個人的に美味しいと感じた銘柄を紹介しておく~喫煙を続けるなら自分の好みに合う煙草を探そう

美味いタバコ銘柄

私の独断と偏見で個性が味わい易い銘柄を記しておきます。

※平成30年10月より価格改定(値上げ)のため、編集して価格については削除しました。個人的には昔の私の記録なので残しておこうとも思ったのですが、ネット上に古い情報があると混乱のもとでもありますからね。

アメリカンスピリット(アメスピ)

無添加タバコなので香り成分もタバコ葉のみです。つまりタバコ本来の香りと味わいを楽しめます。芳ばしい香りと味をキャッチ出来たらクールスモーキング成功です。葉がびっしり詰まっており、燃焼剤も添加されていないのでジワジワと時間をかけて燃えます。焦らず口腔の動きで吸う練習が何度でも出来ます。火がつきにくいという人もいますが慣れの問題です。

アメスピはクールスモーキングの練習に最適の銘柄で、ライト(黄色)が一番バランスが良い(美味い)と私は思っているのでライトスモーカーには一押しです。純粋なタバコ葉の香りと旨味をまずは味わって欲しいです。とにかくアメスピの燃焼時間の長さは特筆モノです。甘味もシッカリ出てきます。

紙臭さは抑えてるけどやっぱりシガレット(紙巻き)特有の紙が燃える臭いが惜しい。それでも十分に味わえる良いたばこです。紙臭さが気になる人はミントが香りで臭いを隠してくれるのでおすすめです。しっかりタバコ味&香り+ミント香が味わえます。さほどミントがきつくないのも良いですね。

チェ(che)

チェ・ゲバラの肖像をパッケージにしたインパクトのあるタバコです。無添加タバコとして非常に高品質で良心的な銘柄だと思っています。価格が抑えめなのに品質が非常に高い。シガレットとしてはトップクラスだと思ってます。

チェたばこ全般(手巻きシャグ)にも言えます。まず香りが非常に良いです。キューバ葉をブレンドしているということも理由の一つでしょう。シガレットにしてはやや高級な香りに振っているところが個人的には好きです。しかも良心的プライスだし!

丁寧に喫煙してやると旨味、甘みもしっかり出てきます。ラフに喫煙しても嫌な味になりにくいのも特徴です。パッケージにインパクトがあるので、喫煙所で興味を持たれて人にあげることもあるのですが、「美味いねコレ」と言われることが多いです。チェ・シガレットで良さに気づいたら、是非手巻きシャグにも触れてみてほしいです。チェ・シャグはぜひとも勧めたい銘柄。メンソールは苦手ですがチェ・メンソール・シャグはお気に入りな私。

ウィンストン・キャビン

チョコレートっぽい香りがしますので、クールスモーキングの練習で自己評価がしやすいです。ビターな香り(少し焦げた感じ)と味わいなので好みが別れるかも知れませんが、チョコレート香がシッカリと感じ取れたら成功です。少し安いのでその面でもオススメです。ただし一押しのアメスピに比べると燃焼は速いので(普通程度ですが)繰り返し練習にはちょっと不利です。スパスパ吸うと苦くてマズイのも特徴なので練習には便利。

ピース

甘い香りが特徴の日本のタバコとしてピースは有名過ぎる銘柄です。本来なら私の好みのショートピースと言いたいところですが、タール値が高いのでオススメは控えておきます。スパスパ吸っても甘い香りはしますがクールスモーキングがきちんと出来ると全然違うレベルで良い香りがします。

嫌な臭いがせず良い香りが引き立つというか。きっと気に入って常喫銘柄にする人いるだろうなぁ。美味しく味わうコツは、タールをじんわりと染み出させることです。強火で燃やしてしまうと煙になりますが、上手く喫煙すると紙にタールが染み出して来ます。

するとめちゃ甘い!余裕がある人は500円のアロマクラウンアロマロイヤルをチョイスしても良いかも知れませんね。私はご褒美としてたまにアロマクラウンを買います。上手に吸うと上品な香りが最高!

