古いフラットベッドスキャナーがWindows10(64bit)で使えない~USB起動のUbuntuで回避

先日、高知新聞の夕刊に「街のたばこ屋さんは今」という記事が掲載されたので、それをブログのネタとして取り上げようと思っています。

とりあえず新聞の一面をスキャナーで分割して取り込んで、Gimpで合成して一枚画像にしてしまおうと思ったのですが、思わぬ壁が立ちはだかっていました。

今、我が家にあるPCは、Windows 7(64bit)と、Windows 10(64bit)のパソコンしか置いてなく、仕事先の宿舎にUbuntuをインストールしてあるノートパソコンを持っていったまま持ち帰ってません。大失態です。

我が家のフラットベッドスキャナーは、Canon Canoscan N676Uという古い機種なのですが、はっきり言ってそんなに使ってもないし、投資した金額の元を取れているか?となると怪しい位に稼働率の低いデバイスであります。

そんなCanoscan N676UもWindows XP時代のものですから、すでにサポートも切れており、デバイスドライバもメーカーから当時リリースされたVista(32bit版) 以降はドライバが出ていません。つまり64bit版 Windowsでは対応ドライバが配布されていないため絶望的に使用出来ません。

実際、USBケーブルで接続すると新しいデバイスとして検出はされますが適切なドライバが見つからないと拒否られますし、当然GimpのTwainデバイスリストにも現れません。

結論、64bit版WindowsではCanoscan N676Uを使うのは無理そうです。ドライバを自分で作るとかすれば話は別だけど。

Windows10でスキャナーが使えないなら・・Ubuntuに頼る

レガシーデバイスのサポートは、もはやLinuxの方が進んでいるというか、継続的に維持されているというのが私の認識です。Ubuntuはその辺りが非常に便利に出来ているので、今回、Live USB BootのUbuntuで対応することにしました。

幸い日頃持ち歩いているバッグの中に、UbuntuのLiveインストーラーを入れたUSBメモリーが入ってます。自宅へ帰ってくる時もそのバッグを持っているので持って帰って来てました。ライブCD/DVDをいちいち作るのとか面倒なので助かりました。

ノートPCにUSBメモリを挿し込んで起動をUSBメモリーからに指定。動作が遅いですが無事に起動しました。

ライブUbuntuを起動したらアプリの検索から「Scan」と入力するとUbuntuの標準スキャナーアプリが起動します。これで原稿をセットしてスキャンするだけです。ざっくり全体を撮っておいて、後でGimpを使って合成処理をするのでスキャニングは手っ取り早く済ませます。

Ubuntuでの保存場所はとりあえず「ピクチャ」

Live版のUbuntuは起動中だけ有効なストレージ領域が生成されるので、一時的に「ピクチャ」フォルダにpng形式で保存しておいて、ネット接続してクラウドストレージに転送することにしました。jpeg、pdfでも保存出来る様です。

クラウドストレージは、今回はMicrosoft社のOneDriveを使用しました。

Ubuntuで行う作業は

  1. フラットベッドスキャナでスキャンする
  2. Wi-Fi接続する
  3. Webブラウザーでクラウドストレージに接続してスキャン画像を保存する

たったこれだけのことですが重要な作業です。なにしろスキャン画像が撮れないと先に進めません。

現行のWindowsパソコンでは出来ないこと(新しいスキャナーを買えと?・・)をこんな小さなUSBメモリー1個が実現してくれます。本当に助かります。

新しい製品は便利だと錯覚させられてるだけで、実に理不尽なことを強いられている世の中だと思います。少なくとも私は最新のPC(OS)が一番良いなんて評価はしていません。

既に持っているデバイスがメーカーの都合で使えなくなるなんて無駄でしかありませんからね。知識と技術で納得行く様にカバーします。踊らされるのはまっぴらごめんです。

Ubuntuがネット接続できるようにWi-Fi設定をして、OneDriveに転送しました。

これでUbuntuを起動したUSBメモリーは役目終了です。

USBブートで画像編集は流石に動作も遅く効率が悪すぎるので、Ubuntu USBメモリーを取り外して、かみさんが普段使っているWindows10ノートPCにOSを切り替えます。WindowsでもGimpが使用できるから全く問題ありません。

Linux/Windows/MacOSで使用できる「Gimp」は本当に便利な画像編集ソフトだと思います。プライベートで画像編集をする機会があるならPhotoshopよりも断然身につけて置きたいスキルですね。

OneDriveに転送出来たか?手っ取り早くスマートフォンで確認

せっかくスキャンした画像をうまく転送出来てないと二度手間なので、スマートフォン(Android)でOneDriveにアップロードしたスキャン画像を確認します。

無事に開くことができることを確認したので、転送も成功しています。後はGimpさえあれば作業ができるので、ネット接続できるPCで画像をダウンロードして画像合成とレタッチの作業を行う本番です。

最後に

ちょっとの知識があれば、レガシーデバイス(今回使った古いフラットベッドスキャナー)もまだ活躍させられます。買った当時決して安くはなかったデバイスですしそんなに使い込む機会もありませんでしたから、壊れるまで使いたいものです。今の時代でも画質も必要にして十分ですからね。

Linuxは本当に素晴らしいOSSだと思います。Microsoft社はデバイスメーカーとの「しがらみ」もあるとは思いますが、まっとうに考えて、消費者に次々買い替えをさせて負担を強いるのはどうかなと思います。

少なくとも、世界的にシェアを持っているスタンダードなOSが、レガシーデバイスを切り捨てるというのはどうなんだ?と疑問です。ユーザー視点からは不親切極まりないと訴えておきます。そういう部分、私はMicrosoft社を評価していません。

Ubuntuをはじめとした、Linux(OSS)には頑張って欲しいし、こういう便利さ(不便さも勿論あるけど)を選ぶ選択肢があることをここに記しておきます。

追記:Gimpを使って画像合成しました

One Reply to “古いフラットベッドスキャナーがWindows10(64bit)で使えない~USB起動のUbuntuで回避”

コメントを残す