腕時計のベルトを迷彩柄に新調する~腕時計のベルトを交換する人って少ないんですが好みのベルトに交換すると凄く愛着がわきますよ

社会人になった時からずっと腕時計は身につけている方なのですが、ダイバーズウォッチとナイロンストラップの組み合わせで使う様になってからそろそろ10年位になると思います。ナイロンストラップももう何本目だろう?

NATOタイプは工具ナシで脱着出来るので手軽に洗って乾かすだけというお手軽さが気に入っています。気に入って使用しているNATOタイプのナイロンストラップ(ジェームズ・ボンド)は二本目ですが、ずっと使い続けているので流石に傷んできました。

という訳でストラップを新調する事にしました。まぁ新調とは言ってもこれはこれで綺麗に洗ってからまだ使いますけどね。カラーバリエーションを持っていれば着せ替えっぽくストラップを交換出来るのが便利です。洗った時の予備にもなりますし。

もちろんメタル(金属)アレルギーの人にもオススメです。汗かきな人はストラップが湿るのでちょっと薦めにくいですけど、カラーバリエーションを使い分ければオンとオフを切り替えられて便利です。ジャブジャブ洗えるので清潔さも保てますし。

今回、私は迷いましたが少し冒険気味に迷彩(ウッドランドタイプ6)を選ぶことにしました。ずっとストライプを使ってきたので変更してみようかなと。





1つ使ってみて気に入れば追加でオーダーすると着せ替え的に使えて便利だと思います。私はまだ楽天に出店する前(ヤフオク)からクロノワールドを利用していますので同店ではリピート買いです。少し高いですが品質は良いです。

きせかえ的に使うものは安さ優先で購入することもあります。その場合はお店は特に決めてません。安いものは海外の工場で製造していてちょっと縫製が悪いとかありますけど割り切りも必要ですね。

なお、ストラップには幅が18mm、20mm、22mmなどと時計のサイズによって違いがありますので、手持ちの時計のベルトの幅(取り付けバネ棒の辺り)を測っておく必要があります。注文する際はベルト幅に注意して下さい。

ショップによっては購入する人向けに、「初めてキット」を無料でプレゼントしてくれたりするので、メタルや皮ベルトを外してナイロンストラップにする事が自分で出来る便利な工具が手に入ることもあります。安さ重視で選ぶのも良いですが便利な工具もセットで手に入れてしまうのも一案です。

交換手順がわかる動画もあるので興味のある人はリンク先をチェックして見て下さい。

One Reply to “腕時計のベルトを迷彩柄に新調する~腕時計のベルトを交換する人って少ないんですが好みのベルトに交換すると凄く愛着がわきますよ”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください