芸陽社(旭電子):高知市~市内で電子パーツを探すならこのお店

高知市内にある電子パーツのお店「芸陽社」といえば昔は桟橋通にあったと記憶しているのですが、今は旭に移転している様です。

中学生、高校生当時は自転車で買いに行って抵抗器、コンデンサ、ダイオード、LED、IC等を買って自作していたものです。本当に助かった。

当時は芸陽社で売ってないものは、通販は現金書留で代金を送って部品リストのモノを送って貰ってたので二週間位かかりました。

あれからずいぶん長く高知を離れていましたし、高知に帰ってきてからも電子部品を必要とする機会が無かったので、芸陽社が旭に移転している事については全然知りませんでした。

現在は工作的なことはやっておらずちょっとした電子パーツしか用が有りませんが、ACアダプター用のプラグ、USBプラグ、コネクタ等のちょっとした補修部品も購入出来る、高知市では貴重なお店です。現物合わせさせてもらえるのも間違いなくて嬉しいですね。

ハンダゴテを始め電子工作用の工具、配線、自作回路キットなんかも置いているので、子供(小学校高学年から中学生くらい?)向けの学習教材を探すのにも最適だと思います。小学校高学年以上ならお子さんのプレゼントに凄く良いと思います。私はコレの道筋で電子系のエンジニアになり機械系も手がけ、今はネットワーク、サーバー等のインフラ系エンジニアです。

“芸陽社(旭電子):高知市~市内で電子パーツを探すならこのお店” の続きを読む

レッドウィング8179のブラックソール化~リペアついでにVibram1136でカスタムした

レッドウィング8179のソールが削れてかかとの外側が薄くなってしまっていたので、メンテナンスに出すまでは靴箱に保管状態で置いていました。このままいつまで保管したままになるのか・・・

ところが、たまたま調べ事をしていて、ソール交換を依頼しようと思う機会がありましたので、箱詰めして発送する事にしました。東京の業者さんに依頼する事にしました。宅急便で送ってリペアして送り返して貰います。

一週間位でリペアが終了して宅急便で送り返されて来ました。

“レッドウィング8179のブラックソール化~リペアついでにVibram1136でカスタムした” の続きを読む

通勤用スクーターのタイヤをAmazonで手配(後日作業予定)~前回自分で交換してから5年経っている

今日、GW連休の最終日だったので、通勤用スクーター(アドレスV100)のメンテナンスを行うことにしました。最近、ワダチにタイヤが取られる感じがしていたのですが、リアタイヤを確認したら溝がスリップマークに達していて交換時期です。

フロントの方はまだ大丈夫なのですが、この機会に前後交換して快適に走りたいなと思っています。前後新品のタイヤにリフレッシュすると、ジャイロ効果で安定して走れますし、振動も少なくてどこまでも進んでいける様な錯覚さえ起こします。

駆動系にちょっと不安があったので、面倒ですがエンジン側面の駆動系カバーを外して点検しました。ケース内に黒い粉がびっしり付着していて、以前点検した時に掃除したハズなのにと疑問に思いましたが、Vベルトが劣化して摩耗が進んでいる様です。

カメファクの強化ベルトに交換したのは結構前なのですが、走行距離と経年劣化によるゴムの柔軟性が無くなっている事が摩耗(粉)の原因と思われます。

後日、タイヤ交換、Vベルト交換等を行わなくてはならないので材料(部品)を調達することにしました。追って記事にしようと思っています。

前回のタイヤ交換は2011年10月だった

今使っているタイヤは自分で交換したので、交換手順を写真に残した記憶があったのですが、日記(Evernote)には2011年10月に作業をした事しか残っていませんでした。写真を掲載したとしたらブログなのですが、私の過去のブログはサーバートラブルで飛んでしまったので、既にこの世に存在しない記録になってしまいました。

貴重な記録が飛ぶとは、ブログとは恐ろしいものです。こまめにバックアップ(コピー)しなくてはならないなと、また改めて再認識しました。

それでも、Evernoteに作業をしたという記録があったので、5年半も経過していることが確認出来ました。そんなに前だったっけな?と疑問ではありますが、日記を信じるしかなさそうです。6年もタイヤ(ゴム)が持ったら十分でしょう。走行距離も記した記憶があるのですが記録が無いと遡れません。

“通勤用スクーターのタイヤをAmazonで手配(後日作業予定)~前回自分で交換してから5年経っている” の続きを読む