Microsoft Security Essentials

数日前から実験的に、アンチウィルスソフトをマイクロソフト社製のものに変更して使っています。

Microsoft Security Essentials

WindowsXP SP2以降なら無料で使用できます。軽いという評判だったので使ってみたのですが、劇的に軽いかって言われると分からんという感じです。

ただ、検出力は結構高いみたいでキングソフトで検出できなかったものが検出できたり、意外に使えるんじゃない?という印象です。

わざとウィルスが含まれているだろうなと思われるスパムメール満載のメールアーカイブを調べてみたところです。なかなかいい感じで捕まえてくれます。

アンチウィルス系のソフトウェアを使ってない人はちょっと無謀だと思いますので、せめてこういうのを使うことをオススメします。個人情報は一切パソコンに入れてないって場合でもやっぱり最低限の防御でありマナーだと思います。

Website Explorer~サイトの構造から構成ファイルを全て走査して洗い出す秀逸なアプリ

Webサイトの維持管理で、時々思い出したように使うソフトがあります。

Website Explorer

この仕様の充実度と完成度の高さでフリーウェアってのが信じられない位凄いです。トップページのURLを指定して走査させれば、リンクを辿って全ページの構造を分析してくれます。

サイト内のリンク状態と、外部サイトへのリンクを別々に拾い出してくれるので、外部リンクのチェックを後で行なうとリンク切れになっているページも一目瞭然。(長く運営していると閉鎖してしまうサイトもありますからね。)

とにかく真剣にサイトを運営している人にはかなり役立つツールだと思います。HPやブログの運営を行っている人は、だまされたと思って是非一度使ってみてください。便利さにきっと気づく事でしょう。

本当に開発者に感謝です。

テキスト編集ソフト:複数行置換

私はプログラマーじゃないのであんまりエディタにこだわりはないのですが、普段使っているのはK2Editorです。秀丸とか使っている人多いみたいですけど、仕事でガシガシ使う様なことも無いからK2Editorです。

ただ、HTMLソースなどを編集していると、複数行の置換には困ることがあります。複数行に渡る検索をかけてその部分を置換させたいのですが、K2Editorでは一行検索しか対応していないのです。

そんな時にお世話になるのが、ずばり「複数行置換」です。フリーソフトなのがありがたいですね。画面のキャプチャはリンク先にあるので割愛します。

なお、Dreamweaverも複数行置換に対応しているので、腰をすえてHTML編集している時はもちろんDreamweaverの置換機能を使います。「複数行置換」と同様にフォルダ単位で一気に作業することも出来ますし(プレビューが表示されるのでやっぱり安心です)。

HTMLソース以外にも、複数行に渡る検索をして、それを置換するってニーズはあるんじゃないでしょうか?作業するパソコンのスペックにもよりますが、Dreamweaverは重いので特化したツールに頼るのも一案かなと思います。

もちろん作業はCOPYしたファイルで行ないましょう。元ファイルは確保しておくのが基本です。うっかり元ファイルに置換かけて間違えちゃった日には・・・

恐ろしや(((( ;゚д゚)))

そんなウッカリ屋さんはバージョン管理しましょう。
変更後にコミットしてリポジトリに変更を報告しないと意味ありませんがいざという時に助かります。