Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜何の苦労も無くRubix22とUR22mkIIが使用出来た

昨日届いたsteinberg UR22mkIIがWindows環境できちんと動作するのを確認出来たので、どうせならLinux環境でも使いたいと考えていました。ついでにRoland Rubix-22も動作するか確認してみます。

リサーチ段階では、結構苦労するかも知れないという感じでしたが、結果的にdebian GNU/Linux 10(Buster)xfceでは接続するだけでオーディオ入出力が可能でした。あっさり認識してくれました。

ただ、私の実際の検証においては、検証環境として使っているOracle VirtualBox(仮想マシン)の不具合で、遠回りさせられたので検証にはちょっと時間がかかりました。

仮想環境で動かしたdebian上ではオーディオインターフェースをきちんと認識しており、PulseAudioでレベルゲージも振れているのにオーディオインターフェースから音が出ないという症状でした。Oracle VirtualBoxにおいてUSBコントローラー周りのエミュレートが上手く出来ていない様です。まぁ仮想環境なんてそんなレベルだと割り切るしかありません。やはり実機で検証するのが確実ですね。

PulseAudioは正常に動作しているので、次にALSAに不具合が有るのでは無いか?とコマンドを叩いて調べて行くうちに「何も問題は無いんじゃないか?」という結論にたどり着きました。そして仮想環境での検証を諦めてdebian実機に接続してみたところ、あっさり動作してきれいな音を奏でてくれました。

最初から実機に接続すればトラブルはなかったでしょうが、Oracle VM VirtualBoxが信用出来ないということは学習出来たので遠回りした価値はあったと思っておきます。

正直いってOracle VM VirtualBox(バーチャル環境)のことは信じていなかったので、もしかしたら「上手く動作しないのは仮想環境のせいでは?」という疑いの気持ちがあったのは幸いでした。疑いを持ってなければ泥沼にハマって時間だけを浪費してしまうところでした。

“Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜何の苦労も無くRubix22とUR22mkIIが使用出来た” の続きを読む

デスクトップOSとしてDebian10(Buster)がお気に入りな理由~必要なモノだけ自分で追加するシンプル志向で軽いLinuxがベスト

我が家には古くなったPCがいくつかあるのですが、まだまだ使えるので捨てるには惜しいし、検証用にも便利に使っているのでやはりハードウェアにもそれなりの知識を持っていると応用(流用)が出来て便利だなと思っています。仕事柄ソフトウェア系よりもハードウェア系には強いのでスキルは活かさないと損だなと思っています。

自宅では使用するアプリケーションの関係でWindows 10のデスクトップPCを使っていますが、余計なアプリはその環境には入れたくないという気もあります。長く使っているとどうしてもPCってごった煮状態になってくるので、意識的に余計なものを入れない様に気をつけています。

そういう場合に検証用(サブマシン)があると便利ですし、最近は用途によってはWindowsよりもLinuxの方が便利だということも一般化して来ましたので、どんどんLinuxが使いやすくなってきました。やはり需要が増えて開発者の数も増えると品質も上がってくるのだなと、10年以上前の状況と比べると時代の変化を痛感します。

もはやOSで商売するっていうのはごく限られたニーズ(商用)に限定されるのではないでしょうか。パーソナルユースのOSはユーザーが自由に選べる時代、もう少しでそういう時代になりそうに思います。

“デスクトップOSとしてDebian10(Buster)がお気に入りな理由~必要なモノだけ自分で追加するシンプル志向で軽いLinuxがベスト” の続きを読む

VPSサーバーのOSをDebian9から10のアップグレード~MySQLをMariaDBに変更し少し速度アップ

当サイトはVPSにdebian GNU Linux、Apache+MySQL環境でWordpressを使っています。

3連休の初日なので、一番優先度の高いことから始めようと、VPS上のOSをDebian Gnu Linux 9から10にアップグレードすることにしました。連休初日に作業するのは想定外のことがあると予定より時間が必要になるからです。なんとしても連休中に済ませなくてはなりません。

今回の一番の課題は、我慢しながら使い続けてきたMySQLからMariaDBに変更することです。とは言ってもかなり高いレベルで互換性が保たれているので、トラブルに遭遇しなければすんなりと移行できるはずです。

Debian 10の検証(お遊び)は後回し

実は連休中にDebian 10のデスクトップ環境をいじって遊びがてら検証してみようと思っていたのですが、VPSの方を優先して作業することにしました。

Debianは安定志向のディストリビューションであり、長年使ってきているので結構信頼している部分があります。私のVPSでは凝った使い方をしている訳でもありませんし、そのままアップグレードしても問題ないと判断しました。何よりもトラブルの多いMySQLを止めてMariaDBへの移行を早く終わらせたい。

“VPSサーバーのOSをDebian9から10のアップグレード~MySQLをMariaDBに変更し少し速度アップ” の続きを読む