中華ドライブレコーダーを安く購入した~いくつか難点はあるが改造と工夫で対処

アマゾンのタイムセールス情報で、ミラー取り付け型ドライブレコーダーが4,000円以下で販売されていたので、お手軽に済ませるには良いかなと、レビューで画質はそこそこというチェックを済ませて購入しました。

ま、過去に同じ商品が3,000円以下で販売されていたりしたこともあると知ってお得感は無くなりましたが、腰を上げさせてもらったことは感謝して使ってみようと思います。以前から取り付けようと思いつつ面倒くさくて放置だったので。

仕様からコメント

画質については、Full HD(1080)で32GBのMicroSDカードをサポートしているということなので、目一杯のSDカードを入れておけば、まぁなにかあった時には撮れてないという事は避けられるかなと思います。実際の画質は昼間なら前走車のナンバープレートがなんとか読み取れる感じです。

レンズは広角レンズを使っているので、左右、上下(空がよく映りますね)広く撮影できます。逆に言えば前走車にくっついている状態でないとナンバープレートは読み取れません。解像度はよしとしても画質はさほど高くありません。うちの親に取り付けてあげたドラレコの方が(値段も倍以上ですし)当然画質は良いです。

画角については有事(接触事故とか)の場合には当然距離が近くなるので、事故発生前の状態が撮れる広角レンズの方が有利かなと私は判断しました。実際記録された映像を見ていても周囲が結構写っているので歩行者の挙動などが分かって参考になりますし、日中なら前の車に近づけばナンバープレートも読めます。

Gセンサーらしきものが備わっている様ですが期待はしてないので気にしていません。それよりも32GBをフルに使ってしっかり録画して欲しいですね。

“中華ドライブレコーダーを安く購入した~いくつか難点はあるが改造と工夫で対処” の続きを読む

REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホやPCでお手軽モニタリング

コンセントに割り込み型のワットメーター(消費電力計)を入手したので使ってみました。

家電の消費電力(ワット数)は一般の人も購入時に意識していると思いますが、実際にどれだけの時間、その家電で電力を消費しているかは積算してみないと分かりません。

電気代の算出について

電気代の計算方法は意外と知られてない様なので簡単に記して置きますが、一定時間に使用した電力量のトータル(累積値)となります。この一定時間というのがポイントで、一般家庭に供給される電力会社の場合は、kWhで表すので、1時間(60分)に使用した消費電力のトータルで計算されます。

昔は戸建て建造物の電気の引き込み部分に、回転する円盤とメーターが付いた電力メーターが備えられていて、電力会社の人が毎月検針に来ていました。単純にこの円盤が回転すればするほど累積値が増えて電気代が高くなる仕組みです。

大崎工業 A63A 普通電力量計 単相3線式 100V 120A 60Hz 西日本 (検定付)

大崎工業 A63A 普通電力量計 単相3線式 100V 120A 60Hz 西日本 (検定付)

最近ではメーターもデジタルされ、通信回線を使ってセンターに収集される仕組みが増えたので、電気代の算出がイメージしづらいかも知れません。やってることは同じなんですけどね。

“REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホやPCでお手軽モニタリング” の続きを読む