Windows 10標準メーラーが使いにくい~仕方なくMicrosoft Office Outlookを使うことにした

自宅のノートPCはWindows 10にしているのですが、SSD化した際に容量が100GBしか無いものを使用したため(当時はまだSSDは高価だったし)、極力余計なアプリはインストールしない様にして使用しています。

Windows 10はOS自体は比較的軽くて評価すべき点も多くあるのですが、余計な機能を実装したり、使えない中途半端なアプリを標準としたり、相変わらずマイクロソフトのOS標準アプリは使えないだと思います。本当に使い物にならない

数ヶ月我慢しながら使ってきたのですが、今日はどうしようもなく我慢限界だったので、仕方なく標準メーラーをOutlookに変更する事にしました。

hotmailを使いたいので仕方なく標準メーラーも使ってます。超絶不便

Thunderbirdが最強と思う

個人的にはメーラーはMozilla Thunderbird最強だと思っています。より柔軟性のあるBecky!も魅力がありますが、Thunderbirdは機能的にも十分ですし、なによりUIがよく考えられているので使いやすいからです。妙なトラブルに遭遇したことも無いですし。セキュリティ面でもMozillaは重要視しているので安心出来ます。(信用するかは人それぞれでしょうが)

メールバックアップは、Mozilla Thunderbirdの場合は、MozBackupを使用すると丸ごとアーカイブしてくれるので、別メディア(外付けHDDなど)に定期的にバックアップすると良いでしょう。Mozilla Firefoxを使っているなら尚更MozBackupを使わない手はありません。

持ち運び用のノートPCにはなるだけ余計なアプリはインストールしたくないので、Thunderbirdをインストールする事も自粛し、Officeに付属のOutlookを使用します。Officeは意図的に2010(もちろん32bit版)を使用しているのですが残念ながらOutlook 2010は現行のHotmailには対応していません。

Outlookは機能てんこ盛りでセンス悪く仕上げられているのではっきり言って使いづらいです。シンプルなメーラーで十分だとも思うのですが、マイクロソフトはWindows Live Mailという糞ったれなメーラーを出してサポートも放り出した前科があるので我慢しながらも様子見しつつOutlookと付き合っています。どうせ基本的な機能しか使いませんからトラブルが無ければ良いのです。

“Windows 10標準メーラーが使いにくい~仕方なくMicrosoft Office Outlookを使うことにした” の続きを読む

残り数日なので緊急措置~Windows 8へのアップグレードライセンスでWindows 10認証

先日、残り数日の無償アップグレード権を獲得する為に、使用頻度の低いPCをとりあえずWindows 10にしておく的な記事を記したばかりですが、過去のメールを整理していたところ、すっかり忘れていた情報が出てきたので緊急に対処することにしました。

と言うのも、Windows 8がリリースされたばかりの頃の話に遡ります。

Windows 7がXPに変わって普及して来た頃に、Microsoft社はWindows 8なるハズレなOSをリリースしました。しかしながら世間では今後Windows 8に移行せざるを得ないだろうという流れもありました。MicrosoftがWindows 8への移行を推進する為に優待措置をとったからです。

Windows 8 Upgrade権

Windows 7を使っているユーザーは、格安(2,500円だったと記憶)でWindows 8にアップグレードできるライセンスを優待販売しました。私は先行投資だと思ってこの時に所有していたWindows 7のライセンス数(4つ)分をとりあえずアップグレードさせるかも知れないと考えて優待価格で購入しました。

もちろんWindows 8はテストをしたのですが、とても使い物にならないという評価をせざるを得なかったので、そのままアップグレードライセンスはお蔵入りとしていました。この事をすっかり忘れていましたが・・

この度、2016年7月29日を期限として、Windows 7、Windows 8.1からWindows 10への無償アップグレードをMicrosoft社リリースした訳ですが、世間ではやはり安定重視の需要が高いと見られ、Windows 10へのアップグレードは思ったほど伸びていない様です。

ただ、期限を過ぎるとどうなるか分かりません。本当に無償アップグレードは打ち切りにするかも知れませんし、方針変更で無償期間を延長するかも知れません。

いずれにせよ、私の手元には、Windows 7 -> Windows 8へのアップグレード権が4つあります。そのまま放置していた訳ですが・・

“残り数日なので緊急措置~Windows 8へのアップグレードライセンスでWindows 10認証” の続きを読む

個人でAutoCADなんて買えない人に~無料版なら国産のJw_cadがあるけどDWGが開けて操作性が似たCADがやっぱり良い

一番最初に務めた会社の仕事でAutoCADを使わなくてはならなくなり、会社費用で2日か3日の短期コースでレッスンを受けさせてもらって、基本的なAutoCAD LTの機能を使って平面の図面は描けるようになりました。確かバージョンが2002だったと記憶しているので、もう10年以上前になるのかな。

その会社は勤続が長かったけど、体調を崩して退職ししばらくくすぶってパート勤務とかアルバイトとかしたりした後に再就職。結局またIT畑に戻ったみたいなものでしたが、AutoCAD LTを使うことはほぼありませんでした。CADはやっぱり特種な業界専用のツールだと思います。

その会社も数年正社員で務めた後に退職し、その会社勤務の時のつてで出入りの業者の社長から声をかけてもらい、アルバイトをさせてもらったりしたのですが、そこでAutoCAD LTを使用する機会がまた再登場。図面を描いたり編集したりという作業がまた再発です。幸い製図を最初から行うレベルではなく、既存の建造物図面にレイヤーを重ねて機器の配置シンボルを落としていく作業とかがメインでしたので難しくはありませんでした。

AutoCAD LTは結構使い込んだ時期があったので、基本機能はすぐに思い出せました。ちなみに私はCADにはあんまり詳しくは無いのですが、AutoCADというのは3D対応で、LTは2D版らしいです。

3D系のCADはCATIAを触ってみて無理だと思ったのでそれ以来触れていません。全く3D CADは理解出来ませんでした(w

そんなCADですが2Dでも十分に便利です。CADというアプリケーションの仮想空間の中で実寸で描いておけば、縮尺してプリントアウト出来るし、実寸で描いているから図面をベースに色々調べる事もできますからね。ホント画期的なツールだと思いますよ。

しかし、AutoCAD LTは高い。3D対応のAutoCADはもっと高いですけどね。趣味用途やちょっとした仕事程度では手が出せません。私も会社を離れて個人で仕事をする様になって、CADが有ったら便利だなというケースに遭遇することが時々ありますが、AutoCAD LTに慣れているので、今更他のフリー(無料)のCADを使おうとは思えません。jw_cadが有名らしいですけど使い方が全然違うそうなので。

“個人でAutoCADなんて買えない人に~無料版なら国産のJw_cadがあるけどDWGが開けて操作性が似たCADがやっぱり良い” の続きを読む