いので、きちんと味わって喫煙すれば本数は減ると実感しています。タバコの本数が多い(減らしたい)と思っている人は、味わって喫煙することを意識してみることをおすすめします。パーラメントはそういうことに気づかせてくれるタバコじゃないかな?

コメントを残す