プラチナPreppy:格安万年筆の現行品を買い足し~相変わらず書き味良好で必要十分

お勧め

PLATINUM Preppy万年筆

プラチナの格安万年筆プレピーは、価格から考えれば驚きの書き味で非常にコスパの良い筆記用具だと評価しています。ほとんどの部分がプラスチック製で出来ており、ポイントを押さえたコストダウンにより高い品質と性能を実現している製品だと思います。

ちょっとリサーチしてみたところ、世界で一番売れている万年筆だそうで、世界中に愛用者がいるということが伺い知れます。YouTubeで検索してみたら海外の愛用者が動画をアップしているのも確認出来ました。

万年筆というと高価なものが存在していて、それ自体が嗜好品というかコレクションアイテムというか、気に入ったものを所有したいという人が高価でも買い集めている状況が想像できます。しかしプラチナPreppyは現行品であり、価格も非常に安価ですから、コレクションアイテムという類のものではないと思います。実用品であり消耗品の位置づけでしょう。

その実用品としての品質レベルが高いことから気に入って愛用しているユーザーが多く存在するということです。私もその愛用者の一人です。Preppy万年筆の書き味とコスパの良さが気に入っているので別に非常に高価な万年筆が欲しいという気にはなりません。

何でもいずれ手に入らなくなる

先日、お気に入りのボールペン(uni PowerTank)を買い足して活用しています。仕事で筆記することが増えてきたこともあり、自分の気に入っている筆記用具を使うのはやっぱりイイなと思って、自宅用にPreppy万年筆も買い足す事にしました。

「買い替え」じゃなく「買い足し」なのは、最初に手に入れたPreppy万年筆はまだ健在だからです。格安万年筆だと言っても、プラスチックがひび割れたとか言うことが無ければ、インクカートリッジを交換して何度も使えます。

Preppyについてリサーチしていて、価格が上がってる(値上げ)ということに気づきました。最初に入手したPreppy万年筆は200円だったのですが、300円、400円と値上げになっている様です。材料価格の高騰など時代の変化によって価格も変化して来ている様です。手に入れた時の販売価格が200円で驚いたので、数年経って値上げも納得です。製品の品質を保つためには製造にもコストがかかりますからね。

私はだいたいお気に入りのものを見つけると予備を買い足してストックしておくタイプなのですが、Preppy万年筆については予備を買い足してストックしていませんでした。世に存在する製品というモノは製造が終了して販売されなくなると入手が困難(不可能)になります。

製造が終了する理由は色々あると思いますが、多くの場合は製造コストが見合わなくなったり、ビジネスとして成立しなくなった場合でしょう。工芸品なんかの場合は作れる技術を持った人が高齢で引退した(後継者がいない)なんてこともあると思いますが。

そういう時に備えてストックしておくのが後悔がないものです。結局予備を使わないまま終わってしまうこともありますが、入手難になってジタバタするよりは自分には合っています。

この先いつまでプラチナがPreppy万年筆を製造し販売し続けるかわからないので予備を買っておくことにしました。

型番(品番)が変わった

購入に際して、ペン先のサイズは0.5(M)にすることにしました。

Preppy万年筆は、0.2(EF)、0.3(F)、0.5(M)の3サイズがラインナップされていますが、私の用途では0.5(M)が一番合ってると感じているからです。BLACK、BLUE、REDの三色をストックしておくことにしました。でも0.3(F)も買っておいた方が良いかな・・と若干迷っています。

手に入れてから気づいたのですが、どうやら品番が変わった様です。今まで使ってきたPreppyは、「PPQ-200」という品番だったのですが、今回入手したのは「PSQ-300」という品番に変わっていました。販売定価は400円(税込み440円)でした。

Preppyの細字、中字(PSQ-300)は400円

「PSQ-300」は400円(税抜き)で、
ブラック、ブルーブラック、レッドが0.3(細)、0.5(中)の2サイズ、
ピンク、バイオレット、イエロー、グリーンは0.3(細)の1サイズのみです。

#1 ブラック
F(細)1716012
M(中)1716013

#3 ブルーブラック
F(細)1716032
M(中)1716033

#11 レッド
F(細)1716112
M(中)1716113

#21 ピンク
F(細)1716212

#28 バイオレット
F(細)1716282

#30 イエロー
F(細)1716302

#41 グリーン
F(細)1716412

勉強用途(ノートに書く)や、手紙に書く際には色を変えて使いたいと思うので、細字だけはカラーバリエーションが豊富なのかも知れません。

Preppyの極細(PSQ-400)は500円

「PSQ-400」という品番もあって、ペン先のサイズが0.2(極細)で、500円(税抜き)となります。極細はカラーが限られていて、ブラック、ブルーブラック、レッドの3色のみです。ニーズを考えるとこうなってしまうんでしょうかね。(手帳とかに書き込むには極細を使いたくなると思います)

#1 ブラック
EF(極細)1717011

#3 ブルーブラック
EF(極細)1717031

#11 レッド
EF(極細)1717111

無色透明ボディ細字(PSQC-400)400円もある

個人的にはこの品番が気になるのですが残念でもあります。せっかくの透明ボディなのにペン先のサイズが0.3(細)のみというのは非常に惜しいです。

#4 クリスタル
F(細)1739042

価格500円で0.2(極細)にしておいてくれれば、替えインクでイエローやバイオレットなどを入れて自由に使えたのです。もしくは#4 クリスタルもペン先 3サイズ対応にしておいてくれれば申し分なかったと思います。なぜこういうラインアップにしたのか疑問です。

ボディカラーに拘らなければインク交換で対応可能

そういう訳で、製品ラインナップとしては、ボディカラーとペン先のサイズで制限がでてしまいますが、もし、カラフルな色インクで極細を使いたい場合は、インクを別買いにして極細ペンを使うことは可能です。Preppyシリーズは万年筆のパーツに互換性がありますし、替えインクにも互換性があります。

インクは混ぜたらダメ(化学反応を起こして固まってしまう可能性がある)と言われているので、一度もインクを通さなければ大丈夫です(もしくは念入りに水洗いして洗浄)。ですから、例えばペン先極細、中字のペンボディを手に入れて、インクをイエローにするということは簡単に出来ます。

強引な方法(ペン先パーツを入れ替える)

完全に製品ラインナップを無視した使い方になりますが、裏技的にペン先を入れ替えてしまう方法もあります。私は数回ペンを水で洗浄したことがあるのですが、洗浄している際に気づいてしまいました。実はペン先は差し込んであるだけなので抜けます。そして互換性がある様なので別のボディに差し込んでもフィットします。

つまり、カラーインク、カラーボディ、極細ペン先の組み合わせにすれば、製品ラインナップにない組み合わせで使うこともできちゃいます。パーツの組み合わせを替えるので大っぴらにオススメできる方法ではありませんが、こういう楽しみ方が出来るのもPreppyの楽しいところです。価格的にも安価なので買い足しが出来るので可能な方法です。そうなると透明ボディ(#4 クリスタル)のPSQC-400が色によって使いまわしが出来て便利に思えてきます。

どうせならパーツで販売してくれても良さそうに思えてきますね。

プラチナ万年筆 プレピー 03 万年筆 7色セット 細字 …

プラチナ万年筆 プレピー 03 万年筆 7色セット 細字 …

2,380円(04/18 14:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
プラチナ万年筆-preppy-プレピー-02EF-PSQ-400

プラチナ万年筆-preppy-プレピー-02EF-PSQ-400

1,345円(04/18 22:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました