古いデスクトップPCにDebian xfce i386版をインストール〜有線LAN環境が無いのでWi-Fiアダプター(TL-WN725N)で使う

仕事先でウィークデーに寝泊まりしている部屋にWiMAX環境を手に入れたので、少し自分の時間を作ろうと工夫をしています。つまらないTVを観て過ごしても時間の無駄です。

自宅で余らせているワークステーションを持ってくることも考えたのですが、年度単位で仕事先が異動になる可能性がありこの部屋を引き払うことも想定して置かなくてはならないので、機動性を確保という意味もあって余っている古いデスクトップPCを持ってきました。車に載せて運搬し小脇に抱えて車から部屋までぶ手間があるのでこれだけでもかなり違います。自宅に持って帰ることも考えておかないといけませんし。

当然退役パソコンなのでマシンスペックは低いです。

Core2 Quadでメモリーは4GBと心もとない感じはありますが、ここは軽く動作するシンプルなLinuxを選ぶのであまり心配をしていません。Debian xfce i386版を使用することにしました。debianは知名度は高くありませんがUbuntuのベースはdebianです。つまり順番で言うとdebianがあるからUbuntuが存在するという訳でベースとして採用されるからには信頼性の高さ、汎用性の高さが評価されています。安定志向でやや玄人向けですけどね

さてLive版をダウンロードしてUSBメモリーからインストールし、日本語入力等の必要な設定をして必要なアプリをSynapticでインストールすれば常用環境は出来上がりました。

問題というか課題はネットワークです。ネットワーク接続がWiMAX環境ゆえ有線LAN環境が無いので全てWi-Fiで済ませなくてはなりません。デスクトップPCなのでWi-Fiは標準ではついていません。

若干不安もありましたが、Linux稼働の実績があるというtp-link TL-WN725Nをアマゾンで700円ちょっとで購入しました。チップはRealtekらしいのでなんとかなるでしょう。やってみるしかありません。

“古いデスクトップPCにDebian xfce i386版をインストール〜有線LAN環境が無いのでWi-Fiアダプター(TL-WN725N)で使う” の続きを読む

テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM086T~後継機種(TK-FDM105TBK)に更新した

デスクトップPCの操作の為には、キーボードとマウス(トラックボール)は必須なのですが、個人的な好みで言うとキーボードのポジションが体の正面に無いと嫌なタイプなのでテンキーレスキーボードを愛用しています。

テンキーが付いているキーボードの場合は、右手で操作するマウス(トラックボール)を置きたい位置にテンキーが邪魔をしているのでそれよりも更に右側遠くに置く必要があります。こうすると腕(肩)への負担がかかるのと非合理的な設計にイラッとします。テンキーを配置するなら左手側に配置すればいいのに(選べれば良いのに)と思いますがテンキーが左側にあるキーボードは見たことが無いですね。

※私はプログラマブルテンキーを別置きで使いますが、たいてい左手で入力しています。右手はマウス(トラックボール)かキーボードのカーソルキーを操作するので右手が忙しいことになります。慣れれば左手でテンキーを操作できると効率がアップすると思いますのでおすすめなんですけどね。

コンパクトさも理由でテンキーレスキーボードが好きで、以前はHHKを愛用していましたが、タイピングを高速で正確に入力しなくても済む仕事をしている現在は必要以上にお金をかける必要は無いと思っており、ELECOM TK-FDM086Tを使っています。USBレシーバーが附属しているコードレスキーボードです。

“テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM086T~後継機種(TK-FDM105TBK)に更新した” の続きを読む

WiMAX 2+ルーターを契約して仕事先でもネット接続~これでネット難民から解放だ

半年だけ行ってくれと社長から言われて今の仕事(専門外・未経験)を仕方なく始めたけれど、なんてことはないもう1年延長って感じで3年半が経過してしまった。毎年年度替わりに「人員が足りないから来年も続けてほしい」と言われて渋々受けている。

専門外で未経験の仕事をするのは本当に疲れる。初年度はマジで持病の自律神経失調症が暴走しかかって主治医に相談して処方薬を増やしてもらった。夜もほとんど熟睡できないし本当に辛かった。

ただ、自分で言うのもなんだが割と要点をつかむのは得意なので、専門外でも要求されている主旨は理解できるからそこに重点を置いて指示された仕事をやってきた。当然100点満点は取れないレベルの成果しか提出できない訳だが、100点満点を求めているわけではないらしく、70~80点位の出来であれば後は不足しているところや間違えている個所を指摘されてそれを修正し再提出。そんな感じで本当に苦しかったけどやって来たら「あいつは駄目だから変えてくれ」なんてことは言われず、「来年度もあいつで」って感じで評価されたみたいで現在に至る。

初年度は本当に何をやっているか自分でも良くわかってなくていつ終わらせられるのかも見えないので、毎晩夢に見たりして熟睡できなくて辛かった。専門外の仕事っていうのは先が読めないので本当に辛い。そんな私も今の仕事を3年半以上やってきたのでそれなりに先が読めるようにはなってきた。期限もあるのでなるだけ早く提出してダメだしを指摘されて修正する。とにかくレスポンスを早くして設定された期限まで引っ張らずなるだけ早く提出することを心掛けてきた。そういうのが良かったのかも知れないが本当のところはよくわかっていない。

そんな仕事をしているのだが、実は自宅は高知市にあり、仕事先は四万十市にある。車で自動車専用道路(有料)を使って夜間走行なら片道1時間40分位で走れることもある。しかし余裕目に見て2時間は使うし、自宅(かみさんがいる)と仕事先の宿舎の二重生活なのでなにかとコストがかかる。頭が痛い。そんなこともあり、今年度が終わったら帰れる・・という思いもありネット回線の無い生活(ネット難民生活)を過ごして来た。

“WiMAX 2+ルーターを契約して仕事先でもネット接続~これでネット難民から解放だ” の続きを読む