自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善

ずっと懸案事項ではあったのですが、自宅のWi-Fi(無線LAN)環境に不満がありました。そしてついに年末年始のネット激遅状態に嫌気がさして、少しでも改善させるべくWi-Fi機器を更新することにしました。

リモートのサーバーとセッションが切れる(自動処理させているのが止まる)事に我慢の限界が来てしまいました。

我が家の場合は1階にインターネット回線を引き込んでいるので、

  1. NTT ONU
  2. YAMAHA RT-57i
  3. BUFFALO WCA-G

この三台構成で宅内に無線LANの電波を飛ばしてコードレスで使用しています。

なんとかごまかしながら使ってきたのですが、どうしても2階の部屋に置いているデスクトップPCのネット接続の問題(電波が弱い)が後回しになっています。

一応、対策としては、いわゆるUSB Wi-Fi子機I-O DATA WN-G300UA(高感度無線LANアダプター)を使ってデスクトップPCでもWi-Fi接続で使ってしのいできましたが、元々のネット接続が遅いので快適とは程遠いです。デスクトップPCでは集中して作業するので無線LAN接続は少しでも状態良く使用したいと考えました。

長年使ってきた無線LAN親機(BUFFALO WCA-G)はトラブルも無く動作してくれ、ワンルーム等のコンパクトな環境においてはお手軽で気に入っていたのですが、二階建ての家屋では電波が弱くなり不安定な状態が実情です。

有線LANケーブルを自由に敷設出来ない住宅環境においてはどうしても無線LANに頼らざるを得ません。借家という理由もあり勝手に壁や床に穴をあけて配線するわけに行きませんので。

Wi-Fi親機をハイパワーモデルに変更

BUFFALO WCA-Gでは力不足と判断してハイパワーモデルを使用することにしました。ここでいっそのことハイエンドなものに切り替えることも考えたのですが、2階の部屋でデスクトップPCを使う頻度はさほど高くないことや、高速モデルを購入してもインターネット接続(プロバイダー)が遅いことから、高速なWi-Fi機器を無理して買ってもほぼ無意味と考えると、見返りの期待できない投資をするのはやめようと言う判断になりました。

“自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善” の続きを読む

インパクトドライバをドリルとして使ってみた~回転数を抑え気味にしインパクト動作させなければ使える

インパクトドライバを買おうか、ドリルを買おうか迷った末、インパクトドライバを買ったのですが、緊急にドリルを使いたくなったので、ダメ元でドリル刃を買う事にしました。

近所のダイソーで調達しようと足を運んでみたところ、差し込みが6角になっているドリル刃も販売されていたので、最悪折れることを覚悟の上で買ってきました。ダイソー素晴らしいぞ。

一般的なドリル刃と違って、差し込みが下写真の様な六角形の形状をしているのでそのドリルチャックを使わなくてもそのまま差し込んで使えます。これはありがたい。

今回の用途としては古くなった木材に無作為に沢山穴をあけるので、細かい精度は要りません。ドリル刃に耐久性があって折れずに穴が開けばそれでOKというレベルです。

だめならハンドドリル(手回し)でやればいいやと、ダイソーで108円ですしダメ元で買ってみたところ、インパクトドライバでもドリルとして使用することは不可能ではありませんでした。

インパクト機能の作動に気をつける

注意点としては

  • トルクをかけすぎないこと(カタカタとインパクト作動する)
  • 高速回転を続けない(連続稼働でモーターが発熱する)

これにつきます。

実際にやってもみたので言えることですが、ドリル刃の根本付近までの深い穴を開ける際には、時々ドリルを抜いて木くずを穴から出してやり、何度かに分けてドリル刃をねじ込むことで深い穴も開けられると分かりました。

インパクトドライバも休ませて(冷まして)やります。

横着をして一気に深い開けようとするとドリル刃の摩擦でトルクが必要になり、カタカタとインパクト動作を行います。この動作を続けると間違いなく衝撃でドリル刃が折れるので、インパクト動作を始めたらいったんドリル刃を抜いて、木くずを穴から出して摩擦を減らしてやりましょう。

つまり大きな穴を開ける用途には向いていないというか摩擦が大きいので無理があります。ドリル刃を駄目にしても諦めがつくならチャレンジしてみる価値はあるかも知れませんが、私は薄い板に開ける程度に止めようと思っています。

“インパクトドライバをドリルとして使ってみた~回転数を抑え気味にしインパクト動作させなければ使える” の続きを読む

IRIS OHYAMA E17 LED電球(LDA4L-H-E17-v6)~ようやく試せる金額まで降りてきた

我が家でしようされている照明器具、電球の口金サイズは多くがE17という小型のものを使用しています。一般的なE26サイズをあまり使ってないのでコスパが悪く普及したE26型LED電球が使用できなくて何箇所かは器具を交換しました。

後回しにしていたトイレの電球はやはりE17ですが、たまたまホムセンのワゴンセールで500円で販売されていたので、一つ買ってみる事にしました。アイリスオーヤマの製品です。E26型のLED電球も初めて買った時は700円位で買った記憶があります。

元々使用されていた電球はレフ型電球でした。

口金(ソケット)のサイズはE17なので当然同じです。電球の全面のサイズが全然違いますが、LED電球の光は広がりにくいのでそれ自体がレフ型電球の様な特性を持っていると思って良いでしょう。

早速トイレの天井から真下向けに取り付けられている器具に換装してみました。

“IRIS OHYAMA E17 LED電球(LDA4L-H-E17-v6)~ようやく試せる金額まで降りてきた” の続きを読む