高知新聞に掲載された「街のたばこ屋さんは今」という記事~新聞をスキャンしGimpで貼り合わせ

高知市内には手巻きタバコを積極的に取り扱っているお店が3店舗ある事は把握していて過去記事でも紹介していますが、先日(2018年8月4日)の高知新聞夕刊の一面に「街のたばこ屋さんは今」という記事が掲載されたので今回のネタにしてみます。

せっかくなので新聞記事をフラットベッドスキャナーでスキャニングして画像合成してみました。うちのスキャナーは古いので普段使っているWindows 10パソコンでは動作せず、Ubuntuを使ってスキャニング作業を行いました。Ubuntuならではお手軽に画像化出来ました。古いスキャナーを使っている方は試してみると良いでしょう。(スキャナーを持ってない人はハードオフ等で格安ゲットして来る手もありますね)

合成画像

せっかくなので画面合成して一面をまるごとデジタルデータ化してみました。もちろん解像度は落とさずに、Gimp形式で作業しているので画質の劣化は最小限にとどめています。

新聞のサイズは広いので、部分部分に分割しながらフラットベッドスキャナーでスキャニングしました。Gimpではそれらの画像を並べてつなぎ合わせていきます。今回は上段・中段・下段を左右(計6枚)の画像(レイヤー)の位置と角度(若干斜めになっている)を調整して合わせる作業になりました。

“高知新聞に掲載された「街のたばこ屋さんは今」という記事~新聞をスキャンしGimpで貼り合わせ” の続きを読む

タバコの香りを愉しむ喫煙方法(鼻腔喫煙)を紹介~究極のお手軽クールスモーキング

最近ほとんど時間が取れないので、久しぶりのブログ記事投稿です。

職場の喫煙ルームで喫煙していた時、同僚から「美味そうに吸うね~♪」と言われて初めて自覚したのですが、パイプタバコを喫煙する様になってから、口腔喫煙に切り替えて、無意識に喫煙の仕方が変わっていた様です。

私の喫煙目的は「リラクゼーション」が第一なので、

  • お気に入りの香りを嗅ぐ
  • ゆっくりと喫煙(煙)を愉しむ

という所に最も重点を置いています。

この方法がベストとは言えませんが、口腔喫煙は苦手という人で、更に鼻抜きができない人にも簡単にできる喫煙方法、名付けて「鼻腔喫煙」を紹介しておきます。タバコの香りを愉しむ方法として試していただきたいです。

必要なもの

  • お気に入りのタバコ
  • 空気の動きが少ない部屋

“タバコの香りを愉しむ喫煙方法(鼻腔喫煙)を紹介~究極のお手軽クールスモーキング” の続きを読む

クールスモーキングの助けをする喫煙具を使う~満足度の高い喫煙はたばこの消費量を減らす

私自身はヘビースモーカーではなく、むしろライト系のスモーカーですが、それでも喫煙スキルが上がるにつれて一日に消費するタバコの本数が減っていますので、この理屈はヘビースモーカーにも共通すると思います。

なぜ断言するかと言うと、知り合いに一日に2~3箱のシガレットを当たり前に消費していた人がいます。その人とは手巻き煙草を体験するイベントで知り合ったのですが、手巻きタバコに切り替えたことを機会に煙草の銘柄、喫煙の方法(口腔喫煙)を自分で試行錯誤して、口腔喫煙&クールスモーキングを身に着け、煙草の本数が半分以下になったと言ってました。

そしてその人が言っていた事は、

「煙草の香りと味わいの違いが凄く分かるようになった」

「今までのタバコは何だったんだろう?」

ということです。私もこれは喫煙スキルの向上と共に実感しているので、全くの同意です。喫煙者に対して自分の喫煙スタイルに疑問や迷いを感じているのであれば、この記事が参考になる事を願って記しています。

喫煙本数を減らしたいなら

構成など考えず思いつきで記しているので整理は出来ていませんが、いくつかの項目に分類しながら記しておきます。なんとなく気分でたばこを消費してしまっている人は、ちょっとタバコとのスタンスを変えるだけで、消費量も減らせると思いますので、ぜひ参考にして下さい。

“クールスモーキングの助けをする喫煙具を使う~満足度の高い喫煙はたばこの消費量を減らす” の続きを読む