Ubuntu 14.04なかなか快適です~Windowsパソコンじゃなくても通常使用は問題ない事を再認識した

サブノートパソコンのHDDをSSDに換装して、OSをWindows 7からUbuntu 14.04 LTSに変更してからそろそろ一週間です。SSDの効果は大きく、普通に動いてくれるので古いノートPCでも快適です。もちろんWindows 7という肥大しまくったOSを捨てた効果もありです。

ちょっとしたユーティリティーソフトは、Windows版のフリーウェアとかが小回りが効いているので、いざとなればWine環境で動かせば良いだろうと思っていましたが、今のところWineの出番なしです。Ubuntuで使用できるアプリで十分間に合っています。

“Ubuntu 14.04なかなか快適です~Windowsパソコンじゃなくても通常使用は問題ない事を再認識した” の続きを読む

パソコンが遅くて遅くてもう限界~自宅のWindows7パソコンが遅すぎるのでUbuntuに鞍替えしました

自宅では愛着のある古いノートパソコンをまだ使い続けています。

この機種はハードディスクが当初から遅いこともありますし、さすがに旧型ですからWindows 7で使用するには無理がある位に遅くて、超イライラするので改善することにしました。最近になってやたらとWindows 7が遅くなったと思うのですが、Windows 10を発売した事と関係があるのでしょうかね(わざと遅くさせて移行させようという魂胆か?)

まぁ改善と言っても、パソコン(本体)はキーボードも打ちやすいし気に入っているので、Windows 7を捨ててOSをLinuxに変更するので使い勝手としては結構な変化になります。

Linuxはディストリビューションが沢山あるので好みで選べるのが良いです。比較的軽いものをいくつか検証してみたのですが私のノートパソコンにはUbuntuが相性が良いので、Ubuntu 14.04 LTSを使うことにしました。安定定期に目的を果たすことが理想なので敢えて最新版は使いません。LTSで長く使えるのが良いです。

アプリを使って何かを作ったりするのが目的なので、いちいちOSを更新する手間と等はかけたく有りません。OSは基本機能を安定して提供してくれたら良いと私は思っていますし、そういうOSを選びたいです。

比較的新しいUbuntuはUnityが重いという懸念もありましたが、実際のところは肥大したWindows 7に比べれば、よほど現実的なレスポンスで仕事をしてくれるので全く問題ありません。これならしばらく頑張って貰えそうですし、これを機会にHDDからSSDに換装しようと思っています。(おそらく劇的に快適な環境が得られると思います)

“パソコンが遅くて遅くてもう限界~自宅のWindows7パソコンが遅すぎるのでUbuntuに鞍替えしました” の続きを読む

ネットワークのお仕事道具-その2

LANケーブルへのRJ-45コネクタ取付加工。これはCAT5までなら特別難しい作業ではありません。CAT6からはちょっとめんどくさいので手先の器用さが必要になりますけどね。いずれにしても現時点CAT6を使う必要性はそれほど無いのでCAT5で充分だと思っています。(ケーブル引き直しが大変なところだけは、将来の為にCAT6で引いておくというのもありえますが)

圧着工具は先のエントリーで記したので、次はテスターです。テスターもピンキリで、ケーブルの特性(性能)まで計測出来るアナライザまであるのですが、多くの場合それほどシビアな用途では無いので、線の順番を間違えていないかどうか?と、接触不良が無いかどうか?を検査出来るテスターが良いですね。

それと、仕事柄、ケーブルを天井裏や床下配線してから両端にRJ-45コネクタを取り付けるので、テスターは親子分離型であることが条件ですね。でなければテスターでチェックできませんから。

“ネットワークのお仕事道具-その2” の続きを読む