またコウモリの糞尿被害の季節が近づいてきたことをアクセスの傾向から思い出した2021

仕事が忙しく時間が取れないので、ブログの投稿が滞り気味ですが、週末は少しだけアクセス状況を確認したりしています。そして気づいたのは、コウモリの糞尿被害について記した記事のアクセス数が増えてきたということです。

つまり、コウモリの被害に遭い始めた人が検索して私が記した記事に到達しているという事ですから、そろそろ対策をしておかなくてはならないという事がわかります。こうしてブログに記しておくと季節的なイベントを思い出させてくれるのでメリットであったりもします。

余談ながら、柿の木の害虫被害(イラガ)へのアクセスも増えてきました。嫌な季節が近づいてきたという事がわかります。実際、こちらについては自宅でかみさんが電撃殺虫器を引っ張り出してきて設置したので嫌でも気付かされます。

時々、バチバチッという音が聞こえます。

さて、コウモリの糞尿被害は、やはりコウモリの習性を知っていないと根本的な対策が取れないと思われます。以外と小さなコウモリが生息しているので隙間から納戸に入り込まれたり、戸袋に入り込まれたり、屋根裏に入り込まれたりという被害も起こる様です。

私の仕事先の部屋は、網戸にしがみついて休憩されて糞尿を窓に撒き散らしてお帰りになる様なので、この季節になるととっとと窓を雨戸で防御しておく事にしています。糞尿を撒き散らかされると嫌な思いをしながら掃除をしなくてはなりませんから早めの対策が必要です。

そういえば、向かいの部屋の人は3月末から単身赴任で来たと言ってたなぁ(挨拶を交わしました)。コウモリ被害の事について教えておいてあげようかな。

よかったらコメントを残してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください