デュアルモニター環境でMozBackupが画面からはみ出す~INIファイルで調整可能

職場のPC環境は、ノートPC本体に外付けモニターです。

外付けキーボードを使っている為、画面は外付けモニターをメインにしていますが、本当はデスクトップPCの方が良いんですよね。社給品なので我慢して仕方なく使うしかありません。

メーラーはMozilla Thunderbird、WebブラウザはMozilla Firefoxを使っています。メーラーはほぼ他の選択肢が無いという理由で使ってますが、Webブラウザは使い慣れているから使い続けているという感じです。

Mozillaのアプリを使っていてもバックアップの重要性は感じています。幸いMozilla関係のバックアップソリューションが無償アプリとして配布されています。

“デュアルモニター環境でMozBackupが画面からはみ出す~INIファイルで調整可能” の続きを読む

Windows 10標準メーラーが使いにくい~仕方なくMicrosoft Office Outlookを使うことにした

自宅のノートPCはWindows 10にしているのですが、SSD化した際に容量が100GBしか無いものを使用したため(当時はまだSSDは高価だったし)、極力余計なアプリはインストールしない様にして使用しています。

Windows 10はOS自体は比較的軽くて評価すべき点も多くあるのですが、余計な機能を実装したり、使えない中途半端なアプリを標準としたり、相変わらずマイクロソフトのOS標準アプリは使えないだと思います。本当に使い物にならない

数ヶ月我慢しながら使ってきたのですが、今日はどうしようもなく我慢限界だったので、耐えかねて標準メーラーをOutlookに変更する事にしました。Officeに付属しているのでExcelやWordを使っている人は既にインストールされていると思います。

Outlookの良いところ

Outlookを使うメリットは、多くのセキュリティ対策ソフトが対応している点です。ベンダーにもよりますがOutlookに迷惑メール駆除ボタンが追加されたりと、UI的に統合されて使いやすくなるのは一番のメリットでしょう。一般的なユーザーはOutlookを使うのが最適解だと思います。解説本も販売されているので参考にすると良いでしょう。

Windows Live Mailや、Windows MailからOutlookに切り替えるメリットのもう一つは、Outlookのデータファイルがドキュメントフォルダに一つのファイルとして.pst形式で保存されることもあります。データファイルが散在しないのでバックアップが用意に取れます。

また、.pstファイルにはパスワードロックをかけられるので定期的に別メディア(DVD-Rなど)にバックアップするのも手軽です。パソコンを買い換えた時の過去メール移行も簡単です。

個人/仕事で使用する場合でもカレンダー(スケジュール)機能が統合されているので、個人の予定を管理したり、過去の記録をさかのぼって調べることもできます。カスタマイズの余地はあまり残されていませんが(設定変更しても思い通りにならない部分は妥協するしかありません)、慣れれば事足りることが多いのでOutlookの仕様を把握できれば一通りの機能が組み込まれていることを理解できると思います。

“Windows 10標準メーラーが使いにくい~仕方なくMicrosoft Office Outlookを使うことにした” の続きを読む

NTTセキュリティ対策ツールのせいでPCが遅かった~動作が重いのはウィルスバスター・クラウドの不具合が原因

久しぶりのブログ記事投稿です。

ノートPCを引っ張り出してきて記事を記そうとしたところ、なかなか画面が表示されない。CPU冷却ファンはブンブン回ってる。この季節(寒くなってきた)でなぜこんなにファンが回る?ちょっと調べてみると原因が判明しました。

使った調査方法は、Windowsのタスクマネージャーを起動し、「プロセス」タブを選択、「すべてのユーザーのプロセスを表示」として、PC全体でどういうプロセスが動いているかを調べます。「CPU」タブをクリックしてCPU消費率順に並べると良いでしょう。

そうして調べてみるとNTTセキュリティ対策ツール(実態はトレンドマイクロ・ウィルスバスター・クラウド)が暴走している状態で、PCのハードウェアリソース(CPU、HDD)を食いまくってPCが全く使用できないレベルに陥っていました。

HDDリソースの消費は、「リソースモニター」からモニタリングができます。後述します。

確かに久しぶりにPCを取り出した(電源を入れた)ので、セキュリティチェックは大切だと思いますが、だからと言ってこちらはやりたい事があってPCの電源を入れた訳ですから、それを妨害する様な振る舞いはセキュリティ対策ソフトとして失格だと思います。裏方に徹しろよと言いたいですね。(非常に有害なウィルスが出回ったなどの緊急の時は仕方ないですが)

私がこういう書き出しをしたのには理由があります。ウィルスバスターには、ほとほと嫌気がさしているという「職場」で散々振り回されたことがあって、「自宅のNTTセキュリティ対策ツールでもこれかよ!」と呆れると共に怒りを覚えているからです。つまりこの記事はウィルスバスターをDISる記事です。

トレンドマイクロ社を支持されている方は読まない方が良いかも知れません。

“NTTセキュリティ対策ツールのせいでPCが遅かった~動作が重いのはウィルスバスター・クラウドの不具合が原因” の続きを読む