自宅インターネット接続のISPを変更~ASAHIネットに変更したら光回線の遅さが改善された(高知市)

先日、自宅のインターネット回線「So-net」が遅い&契約更新月のため、この度「ASAHIネット」に変更するという事を日記に記しました。

ASAHIネットの対応が早かった

日曜日に電話で問い合わせたところ、オペレーターが手続きの概要をさくっと説明してくれました。フレッツ光の仕組みが色々ややこしいので要点しか理解していませんが、どうやらフレッツ光回線の契約元が「NTT」から「ASAHIネット」に変更になるため、承認手続き(電話確認)が必要となるらしいです。

電話で説明された内容によると、後日、NTTから確認の電話がかかって来るということを予め教えてくれました。その日の内にネットから変更の申し込みを済ませました。

案の定、火曜日にNTTから電話があり、ISP変更の意思、契約者や住所の確認があっただけで用件は終わりました。ISP変更でも回線の契約が変更になる場合はいちいち確認するんですね。

そして郵便物がASAHIネットから届きました。今日は木曜日なので届くのが非常に早かったと感じています。A4用紙を折らずに入れたサイズの薄い封筒がポストに入っていました。配達記録郵便ではなく料金後納郵便で届いた様です。

  • ID・パスワード発行のお知らせ
  • 接続設定ガイド(7ページの薄いカラー印刷冊子)
  • 規約
  • お友達紹介案内
  • アップグレードオプションのご案内

封筒に入っていたものはこれだけ。

必要以上にお金をかけていなくて好感が持てます。自分で言うのもなんですが素人じゃないので必要な情報だけ送って貰えれば良いです。私としては郵送じゃなくメールでも十分事足ります。

取り急ぎ必要なのは接続に必要な「ID」と「パスワード」だけなので、ルーターにIDとパスワードを設定するだけ。数分でSo-netからASAHIネットに接続変更が終わりました。もう使わないとは思いますが一応So-netの設定はルーターのコンフィグバックアップでファイルに書き出したので万一の場合は直ぐに戻せます。1分程度で再起動が終わるのでお手軽でした。

過度な期待はしてなかったが

フレッツの速度診断はIPv6とか面倒くさいこともあり、しっかりと診断して無かった為、ネットが遅い原因がNTTの回線部分にあるのか、ISP側にあるのかは特定していません。

今回は正確な数値としては情報を残せていないのですが、Radishで簡易測定した結果は数値的にも改善ありです。上り回線の速度は元々問題視していませんでしたから、下り回線の速度UPは嬉しい限りです。

f:id:sasapurin:20170309224044p:plain

数値だけでなく体感的にも改善されたことは実感出来ており、スマートフォンの操作レスポンスが向上、PCでのファイル転送(ダウンロード)速度は倍位の速度は出ている感じです。

もちろんベストエフォートなので日によって状況は違いますし、時間帯によっても変化します。それでもこの魔の時間帯(平日22時過ぎ)でもそれなりの速度を維持出来ているので、今回のISP引っ越しは正解の様です。なにしろ月額利用料が安くなって(12ヶ月間無料だし)速度の遅さも改善されたのですから大成功です。

プロバイダーメールは一応設定しておく

プロバイダメールは「お知らせ」とか「規約の変更」などの通知が来る可能性があるので一応メーラーに設定して置こうと思っています。設定情報は送付されてきた「ID・パスワード発行のお知らせ」に記されています。

日常的には長年使い続けているマイドメインのメールとGmailを使っているので今更プロバイダメールは要らないのですが。

マイドメイン+レンタルサーバーを勧めておく

一般的にはプロバイダーメールを使用すると思いますが、家族用にメールアドレスを増やすことを考えると、追加料金(ASAHIネットの場合200円+200円/月)もかかりますし、ISPを変更するとメールアドレスも変更になるので、個人的にはマイドメイン(1,500円程度/年間)をオススメしておきます。メールも使えるレンタルサーバーを借りればトータルでメリットありです。

試算

プロバイダメール

メールアドレス1つ追加するのに、初期費用200円、毎月200円ですから年間で計算すると、200+200✕12ヶ月=2,600円

マイドメイン+レンタルサーバ

  • マイドメイン:初年度(100円位)、次年度から(1,500円位)
  • レンタルサーバ:初期費用(1,500円)、毎月(100円)✕12ヶ月=2,700円
  • 2年目からは、ドメイン更新(1,500円位)+毎月(100円)✕12ヶ月=2,900円

