マツダキャロル(HB24S)~ステアリングホイールをレザータイプに交換(スズキ純正を流用)

以前、私の親の車にドライブレコーダーを装着してあげたのですが、その後、メイン通りを走行中に細い側道から不停止の車両に突っ込まれて側面に衝突される事故に遭遇しました。

ドライブレコーダーには、事故の直前と、衝撃によって車体が横に飛ばされる映像が記録されていました。

車両の損傷以外は影響が無く(人身ではないので)不幸中の幸いだったのですが、走行中の事故は10:0にはなることは無いらしく、明らかに不停止で突っ込んだ車両の過失だと分かっていても事故責任というか保険割合は9:1なのだそうです。

結局修理に10万弱の出費が必要だったとか・・・車両保険ではないので自腹なのは理解できても、それは相手側の保険屋が負担すべきなのでは?と普通に思ってしまいます。どうやら違うらしいです。

私自身も親から状況を聞いたけどイマイチよくわからなかったところ、ドライブレコーダーの映像を見て100%突っ込んできた車が悪いと理解できました。事故の状況が記録されるメリットは第三者に伝える意味でも有効です。ドライブレコーダーはもはや必須アイテムですね。それでも保険屋は出し渋りますからね。保険に入らないと怖くて車なんか運転できないけど、実際の事故経験者からの話を聞くと保険という仕組み自体がえげつないなと思いますよ。

ステアリング交換

さて、今日はマツダ・キャロル(HB24S)のステアリング交換について記します。

きっかけはテリオスキッドで実家を訪れた際、母親が二階の窓から見下ろした時目ざとくウッド&レザーにな交換している点に気づいたらしく、「あんたのハンドル持ちやすそうでええな」と言い出した事です。

そこから、純正ステアリング(ウレタン)は滑るし、ポロポロとカスが出てくるし、湿気が多いとベタつくという話になり、調べてみて可能なら革巻きに交換してやろうか?という話になった次第です。

“マツダキャロル(HB24S)~ステアリングホイールをレザータイプに交換(スズキ純正を流用)” の続きを読む

テリオスキッドのメンテナンス~スペアタイヤ保護カバー交換(175/80R15)サイズは選択肢が少ない

テリオスキッドのスペアタイヤカバーを交換しました。中古車なので最初からカバーは装着されていたのですが、経年劣化で色あせているし、硬化してしまって破れも生じているのでリフレッシュします。

カバーを外してみたところタイヤは非常にきれいでした。このままむき出しの方が見た目的にはシンプルで好きなのですが、当然ながら汚れるしタイヤのゴムが太陽の紫外線で劣化(硬化)するので、基本に忠実にカバーはかけておきたいと思います。

トレッド面のマークがキレイに残っているので一度も使ってないと思われます。ゴムの硬化も起きていない様なので、スペアタイヤカバーの効果が実感できる一面です。タイヤトラブルが起こらなければ出番のないものですからね。

“テリオスキッドのメンテナンス~スペアタイヤ保護カバー交換(175/80R15)サイズは選択肢が少ない” の続きを読む

テリオスキッド(TA-J131G)の燃費~2WD MTならそこそこ稼げるみたいなのでデータを残す

中古購入から600kmちょい走ったので、二回目の給油をしました。徐々にこの車のエンジン特性と駆動系のロスの感覚が分かって来つつあるので、もう少し引き出せそうな気がします。

あくまでも簡易な満タン法でデータを取るので、正確な計測は行わず給油時にトリップメーターをゼロにして走行距離と給油量をメモするだけです。

燃費計測データ

給油する度に少しずつ追記していきます。買い物に出たりと市街地走行パターンが増えてバラついて来たので燃費18KM/Lはなかなか実現しそうにないですが、コツコツデータとしてまとめてみます。

考察

今の所ざっくりと計算して17.7KM/Lが最高なので、使い勝手(走行ルートと時間帯)によって、15~17KM/L位は走ると言う事がわかりました。

ただ、いずれも高速道路一部を使っているので燃費は良くなりましが、当然ながら信号機の多い市街地を流れが悪い昼間走ると燃費はかなり落ちます。

私の用途では、週末の夜間帯に高知市~四万十市の移動をメインとするので、とりあえず15KM/Lキープは狙い通りです。燃費が悪いと言われるテリオスキッドにしては上々でしょう。

というのも、テリオスキッドはこの車の前に会社から借りていたインタークーラー付の4WD/ATで一年ほど行き来していたのですが、大人しく乗っても13KM/L程度の燃費でした。

余計なことをしない比較的優秀なATフィーリングだったので気に入ってはいたのですが、正直言って燃費は良くありませんでした。テリオスキッドのタンクは40Lらしいので消費が35L程度(430KM以上走行)から燃料残量警告が点滅して夜中の走行(GSが閉店している)ではナーバスになります。

私が手に入れたテリオスキッドはインタークーラーナシ、2WD/MTなので乗り方で2~3KM/Lは稼げるだろうと思っていたので読み通りです。

高知市~四万十市が片道104KM程度。燃費13KM/Lの場合、2往復で104×4=416KM程になるので、足代わりに使えるのは20KM程度が安全圏内です。それ以上走ると点滅して気になります。しかし燃費16KM/L走ってくれるなら、2往復してもまだまだ余裕があるので買い物に使っても余裕があり、決まったペースで余裕を持って給油出来ます。四万十市よりも高知市の方がガソリンの単価は3円ほど安いですし。

私の場合は夜移動するので、途中でガス欠モードに近付くと田舎道には営業しているガソリンスタンドが無くてヒヤヒヤものです。一度10L携行缶を持ってどこまで走れるかガス欠するまで走らせてみたい気もします。

MTの場合、いざという時は本当にシビアなケチケチ運転で距離を稼ぐ事も出来るので、エンジン特性を読み、上手く場面に当てはめつつ、スムーズに走らせる事で微妙な所を狙えます。早くエンジン特性を読んで、上手く操り普通に乗って18KM/Lを実現してみたいものです。慣れれば可能ではないかな?と思ってます。

燃費を稼ぐにはもちろん道路をスムーズに走らせて少しずつのロスを減らすのも重要です。無駄なブレーキを踏まない(車間距離を開ける)のは基本中の基本ですね。

当分、無駄なく上手く走らせる事を意識して退屈な通勤時間を有意義に使えそうです。まだまだこの車のことはわからない事だらけです。

もちろん軽量化すればより楽に稼げると思うのですが(後部座席を外すとか)、実用性が下がるのでそれは保留しておきます。MT車は元気良く走らせたり、大人しく(セコく)走らせたり、乗り手の癖によっても燃費がかなり変わるので面白いですね。退屈で義務的な通勤も少しは楽しめるようになりました。