Debian GNU/Linux xfceでGUIのdropboxを使う方法〜Synapticから簡単にインストールが可能

最近、自宅と仕事先の宿舎部屋とで作業を続けて行っていることもあり、いちいち文書ファイルをUSBメモリーで持ち運ぶのが面倒になって来ました。自宅ではWindows PCを使うことが多いのですが、仕事先の部屋ではdebian GNU/Linuxを使っています。使っているアプリはLibreOffice WriterとDraw、GIMPがほとんどなので、Windows環境でもLinux環境でも統一して使っています。

十分過ぎる実用性があってむしろ便利なLibreOfficeは無償で使わせてもらえるのが本当に信じられない位な快適さです。特にDrawの図形合成機能はちょっと複雑気味な図形を作成するのに四角やら丸やらの図形を合成したり削り取ったりできて実に便利です。Windows系のアプリでこの図形合成を考えるとVisioが思い浮かびますがVisioは高価なのでそうそう気楽に買えません。そして当然ながらLinuxでは使えません。LibreOffice Drawは本当にすごい。

さて話を本題に戻します。

現在、結構長い文章を作成していて記事に仕上げるまでに時間がかかるので、LibreOffice Writerで統一して執筆というかライティングをしています。作業に使うアプリをWriterで統一しているのでワードプロセッサ環境に不便はありません。しかし文書ファイルをいちいち持ちUSBメモリー等に保存して運びするのは手間です。最新のファイルを運び忘れると先祖返りしてしまうので作業を止めるしかありません。USBメモリーの場合は作業をしていると挿したまま忘れて来てしまうなんてこともありますからね。

そこでこの度クラウドストレージ(dropbox)を活用する事にしました。dropboxは以前からWindows PC、Androidスマートフォンで同期しながら使用しています。たしかLinuxでも使用できたはずなのです。

“Debian GNU/Linux xfceでGUIのdropboxを使う方法〜Synapticから簡単にインストールが可能” の続きを読む

旧型PCにLinuxをインストールして音楽を高音質で聴く〜USB2.0化でUSBオーディオインターフェースが使えた

仕事先のプライベートな環境で、自由なdebian GNU/Linuxをデスクトップ環境として使っています。なかなか快適ですが不満も出てきました。ネットが遅いのとUSBオーディオインターフェースが正しく動作しません。

原因は切り分け済みでして、Core 2時代(Windows XP)の古いUSB1.1規格によりUSB-WiFiアダプターの速度が遅いのと、Steinberg UR22mkIIがUSB1.1に非対応なためです。

PCはスリムデスクトップなので、ロープロファイルのカードが2枚装着できるスロットがあります。旧式のPCIスロットと、PCIE16Xスロットがありますので、USB2.0のロープロファイル対応なPCIカードを中古でゲットすることにしました。1,000円で調達することができましたが今どきPCIなUSB2.0規格のカードは入手難なのでロープロ限定となると選択肢が少なかったです。

PCI USB2.0 カード【KEC 2580E】 (VIA VT6212)

搭載されているチップは事前にLinuxでの稼働実績をリサーチ済みです。買ったけど動かないってんじゃ話になりませんからね。debian GNU/Linuxで動作するという情報は見つけられていませんでしたが、そこはまぁ大丈夫でしょうという感じです。

VIA VT6212チップが実装されています。事前リサーチでLinuxでの稼働レポートがあったので中古で買うことにしました。
“旧型PCにLinuxをインストールして音楽を高音質で聴く〜USB2.0化でUSBオーディオインターフェースが使えた” の続きを読む

VirtualBox上のDebian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う方法

先日、steinberg UR22mkIIと、Roland Rubix22をdebian GNU/Linuxで検証する際、VirtualBox上では音が出なかった(正常にオーディオデバイスとして認識はされているが・・)という事を記しましたが、実機では簡単に動作するものがVirtualBoxではダメという結果に納得が行かないので深堀り調査してみる事にしました。

調べた結果原因がわかりました。Windows 10上のVirtualBox 6.1上で動かしたdebian GNU/Linuxで、steinberg UR22mkIIとRoland Rubix22がきちんと動作する方法が判明しました。

私が疑念を持ったのは、VirtualBoxのUSB認識に原因があるのでは無いか?というところでした。そしてそのモヤモヤが的中し原因はUSBポートの問題だったと判明した訳です。

調査方法

debianでUSB認識を確認(lsusb)

実機上のdebianとVirtualBox上のdebianとで【lsusb -t】コマンドを使って認識状態を確認してみました。大きな違いに気づきました。

きちんと動作しない環境での認識状態

$ lsusb
Bus 001 Device 003: ID 0499:170f Yamaha Corp.
Bus 001 Device 002: ID 80ee:0021 VirtualBox USB Tablet
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub

$ lsusb -t
/: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ohci-pci/12p, 12M
|__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Human Interface Device, Driver=usbhid, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 0, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 3, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 1, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 2, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M

UR22mkIIとRubix22から音が出ないVirtualBox転送速度は12M(USB1.1)と遅い様です。

きちんと動作する環境での認識状態

$ lsusb
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root Hub
Bus 001 Device 003: ID 0499:170f Yamaha Corp.
Bus 001 Device 002: ID 80ee:0021 VirtualBox USB Tablete
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

$ lsusb -t
/: Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/6p, 5000M
/: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/8p, 480M
|__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Human Interface Device, Driver=usbhid, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 0, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
|__ Port 2: Dev 3, If 3, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
|__ Port 2: Dev 3, If 1, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
|__ Port 2: Dev 3, If 2, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M

音が出る実機では480M(USB2.0)で接続されていることがわかります。

“VirtualBox上のDebian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う方法” の続きを読む