メールアドレスは安いレンタルサーバーでも20個位は作れますので、メールアドレスを2つ以上追加したいと計画しているなら、予めこの方法の方が安く付きますね。1つ追加ならコスト的に微妙なのでニーズに応じて選ぶ事になると思います。

マイドメイン

私も「sasapurin.com」というドメインを長年使用していますが、自分専用のドメインの利用権を獲得しておくと、年払いで延長して使用出来るので、ISPを変更してもメールアドレスを変更せずに使い続けられるというメリットがあります。

また、就活でIT系を希望する場合など、最近ではメールアドレスを書くことが当たり前になっている様ですが、フリーメールやISPのメールを使用するよりも、素人っぽさを隠すことが出来ると言われています。

TLD(.com、.netなど)にこだわりが無ければ、キャンペーンを活用して初年度は100円程度から始められます。 逆に言えば一年だけの使い捨てという用途も可能です。でもドメインは長く使えるものの方が愛着もあってオススメだと思います。

個人的にはムームードメインが後述のロリポップと連携が容易なので初心者さんにはオススメです。お名前.comとかもありだと思いますがドメインだけでは何も出来ないので、サーバーとの連携を考えた方が良いですね。

DNSの知識がある人は、バリュードメインもオススメです。バリュードメインにはDNSレコードを自分で管理(操作)出来る機能が付いて来るので活用出来る人にはメリットです。私はDNS機能が気に入ってバリュードメインを長年使っています。

レンタルサーバー

メールサービスメインなら「エコノミープラン(100円)」か「ライトプラン(250円~)」で十分でしょう。マイドメインさえあれば月額100円から始められます。ホームページ領域もあるので、情報発信やプロフィール公開、メールに添付するには大きすぎるファイルの転送等にも使えると思います。

プランによって作れるメールアドレスの数に上限があったりするので用途に合わせて選びましょう。

その他の選択肢

レンタルサーバーは各社あり

ムームードメインロリポップ・レンタルサーバー以外にも沢山の選択肢はあるので、自分に合うレンタルサーバーを選ぶことが先々の為には良いですね。

ドメインはどこで取得してもレンタルサーバーを借りた所で適切に設定すれば使い続けられます。それにドメインの更新は年単位なので一度取得したら滅多にいじらないです。

反面、レンタルサーバー機能は頻繁に触れることになりますので、使い勝手やサポートを重視した方が良いと思います。初心者には電話サポートは心強いでしょうね。

私の場合は一応「インフラ屋」なので、マニュアルさえ整備してくれていればどこでも良いです。安定して動いてくれるサーバーが一番だと思っています。電話サポートは別に要らないです(メールサポートで十分)。その分安くしてくれた方が良いです。

お友達紹介キャンペーン

先日記した記事に、ASAHIネット申込時にネットで検索してお友達コードを入手して申告したと記しました。周囲にASAHIネットを使っている知人は居ないのでネットで検索した利用者のコードを使った訳です。

今回、はれて私もASAHIネットユーザーになったので、お友達紹介コードをゲットしました。

UI4S-SSK(ui4s-ssk)

もしこの記事を読んで、ASAHIネットを選んだ方で、申し込みする際に紹介コードを持っていない人がいらっしゃいましたら、上記コードを使って頂ければ、優待で申し込み出来るし、私も嬉しいですし、ASAHIネットも会員数が増えるのでWin-Win-Winだと思います。よろしくお願いします。

最後に

ちょっと脱線しましたが、ISPの乗り換えでインターネット接続の速度が改善され、魔の時間帯でもそこそこ使える速度を維持してくれる様になったので満足しています。当分様子見は必要でしょうが、ネットでリサーチしたとおり、「高知市So-netは遅い」というのはやっぱり本当だったみたいです。

参考までにここにも記しておくと、インターネット回線があまりにも遅い日が続いたので、So-netにはその旨申し入れした事もあるのですが調査も何もしてくれませんでした。回答としては「ベストエフォートですから」の一言で済まされました。

心残りとしては、「OCN」にしたらもっと速度が改善されたかも知れない・・というところです。ISPの違いで速度に差が出るのであれば「OCN」なら・・・という気持ちがあります。でも「OCN」はイマイチ誠意が感じられないので、よほどの事がない限りはASAHIネットさんにお世話になろうと思います。12ヶ月無料キャンペーンとか頑張ってくれていますし!