パーラメント

別記事にも記しましたが、私にはミルクティーの様な上品さと甘さ、苦味のバランスが良いたばこ銘柄だと感じています。ただ喫煙が上手にできないと不味いです。リセスドフィルターを採用している意味からしてもゆっくりと丁寧に喫煙してやる必要のある銘柄ではないかと。逆にいえば喫煙が下手な人にはこの美味しさは味わえないんじゃないかなと思います。

慣れてきたら色々試してみよう

クールスモーキングが出来るようになったらオススメしたい銘柄。

ハイライト

おじさん(おじいさん)ちっくなパッケージですが、洋酒っぽく上品な甘みと香りが味わえる銘タバコです。うちの爺さんが愛用していました。パッケージとは大違いの味わいと香りにやられます。でもクールスモーキングが出来るようになった人にしかオススメしません。タールが多くてキツいですから。クールスモーキングが出来ない人には、煙くて臭くてキツイだけのタバコになりかねません。タールを染み出させて上手にすえる様になったら是非。美味いですねー

セブンスター

旨味と甘みと軽快さのあるタバコですね。これも息の長い銘柄で人気ですから当然といえば当然です。クールスモーキング出来ないと辛くてマズいタバコに成り下がるので、ちゃんと味わえるテクニックを身につけてからすいましょう。肺喫煙者的にはガツンと来て美味いですよね(違う意味で)。

ピース

ピース系の甘い上品な香りは、この系統が好みなら絶対に外せない日本の銘タバコですね。この良さを楽しめる特権がクールスモーキングで口腔喫煙のテクニックです。タール値が多いですから身につけてない人は上達するまで我慢しましょう。ベタベタに巻紙にタールが染み出して来ます。凄く甘い香りと味わいのタバコですね。

わかば

昔の「わかば」は臭かったらしいですが、フィルター付きの「わかば」は植物の葉の香りが程よくして私は好きです。い草の匂い、青臭いと評価する人もいますが、好みの問題なので仕方ありませんね。

「わかば」はタール値が高いこともあり、じんわりと燃やしてやるとめちゃくちゃ甘み(旨味)が染み出してきます。巻紙がじっとり濡れる位のイメージでたばこ葉を燻してやると本当に美味いです。

安い部類のたばこらしいですが(たばこ葉の純度の問題?)、これがこれが、大当たりな一本が紛れ込んでいたりするのでそれを引く楽しみもあります。大当たりの「わかば」はそれ1本で一箱分の価値があるというのはやや大げさかも知れませんが、本当にうまいのが紛れ込んでいるのでやめられません。

もちろんコレら以外にも沢山の銘柄があるので、自分の好みに合うタバコを探すと良いです。一つの銘柄に固定してしまうのはもったいないと(個人的主観)思います。

よって喫煙を始めたばかりの人は特に、ネット等でリサーチをした上で色々試してみるべきだと思います。また周囲に喫煙者がいるのであれば、1本交換したりして試喫してみるのも一案だと思います。そうやって自分の好みの銘柄にあたりをつけていく努力は必要でしょう。

手巻き(シャグ)で選ぶ方法を勧めておく

手巻きタバコを体験して分かったことを記しておきます。

手巻きタバコとは、タバコ葉(シャグ)とペーパー(巻き紙)、必要に応じてフィルターを準備して、自分の手で巻き巻きしてタバコを作る愉しみ方です。

シャグには色々な種類がありますので、好みの香りを選べば比較的容易に自分が好む系統の香りや味わいを見つけられます。そしてシャグの乾燥状態を自分でコントロールしたものを巻いて吸えば、好みの味わいもかなり嗜好に近づけやすいです。

嗅覚・味覚は個人差があるので、他人のレビューを参考にしながら「自分で実際に吸って」みないと分からないです。人の評価と全く違うと感じる事もありますね。

また、ペーパー(巻き紙)も沢山種類があるので、タバコ葉の香りに混ざった香り(紙が燃える嫌な臭い)が気になる人は、ペーパーすらも自分の好みのものを選べます。ここが最大の強みです。

燃焼の焦げ臭さが刺激的で良いという人も居ますので巻紙の材質や厚さも調整してみると好みを見つけられるでしょう。シャグとの相性もありますね。しっかり燃やした方が美味いシャグ、燻らせる様にした方が美味いシャグ。しかし好みによるので正解はありません(自分で見つけるしかない)。

またフィルターにも種類がありますし、フィルターナシ(両切り)も手巻きなら作れますから香りを重視している人にはフィルター無しがオススメです。コニカル巻きも手軽で美味しく味わえる巻き方なのでオススメですね。

