テリオスキッド(TA-J131G)の燃費低下~気温が下がる季節は工夫しても燃費が伸びないね

中古で購入時は約50,000kmだったテリオスキッドも、2年乗って70,000kmオーバーになりました。私が乗った距離は20,000km以上になった訳です。

購入時からなんとなくやってみようと思って給油の度にトリップメーターと給油量を記録しながら燃費を計算することをやってきました。テリオスキッドには燃費計がついていないので満タン法で累積して行くことで平均燃費を出しています。なぜなら満タン給油とは言っても結構誤差があるからです。累積して平均燃費を算出すると誤差の範囲に収まります。

この冬になって運転の仕方を色々工夫しても燃費が伸びなくなりました。概ね心当たりはあるのですが、記録して来た燃費データを根拠に考察してみようと思います。

“テリオスキッド(TA-J131G)の燃費低下~気温が下がる季節は工夫しても燃費が伸びないね” の続きを読む

テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている

エレコムのテンキーレスなコードレスキーボード(TK-FDM105TBK)を職場で使い始めて数ヶ月経過しました。それまで使っていた前モデル(TK-FDM086T)は、一応まだ使えるので宿泊先のデスクトップPC(Linux)で使用しています。よって簡単に操作性の比較が出来ます。

なお、宿泊先では仕事を終えて帰ってきて、晩飯を作って食って、風呂に入って身支度をして、ちょっと空いた時間でPCを使う程度なので使用時間にしては知れています。それでもやはり違和感というか違いには気付かされるものがあります。

まず、キーの動きが改良されているという点です。もちろん前に使っていたものは古くなっているので劣化していることは考慮しての事ですが、もともとこういうガタガタしたキータッチだったのは覚えているので、かなり改良されていると評価出来ます。

そして気になるのはキーボード底面の滑りです。仕事先では気になることはありませんが、前モデルを使っていると机の上で少しずつ滑っていくのがプチストレスです。仕事中にそういう違和感は全く感じないのでここも改良されていると気づきます。

キートップの印刷は強化されていると感じます。前モデルは2台使いましたが一ヶ月もしない内に印刷が薄れてきてました。今職場で使っている(TK-FDM105TBK)についても、キートップの印刷が薄れる傾向は少し現れて来てますが、改良されただけあってまだ大丈夫です。仕事がらPC操作は多いのでかなり打ち込んでます。

“テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている” の続きを読む

debian Buster環境でHDMIキャプチャー・USBアダプターを使ってみる〜何もしなくても認識した(MiraBox Capture)

Twitterのタイムラインに流れてきていたShuOne HDビデオキャプチャーアダプタ「ポー」を試しに買ってみることにしました。「ポー」のステッカーがシュールでちょっとした買い物まつりになっていて面白かったというのも理由ですが、私の場合は純粋にHDMI映像と音声をキャプチャしたい、しかもLinux環境で動作させたい(試したい)と言う目的があったからです。送料込みで999円だったのも理由かな。

当方ではお約束のdebian GNU/Linux(Buster)xfceフレーバーに接続してみました。とりあえずdmesgで認識状態を確認してみます。

sasapurin@debian:~$ sudo dmesg [ 182.652603] usb 3-1: new full-speed USB device number 3 using uhci_hcd [ 183.025430] usb 3-1: config 1 has an invalid descriptor of length 0, skipping remainder of the config [ 183.025433] usb 3-1: config 1 has 2 interfaces, different from the descriptor's value: 5 [ 183.040426] usb 3-1: New USB device found, idVendor=534d, idProduct=2109, bcdDevice=21.00 [ 183.040429] usb 3-1: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0 [ 183.040431] usb 3-1: Product: MiraBox Capture [ 183.040433] usb 3-1: Manufacturer: MACROSILICON [ 183.066801] media: Linux media interface: v0.10 [ 183.077898] videodev: Linux video capture interface: v2.00 [ 183.098472] uvcvideo: Found UVC 1.00 device MiraBox Capture (534d:2109) [ 183.106744] usbcore: registered new interface driver uvcvideo [ 183.106745] USB Video Class driver (1.1.1)
Code language: PHP (php)

どうやら、MiraBox Captureという製品名らしく同じ名前でvideodv:uvcvideoとして認識している様です。Linux media interface v0.10、ManufactrurerはMACROSILICON。

“debian Buster環境でHDMIキャプチャー・USBアダプターを使ってみる〜何もしなくても認識した(MiraBox Capture)” の続きを読む