追記(メモ)

開通から二日後に別郵便で、ASAHIネットから書類が届きました。「契約内容のご案内」というタイトルです。利用プランの名称や決済方法が記されています。

今回、一番重要な「光 with フレッツ西日本ホーム乗り換えキャンペーン」についても記されており、

実施期間:2017年3月1日から2017年3月31日

開通期限:2017年9月30日

特典開通月無料11ヶ月間月額利用料から780円割引

適用条件:上記申し込み期間にお申込みいただき、開通期限までにご利用を開始いただくこと。

と明記されています。

既にSo-net(今月末まで利用期間になっていますが)の利用を止めて、ASAHIネットにルーターの設定を切り替えたので条件はクリアしました。これで12ヶ月間無料で使用出来るので来年の3月から支払い開始という事になります。

なお、ASAHIネットはキャンペーン定期的に行っているので、焦らずとも大丈夫そうです。最近は利用期間縛りの料金プランが他社でも一般的なので、契約更新月をしっかり確認して無駄な違約金を支払わずに良いISPと出会えると良いですね。

追記(2019年8月17日)

現在もASAHIネットを高知市内で使用していますが、切り替えた当時と同じ位の速度で安定しています。時々、魔の時間帯(夜21時以降)に遅くなることがありますが、それでも許容できる速度(So-netを使っていた頃の速度は話にならない・・)は維持しているので使用する上でさほど問題はありません。

なお、切り替えた当初からの変更としてはIPv6接続有効にしている点です。時間帯にもよって落ち込むこともありますが全体的に回線速度がアップしました。

ルーターのIPv6パススルーONにして、PCはIPv6を有効にしておけば後は通常通りに使えます(Windowsは標準で有効です)。最近のスマートフォンもIPv6には対応しているのでルーターの設定でIPv6を通す様にしておけばそれだけで迂回してくれます。詳しくは記さないのでルーターを購入する際に店員に相談するか、メーカーに問い合わせて下さい。機種によってはプロバイダ(ASAHIネット)の電話窓口でもサポートしても貰えるかも知れません。

正直なところ高知市内でマイナーなISPを選択することはちょっとした裏技なので、ASAHIネットユーザーは増えて欲しくないという気持ちもありますが、弱小ブログゆえこの記事を読んで加入する人も極々限られると思います。なので同じネットユーザーとして使い物にならない程遅い回線で悩まされている人は参考にしていただければと思ってます。Radishのデータベースを参考にすると良いでしょう。

RADISHの計測データ情報によると、高知市内で速度を求めるならSTNetピカラがやはり快適そうです。ウチの回線もフレッツ光回線としては極端に遅くはない方だと思いますが、ピカラは桁違いに速いです。やはり契約者数の差が大きくフレッツ光ではネットワーク帯域の奪い合いとなっているからでしょう。

我が家では引っ越して来たタイミングで地域的にピカラが対応してなかったのでフレッツ光回線を選択しましたが、あと数ヶ月早くピカラが対応してくれていれば・・悔やまれます。

上図で一番目を引くのは、ドコモ光(BIGLOBE)の異常な遅さです。もちろん地域的な要素はありますが、これだけ遅いと使い物にならないと思います。フレッツ光って詐欺に近い(ベストエフォートという言い訳)ですね・・

NTTが設備投資もろくにせずにドコモ光コラボとかで契約者数を増やしすぎたのが原因だと思います。こういうのは社会問題になっても良さそうだし、総務省も行政指導すべきだと思うんですけどね。宣伝に偽りありだ(実情を伝えていない)と思います。

個人的におすすめしときます

先のことは保証できませんが、今現在、高知市内で新規にネット回線を契約するならピカラを選択するのが賢い選択だと思います。インターネット回線を新規契約しようと思っている人はリサーチしてみて下さい。

我が家でも極端な速度低下が見えてきたら、もうフレッツ光に見切りをつけてピカラに変更しようと思っています。私の実家では、オカンがピカラの営業電話で上手く言われて乗り換えちゃったらしいのですが、結果的に快適になったそうです(怪我の功名とでも言っておきましょう)。

もはや動画コンテンツが当たり前になっている現状、ハズレなネット回線を契約するとお金を捨てる様なものです。高知市内であればピカラも検討してみる事をおすすめします。



One Reply to “自宅インターネット接続のISPを変更~ASAHIネットに変更したら光回線の遅さが改善された(高知市)”

コメントを残す