個人的にはシガレット(紙巻きたばこ)は紙が燃える臭いが苦手になったので、手巻きたばこにシフトしました。少しでも臭みの少ないペーパーを探しています。

自分好みのタバコをより繊細にカスタマイズ出来るのが手巻きの最大のメリットです。

一番の課題は、手巻きタバコ(シャグ)を扱っているタバコ店を探すことです。今はネットで沢山の情報が得られるので、ちょっとの努力と行動を起こせばさほど課題では無いと思いますが、地方のかなり田舎に住んでいる場合は難しいかも知れません。

その場合はタバコ屋さんに仕入れて貰えないか相談してみるのも一案です(最小限の仕入れ単位をクリアすれば取り寄せて貰える事が多いです)。都会に出張する人にお使いを頼んだり・・最後の手段は通販ですね。

シャグをブレンドすることも出来る

既製品の紙巻きたばこに比べて手巻きの優位点がもう一つあります。

複数のシャグブレンドするという愉しみ方があります。私の場合は、ナチュラル系のシャグをベースに、フレーバー(着香)系メンソール系を少し混ぜる、メンソールシャグを少し混ぜるという方法で愉しんでいます。強いメンソールは苦手なのですが配合比率によって調整できるので、色々試すと、自分好みの香りと味わいを実現したオリジナル・メンソール・タバコも簡単に作ることが可能です。

市販の通常の紙巻きタバコから自分の好みに合う銘柄が見つけられない場合は、是非とも手巻きタバコを試して欲しいと思います。初期投資が若干高く感じますが、タバコ一本に換算するとコスト的にも安くなるので、自分の好みを見つけてしまえば安価にタバコを愉しめますし、満足度の高い喫煙を実現すると消費する本数が減ります。

もっとも・・色々試したくなるので事はそう簡単には済まない可能性もあります。そうなると趣味の領域ですね。在庫が増えてニヤニヤしながら困ってます。

タバコを愉しむという意味では、手でいちいち巻いてという手間が程よく自制心を働かせ、ながら吸い、惰性吸いという悪習慣を防げるので本数も減る傾向にあります。手間をかけて巻いたタバコだから最後まで吸うという気持ちも芽生えます。

個人的には、タバコ葉の本来の香りと味わいを味わえるだけでなく、自分なりに調整出来る手巻きタバコは強くオススメしたいです。最近はiQOSやPloomTechをはじめとした燃やさないたばこを経験している人が増えてきたので、紙巻きタバコが「臭い」ということを実感できるでしょう。

そういう経験を持つ人には、ぜひ、巻紙やシャグに意識をしたうまいタバコを味わって欲しいものです。

手巻きたばこは、すぐに火が消える?
消えたらライターで着火したらええやん。そのかわり燃焼剤の臭いからは開放されるよ。紙の燃焼臭がほとんど気にならん巻紙もありまっせ。なんなら煙管を使えば紙の燃える臭さは完全に解消できまっせ。優れた喫煙具が昔から伝統的にあるんやから。

最後に

たばこには、シガレットを始め、電子たばこ、リトルシガー、刻みたばこ、葉巻、パイプ等のバリエーションがあります。刻みたばこは金属製の喫煙具を使った喫煙、パイプは木製の喫煙具、葉巻はすべてがタバコ葉。余計な匂いや味のしない喫煙バリエーションも豊富なのに、それを知らない人(シガレット経験のみ)が大半なのは残念です。

そこへきてこの嫌煙ブーム。昔から伝統の喫煙文化も終わるかもしれませんね。一度廃れたモノはなかなかもとに戻せません。個人的にはこの喫煙文化を大切にしたいと思っています。分かる人にだけ分かればいいです。わからない人にはなんぼ説明してもわかりませんからね。

お約束ですが喫煙は法律により成人のみに許されています。未成年者の喫煙は法律違反です。また健康被害のリスクもあるので成人と言えども喫煙は出来ることなら行わない方が良いでしょう。

そういう前提で、喫煙している人にはより良い喫煙ライフを送ってほしいと思って自分なりの経験と考えを記してみました。私にとっては喫煙はもはや「趣味」ですので、手間もお金もまぁ許せる範囲でかけていこうと思ってます。

コメントを残す