編集用に密閉型ヘッドホンを追加購入(CLASSIC PRO CPH7000)~このヘッドホンは装着感が柔らかく音質のバランスが良くて気に入ったオススメ品

audio-technica ATH-M9X

密閉型ヘッドホンは、長らくaudio-technicaのATH-M9Xというヘッドホンを使ってきましたが、自宅で飼っているインコをかみさんがこともあろうか勝手に私の部屋で放した時に見ていなかったらしく、棚に置いていたヘッドホンのケーブルをガジガジされてしまいボロボロにされてケーブルが完全に駄目になってしまいました。リケーブルの修理が面倒なので放置しています。

勝手に私の部屋でインコを野放しにしてお気に入りのものを台無しにされた事は無性に腹が立ちましたが仕方ありません。実はヘッドホンだけじゃないんですよね私のお気に入りが被害にあったのは・・うちのかみさんそういうところ直して欲しい。完全に被害者ですからね私は。

さて、先日購入したAKG K240 Studioの開放的な音の広がりは気に入っていて、スペアにもう一つ買って未開封のままストックしている位なのですが、細かい部分の音の出方がやっぱり密閉型と違うというのが若干違和感というか物足りないというか、密閉型のヘッドホンが欲しいなと思う様になりました。

ATH-M9Xはまた時間が出来た時にリケーブルでリペアするとして、とりあえずお手頃価格で使えるレベルの密閉型ヘッドホンが無いものかリサーチしていて、CLASSIC PRO CPH7000の存在を知りました。SOUND HOUSEでかなり売れているらしい人気商品です。レビューによるとフラットな周波数特性で脚色が無い典型的なモニターヘッドホンでありコスパがかなり良いとのこと。

“編集用に密閉型ヘッドホンを追加購入(CLASSIC PRO CPH7000)~このヘッドホンは装着感が柔らかく音質のバランスが良くて気に入ったオススメ品” の続きを読む

Wonderfox HD Video Converter Factory Proを使ってみた(1)~動画DVDからmp4で保存

「Wonderfox HD Video Converter Factory Pro」を使ってみる機会を得たので、試してみなければならないなぁと思っていましたが、ちょうど良いタイミングで「第二種電気工事士」の受験の相談を知人から受けたので、使ってみることにしました。

というのも、第二種電気工事士の技能試験を受験する時に買ったDVD解説動画をスマホで観せてあげる為に、DVDからスマートフォンで再生出来る形式に変換することにした訳です。自分のスマートフォンに入れておいて観せてあげようと思っています。技能試験の細かい事はさておき「技能試験ってどんな事をやるの?」という疑問は動画で観せるのが一番良いと思うからです。

「WonderfoxのHD Video Converter Factory Pro」で何が出来るか?という詳細は公式サイトで確認していただくとして、メインメニューをポチポチクリックしてみた画面からすると、割と幅広く動画ファイルを扱える機能をまとめているアプリだという事が初見でわかります。見た目的にはフリーウェアかシェアウェアっぽいですが有償アプリです(期限付きでお試し出来ます)。

しかし製品HPに記載してある「100%安全・安心!」というのが逆に怖いですね・・

害の無いことは当たり前ですから、こういうところをわざわざアピールする必要は無いはずなのですよ。やっぱり海外メーカーは、日本人の感覚が分かってないというところが見受けられます。多分普通の日本人の感覚だと避けちゃいますよね・・

“Wonderfox HD Video Converter Factory Proを使ってみた(1)~動画DVDからmp4で保存” の続きを読む

リスニング&編集用にヘッドホンを新調(AKG K240 Studio)~音のバランスの良さは定評通りで長時間装着でも疲れない

audio-technica ATH-M9X

過去記事にも記したとおり、昔はオーディオにハマった時期があり色々散財した経験もあります。現在は必要以上に音関係にお金をかけるつもりは無いのですが、それでも自分の中の基準みたいなのは確保しておきたくてヘッドホンだけは手放さずに持ち続けている機種があります。

それは、audio-technicaのATH-M9Xというヘッドホンで、新製品として発売された時に雑誌で知って、秋葉原の石丸電気にお試しに行ってそのまま買って帰ったものです。それ以来気に入っていていつの間にか自分の中のヘッドホンの基準になっていました。

人間の脳は曖昧なものなので、基準となるものと比較しないと音響にしても適切な評価が出来ないと思っています。少なくとも私は単独で試聴してどうこう評価する自信はありません。音に対してのみでなく脳は年々学習しながら変化していくので絶対的な数値で現す様なことは出来ないと思っているからです。(体調にも左右されますし)

ATH-M9Xを長く使い続けてきたコツとして、イヤーパッドはアフターパーツで予備を数個確保しておいてボロくなったら交換して延命して来ました。ケーブルが断線した部分も予め秋葉原で買っておいた線材で修繕して使い続けてきました。ついつい昔の仕事のくせがあって気に入ったものは長く使い続けられる様にと予備(補修部材)を確保しておく癖があります。

しかしながら、流石にあの当時から25年以上は経過していることもあり、どこかのタイミングで新しく基準となるヘッドホンを持っても良いかなと思える様になりました。ATH-M9Xを手放す気はありませんがそろそろメインのヘッドホンという役割を退役させても良いかなと。

“リスニング&編集用にヘッドホンを新調(AKG K240 Studio)~音のバランスの良さは定評通りで長時間装着でも疲れない” の続きを読む