フランドリア・ナチュラル(Flandria Natural)~華やかな香りが特徴の無添加シャグ

フランドリア・ナチュラルをリピートしました。

アンバーリーフ(イギリス)が落ち着いた香りなら、フランドリア(ベルギー)は華やかな香りが特徴の個性的なナチュラルシャグで、いずれもお気に入りだったりします。

アンバーリーフでは物足りない時にフランドリアを選ぶと、しっかりとした喫味が得られますし、シャープな味わい(基本的にこっち嗜好)が心地よいです。加湿具合でやや落ち着いた喫味にも調整できるのがナチュラルたばこの楽しいところです。

フランドリアはバリエーションが豊富なこともありますが、香り主体の喫煙をしている人にはおすすめのブランドです。バージニアブラックが人気ラインだと聞いていますが、私はナチュラルがお気に入りです。

たばこ銘柄を固定するのも一案ですが(昔は私もそうしていました)、気分によってその時に味わいたいタバコをチョイスできるのはある意味幸せだと思っているので、お気に入り銘柄は時々リピートしてストックしています。

“フランドリア・ナチュラル(Flandria Natural)~華やかな香りが特徴の無添加シャグ” の続きを読む

RAWクラシック・シャグ~オーソドックスな手法でナチュラルシャグを味わってみる

手巻きたばこを始めて一年以上経過しました。ナチュラルシャグから始まって、バニラ着香などのフレーバー系シャグもあれこれ楽しんできましたが、ここんところの嗜好がまたナチュラルシャグに戻って来ているので、いよいよRAWのシャグに手を出してみる事にしました。

RAWとの出会い

手巻きたばこを始めてから、RAWブランドの存在を知るまでは大して時間がかからなかったと記憶しています。もちろん初めての手巻きたばこを手にした時は、ローラーで上手く巻くことが出来ず何度も巻いてみたりとしたものですが、少し慣れてくると色々と調べたくなります。

この時代の便利なことはもちろんインターネットという情報ツールを使って調べたいことを簡単に調べられる点です。例外なく私も手巻きたばこについて調べました。そしてRAWのホームページの取扱店リストから、高知市内にも手巻きたばこにかなり特化したRAWを扱っているお店が数点ある事を知ります。

その取扱店の中から、まだ訪れたことのないお店に連絡をして訪問してから、またどっぷりと趣味としての手巻きタバコに縁することになったわけです。

しかし不思議なことにRAWの製品は後回しにしていました。少し割高なこともあるのですが、純粋に手巻きたばこを楽しむブランドだとわかっていたので、「自分にはまだ早いな」という気持ちがずっとあったのです。

“RAWクラシック・シャグ~オーソドックスな手法でナチュラルシャグを味わってみる” の続きを読む

アンバーリーフ(AMBER LEAF)~琥珀色の葉はタバコ葉の良い香りを愉しむ向きにお勧め

アンバーリーフ・オーガニックブレンド

以前、アンバーリーフ・オーガニックブレンドを試喫させてもらったら凄く良い香りがして、しかもマイルドでかなり気に入ってしまいました。

オーガニックブレンドは、シャグパウチにチャックがついてて、乾燥しないように気配りされている製品でした。個人的には大当たりのシャグでした。

久しぶりに「琥珀の葉」を味わいたくなったので、今度は黄色いアンバーリーフ(フルボディ)、そして白いアンバーリーフ・ブロンドを購入して比べてみることにしました。

アンバーリーフ・プレミアムバージニア

アンバーリーフ・プレミアム・バージニア

黄色いパッケージにグリーンのロゴが目を引きます。残念ながらオーガニックプレンドには付いてたパウチのチャックはついていません。パリパリと引っ張ってパッケージを開封します。

しっかりとした香り、喫味が特徴のプレミアムバージニア。香りはバージニアらしく特徴があり、オーガニックブレンドよりも主張があります。バージニア系の香りが好きな人には是非一度味わってみて欲しいシャグです。

フルボディと言う割にはライトな感覚で喫煙できますが、バランスが良いからかも知れません。喫煙後にはしっかり満足感が得られるので軽いタバコでは無いと思います。

アンバーリーフ・ブロンド

アンバーリーフ・ブロンド

フルボディと呼ばれる黄色いパッケージに対して、白いパッケージの方はライトボディと呼ばれている様です。こちらも黄色パッケージと同様にパウチにチャックはついていません。

やはり黄色のフルボディに比べると軽やかな喫味ですが、軽いタバコかと言われるとそうも言えない様な気がします。アンバーリーフ・シャグに共通するのは、柔らかい煙と上品な香りですが、しっかり満足感は得られるので、どちらかから試してみて自分に合う方を選ぶと良いのではないでしょうか。

私は酸味には強い方なのであまり酸味を感じることはありませんが、スッキリした喫味のたばこに共通するのは適度な酸味があるので、人によってはアンバーリーフのこの柔らかさが酸味と感じるかも知れません。

それでも、オーガニックブレンドはやはり格別に柔らかくて旨味(甘味)がしっかり感じられる上質なシャグだと個人的には評価しているので、三種類を試してみてほしいものです。

“アンバーリーフ(AMBER LEAF)~琥珀色の葉はタバコ葉の良い香りを愉しむ向きにお勧め” の続きを読む