柿の木にイラガが卵を産み付けるので電撃殺虫器をグレードアップ

仕事の関係でウィークデーは自宅を留守にしている関係上、自宅のことはかみさんに任せることが多くなっています。毎年恒例の柿の木に集まる害虫と卵の産み付けには悩まされています。

卵を産み付けられる前に駆除してしまえば、柿の葉を食い荒らされる被害も少なくなるのでは?というのがかみさんの言い分です。

そこで電撃殺虫器を買い足してほしいと言うので検討する事にしました。今使っている電撃殺虫器はメーカーも聞いた事のない2,500円位で買ったものなのですが、4年位は使っています。屋外で使用したこともあり、電極が劣化して来ている実情、そろそろ買い替えの時期が来ているのかも知れません。

“柿の木にイラガが卵を産み付けるので電撃殺虫器をグレードアップ” の続きを読む

令和元年早々に柿の木の葉の手入れ~GWは害虫の卵の駆除作業でお約束

今年のゴールデンウィークは連休が長いので有効に使えそうだと期待していたのですが、雨天続きで期待していた動きができません。車のメンテナンスとかやりたかったんだけどな。

さて、例年通り、自宅裏にある柿の木の葉を見ていて害虫の卵を発見したので今の内に葉を切り落として駆除します。しかしながら既に3cm以上あるイラガが数匹存在していて、柿の葉を食い荒らされている箇所も結構広がっています。対応が遅れてしまいました。

手が届かないので高枝切り鋏を使って切り落として焼却ゴミに棄てます。今年はGWでもゴミの収集があるのでチャンスです。高枝切り鋏で作業することもあり密集している部分はピンポイントで切れないので周辺の葉も切り落とすしかありません。

葉の裏側に小鳥の糞の様な白い物体(卵)が産み付けられているのを見つけては切り落としました。風蘭の細長い葉にも規則的に産み付けられた卵を発見したので切り落としました。

“令和元年早々に柿の木の葉の手入れ~GWは害虫の卵の駆除作業でお約束” の続きを読む

2017年は豊作では無いにしても柿の実が熟れて来ました~どうしても黒ずんだりするのは仕方ないのかな

自宅裏に柿の木があるので、今年は虫が葉に卵を産み付けているのを発見したら葉を取り除くという地道な努力をしてみたので、葉がボロボロになるという事は避けられたのですが、台風で実が落ちたりして大分実が減りました。

それでも朝晩の気温が下がってきた事もあり、柿の実が熟れて食べられるものが収穫出来るようになってきました。

“2017年は豊作では無いにしても柿の実が熟れて来ました~どうしても黒ずんだりするのは仕方ないのかな” の続きを読む