PCハードウェアのメンテナンス~CPUファンの汚れとCPUグリスの硬化による冷却性能低下

PCハードウェアのメンテナンス~CPUファンの汚れとCPUグリスの硬化による冷却性能低下

ブルーレイオーサリング時にPCの遅さに気づいた

ブルーレイドライブを買ったことにより、ブルーレイオーサリングをしようとしたところ、PCの動作がかなり遅いことに気づきました。年数も経っているのでPCが古くなり性能がついてこなくなっているのは自覚していますが、CPU性能が足りないのかな?と確認をする為に、タスクマネージャからパフォーマンスモニタを起動したところ変なことに気づきました。

Core TempによるCPU温度チェック

CPUクロック(速度)がかなり抑えられており、性能がフルに発揮されているというには程遠い状態です。しばらく様子をみていたのですが、CPUクロックが上がりません。

排熱処理がうまくできていないのかな?と確認を取るために、Core-Tempを使ってみたところ温度が非常に高いです。それで保護が働いてクロックが抑えられているのだろうと考えました。

アプリを終了させて何も動作していない状態にしても案外高いままになっており、負荷をかけると温度が一気に上がってしまいます。

PCケースの蓋を開けてCPU冷却ファンを確認してみると、ホコリが付着していて掃除しなくてはならない時期なのだろうなと感じました。面倒ですがPCをシャットダウンして接続ケーブルを外して内部を清掃することにしました。

CPU冷却ファンの掃除の為に、CPUクーラーを外して掃除した為、CPUと冷却ファンの間に塗っているシリコングリスが剥がれました。というより固形状態になっているのでもはやあまり役目を果たさない状態になっている様です。この機会にシリコングリスを塗り直す必要があると判断しました。あまり高価なものは必要ないと思うので、普通に機能するシリコングリスを購入して塗りました。

CPUグリスの塗り替え(購入)

1つのCPUに使用するグリスの量は知れているので、これ1本あれば数台のPCのCPUグリスを塗り直すことが出来ると思います。面倒ですしそうそう分解する事もありませんので、3g入りのものを今回は購入しました。グリスを塗る際に便利なヘラと指サックも付属しているので、古いグリスを拭き取るボロ布があれば簡単に塗り直しができました。

シリコングリス 熱伝導グリース 絶縁タイプ

シリコングリス 熱伝導グリース 絶縁タイプ

409円(12/07 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

古いグリスはCPU側、ヒートシンク側の両方からボロ布でキレイに拭き取って、アルコールでキレイにしてから新しいグリスを塗ります。特にオーバークロック等はせずに使用しているので必要以上には気にしないことにしています。

今回、CPUグリスによるCPUの熱をヒートシンクに伝導させることの重要性を再認識したので、もっと熱伝導の良いグリスを使ったらもっと効率良く冷却出来る様になるんだろうなという事も考える様になりました。地味に重要な部分だと思います。グリスの違いによる性能差は私はよくわからないですが、心配な人は高性能なグリスを選択してみるのも良いかも知れませんね。

PCの処理能力が回復した

冷却ファンも掃除したし、CPUグリスも塗り直したので、元通りにPCを組み立てて起動させます。タスクマネージャーからパフォーマンスモニターを起動して確認すると、CPUクロック(速度)がきちんと性能通りに発揮されています。

CPU温度もCore-Tempで確認してみました。CPU負荷がかかるオーサリングソフトを起動して処理させるとCPU温度は上がりますが、クロックが下がらないので冷却はキチンと機能する様になった様です。負荷を落とすとCPU温度もスーッと下がってくれます。

やはりPCの掃除(メンテナンス)は重要だと再認識しました。特に空冷の部分はホコリを吸い込んで溜まってしまい冷却性能が落ちるので、時々掃除することはかかせないものだなと痛感しました。

これでブルーレイオーサリングの処理も、爆速とは言えなくとも本来のPC性能を発揮して処理させることが出来る様になりました。処理を止めて負荷を軽くするとスーッと温度が下がるのが本来の機能なので時々はチェックしておくことも重要ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。