ヒーター付き電熱ベストで寒い冬でもホカホカ快適に過ごす~かみさんのお母さんがモバイルバッテリーも一緒に送ってくれました

一気に寒くなってきました。今年の冬は昨年の暖冬とは違ってかなり冷え込みそうです。先日灯油のファンヒーターを押し入れから出してセットアップし灯油を給油して稼働させました。かと思いきや早速降雪です。1月、2月とかなりの冷え込みが予想されそうです。

私は寒がりなので冬は大嫌いです。夏も蒸し暑くて嫌いですが冬の縮こまった身体の窮屈さに比べるとまだ暑い方がマシです。

そんな私の冬嫌いをを知っている義理の母が、かみさんに送ってくれた荷物の中に私宛のヒーター付きベストを入れておいてくれました。母も同じものを使っていて快適なのであんたも使いなさいと送ってくれたのです。嬉しいですね。

アルミ蒸着の内張りとなっていて熱が広がる様にされている様です。
左胸にロゴのついたスイッチがあり、3秒長押しで電源の入り切り、押す度に温度調節「強・中・弱」の三段切り替え。使い方はシンプルです。このヒーターベストの場合は電源ONの時にはLEDランプが常時光っています。

左側内ポケットの中にUSBケーブルが入っていて、ファスナーで閉じられる様になっています。USBコネクタなので汎用性のあるUSBモバイルバッテリーが使える仕様です。

バッテリーは別売りの商品みたいですが、気を使ってHIDISCのiPhone対応という5000mAhのモバイルバッテリーも付けて送ってくれました。かみさんの親は安い通販店を探して買い物するタイプでは無いので実店舗で見つけて買ってくれたのでしょう。コミコミだと1万円くらいかかったんじゃないかなぁ

ブログに記録するにあたり、改めてリサーチしてみると色々なヒーター付きベスト(ジャケット)が製品化されていますね。通販だと思っていたより安いです。この製品はお腹部分にはヒーターは入っていない様ですがお腹を温められる製品もある様です。各自がニーズに合うものを探してみると良いでしょう。

これは使ってみて体感すれば一発で分かりますがぽわ~んと温まってきて寒い季節には本当に快適です。若い頃にバイクに乗っていた時期もありましたが、真冬は「全身顔と思えば寒くない」とか言いながらライダー仲間で鼻水をすすりながらツーリングしたのを思い出します。今思えばの寒さは苦行でしょう。

今の時代、むしろ必須アイテムと言って良いかも知れません。個人的にはヒーターの仕組みがどうなっているか見てみたいです。


“ヒーター付き電熱ベストで寒い冬でもホカホカ快適に過ごす~かみさんのお母さんがモバイルバッテリーも一緒に送ってくれました” の続きを読む

Windows 10 PCのHDD接続をIDEからSATA AHCIに変更~HDDの容量計算諸々が速くなった

先の記事でメモリー増設に苦戦したことを記したのですが、その時に気になったディスクコントローラーのIDE/AHCIモードについて今回整理することにしました。

IDEモードは古い方式、AHCIモードはWindows Vistaの頃から出始めた新しい規格らしいのですが、今は標準的に使用されているものと思われます。速度面でもAHCIの方が無駄が無くなって有利らしいので使わない手はありません。

そこで現状をデバイスマネージャで確認してみたところ、やはりIDEモードでOSをインストールしているらしく、AHCIモードで動作する様にWindows 10を修正する必要があります。

とはいうもののさほど難しい話ではなく、Windows 10のレジストリをちょいちょいと修正して再起動し、そのタイミングでBIOSをAHCIに切り替えてやればその流れでWindows 10がAHCI対応のドライバを読み込んで起動してくれるらしいです。

“Windows 10 PCのHDD接続をIDEからSATA AHCIに変更~HDDの容量計算諸々が速くなった” の続きを読む

旧型デスクトップPCのメモリー増設~初代Core-i7機なのでメモリー選択で悩んだ

自宅でメインで使用しているPCはかなり使い続けていますが、今でも現役で動いてくれるし特に困ったことも無いので愛用しています。このPCを組んだ時はWindows XPにしておくか素直にWindows 7にするかって迷う感じでしたが(Vistaは論外)、Windows 7でもWindows 10でも特にトラブルもなく動いてくれています。オーバークロックに対応したマザーボードですがそういう興味もなく定格で使用しているのが幸いしているのかも知れません。

そんなメインPC(デスクトップ)ですが、8GBのメモリーではちょっと厳しい場面が増えてきたので16GBにすることにしました。スロットは4本あり今までは4GB✕2枚で8GBでした。大きな問題もなかったのですが動画編集やDTM(DAW)の関係でメモリーが食われることが増えてきたので4GB✕4枚にして16GB化することにしました。

ただ、このマザーボード(ASUS P7P55D-E)はメモリーを選ぶと言われていた覚えがあるので慎重になります。当時の仕様によるとやはり4GB✕4枚の16GBが最大となっているのですが、リサーチすると8GB✕4枚の32GB化にも成功したという情報があります。もはやDDR3は古いものですからヤフオクで中古で購入すれば安いものです。どうせなら8GB✕4枚にしちゃおうかなとも思いました。

しかしメモリーを選ぶマザーボードなので冒険して失敗すれば、せっかく買ったメモリーが無駄になります。32GB化する必要性に迫られているわけでも無いので無難に16GBで行くことにしました。

今まで使って来たメモリー(4GB✕2枚)に同じだけ足してやれば倍増の16GB化が可能なので無難にすすめることにしました。かと言ってかなり年数が経っているので同じものを購入するのは難しいです。したがって中古を探す事にしました。そういう場合はヤフオクですね。

追記
先入観でそう思っていましたが、まだAmazonで取り扱いがある様ですね・・

“旧型デスクトップPCのメモリー増設~初代Core-i7機なのでメモリー選択で悩んだ” の続きを読む