玄米食でお腹の調子がイイ~食物繊維?酵素?それ以外の要素?とにかく良いことを再認識した玄米

知人から玄米をいただいて、ウチの食事に取り入れてみることにして一週間位になります。玄米が混ざったご飯は祖父母の家で幼少期に食べることがあり、その頃からもともと好きなので久しぶりに食べて気に入りました。

変な話ですが私は自律神経失調症の症状のせいか、お腹の調子が不安定で、たいていは便秘の事が多いのですが、玄米を食べるようになってから毎日イイ感じです。今後も続けていきたいです。

話には聞いていたのですが、どうやら玄米には酵素とかが含まれている様で、多分そういうのが胃腸に効果的に働いているのだと思います。単純に「食物繊維が・・」という話ではないと思うのです。(食物繊維が多い海藻を摂り過ぎると便秘になるので)

この便通の具合の良さは、良質な日本酒(とくに酵母がいきている生酒)を飲んだ翌日以降の体調の良さと似ています。良い生酒を飲むとお腹が絶好調になりますし、二日酔いも心地よい二日酔いです。けっして地獄のような悪夢の二日酔いが来ないから、アルコールにも種類があるのだと思っています。

玄米、なかなか奥が深い様でして、かみさんが色々リサーチしてくれた結果、我が家では白米7に玄米3位で落ち着きそうです。最初は玄米オンリーで食べていたのですが、白米とのブレンドが我が家には合っている様です。

人それぞれに体質などの違いがあるので、これがベストだという食事は自分で見つけるしかないと思います。そこでもやはり基礎となるのは基礎知識だと思うのです。栄養素とかそういう知識があってこそバランスの良い食事に整えていく微調整が出来ると思います。

食事は毎日のことですから、早いうちに基礎的な知識は学習しておいた方がきっとお得だと思います。そう考えると学校の家庭科で習ったのは意味があったのかもしれません。もっとも子供の頃には全く興味が無かったので覚えてませんでしたけどね・・必要に感じた時に学習しなおすしかありません。

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

554円(11/28 06:34時点)
発売日: 2015/05/01
Amazonの情報を掲載しています

一生役立つ きちんとわかる栄養学

一生役立つ きちんとわかる栄養学

1,386円(11/28 06:34時点)
発売日: 2019/06/13
Amazonの情報を掲載しています

処方してもらった花粉症の薬~長年市販薬で頑張ってきましたが今年初めて医師に処方してもらいました

先々週に耳鼻咽喉科で花粉症(アレルギー)の薬を処方してもらいましたが、そろそろ薬の残りが無くなりそうです。週末にでも再診を受けにいかなくてはならなさそうです。

薬の効果は良い感じに現れていて症状はほんの少ししか出ません。目の痒みが現れる時だけ市販の目薬を使ったりしています。PM2.5の注意報が出た時は喉の調子が悪くなったりしますが、以前の様に咳き込んで血の臭いがしたりはしなくなりました。あれは苦しいですから、喘息の人の辛さが少しだけわかる気がします。

内服薬がアレルギー全般の症状を抑えてくれているんだろうと思います。

「フェキソフェナジン」と「プランルカスト 」の組み合わせは私には悪くない印象です。副作用みたいな症状(喉が乾くとか)はありませんし。マイルドな効き方という感じです。

「アラミスト点鼻薬」は、鼻腔内に噴霧してもすぐに効果は出ない様です。この薬が効いてるかどうかは微妙な感じなので良くわからないです。内服薬がメインで効いてると思うので、点鼻薬を使うのをやめたらどうなるかな?と思っています。ちょっと試してみても良いかも知れません。(この薬は結構高価な感じだし)

とりあえず次の診察時に医者に相談してみようと思います。あと数ヶ月花粉症は続きますからなるだけ薬代は安いにこしたことは無いです。

心療内科への通院~薬に頼るだけじゃなく自分を知ってコントロールする術を身に付けることを薦められた

今日は、二ヶ月ぶりの通院です。

一度こじらせてしまった自律神経失調症の病状が完治しないので、今も心療内科にお世話になっています。症状は薬でほぼ抑えることが出来るようになったので欠勤もせずきちんと仕事も出来てます。

ここの病院は体重と血圧のチェックをする事になっているので、自分の為にもなります。ちょっと体重がヤバイ感じでここ半年くらい変化が有りません。落とさないと・・

主治医の先生に近況(と言っても雑談)を報告して、薬はやっぱり必要かなぁって言う事を話して継続投薬になりましたが、処方は前回かなり減ったので多分最低限の所まで下げて貰ってる感じです。

主治医の先生は、なるだけ薬は出したくない感じの考えの医者なので、話をしていて今回も近況報告の内容次第では投薬ストップのつもりでいたみたいでした。

“心療内科への通院~薬に頼るだけじゃなく自分を知ってコントロールする術を身に付けることを薦められた” の続きを読む