男性が爪にマニキュアを塗るのはやっぱ変かな~爪の補強に塗ってもらったらメンズネイルと言うらしいwww

NO IMAGE

両手の爪にマニキュアを塗ってもらいました。不自然にテカテカしているのですが写真にするとそう目立つものでもないですね。塗る前に比較用の写真を撮っておくべきでした。

別に変な気があるわけじゃなく、爪が薄くなって弱いので補強目的でやったことでして、かみさんに頼んで塗って貰いました。高校生の頃にクラシックギターを独学でやっていて、その時に爪の補強にマニキュアを塗るギタリストがいると言う話を聞いて知っていたのですが、一度もやったことはありませんでした。最近はギターも全然弾いてませんし。

しかし、老化のせいか最近は爪に縦筋が入って光沢は失われたし、爪が薄くなっている様でなにかに引っかかると剥がれる様に割れてしまいます。正直いうと老化のせいとは思いたく無いですが、爪がほんとに薄く弱くなってしまいました。薄々はわかっているのですがおそらく肝機能の影響もあるのでしょうね・・

現在の私の仕事は、昔程は指先を酷使する仕事ではありませんが、キーボードのタイピングは今でも重要な作業です。指先の感覚は爪の長さや爪の強さも重要です。微妙な感触に爪も関わっているのです。なので爪を保護したいと考えました。

爪が割れたりして剥がれると指先がとても痛いです。何度も痛い思いをして我慢しながら仕事をしていました。幸い今は割れていません。そこでなんとか今のうちに爪を補強しておきたいとマニキュアを塗ってもらった訳です。

指先に繊細な感覚を求める人は、手や爪を頻繁に手入れするという話を聞きます。私は別に繊細な感覚を求めているわけでは無いのですが、普通の指先を維持したいという考えからメンズネイルという訳ですwww

ところがやってみて分かったのですが、爪にマニキュアを塗ると爪が不自然に引っ張られる感じがします。爪先に微妙な違和感がずっと続いてます。重ね塗りで厚くなり爪がしっかりしたせいか、キーボードのタイピング時はしっかり感があるのですが、爪が固くなり過ぎて柔軟性が無くなった感じの違和感が強いです。指先のショックを吸収してくれないというか。これは慣れるしか無いのだろうと思いますが結構辛いです。

体験してみるとわかるのですが、爪って実は柔軟性を持ち合わせているもので、皮膚(角質)でできているという事を再認識しました。繊細な感覚を持つ指先には爪も含まれていて重要な感覚要素なんだと気づいた次第です。

マニキュア塗りは一回ではなく重ね塗りしたのですが、重ね塗りすれば当然厚くなるので固くなり柔軟性が無くなります。重ね塗りは失敗だったかも知れません。

しばらく我慢してみますが最初は薄く塗る事から始めて行った方が良いですね。私は今回いきなり3回も塗り重ねてもらったので硬くなりすぎた様です・・もちろんマニキュアを剥がす(溶かす)液体があるので取り除くこともできるそうです。そういう事は女性に相談するのが手っ取り早いです。

なお、私らの世代では必要以上に女性っぽいことをすると気持ち悪がられるものですが、今の時代はメンズエステも当たり前となっていますから、女性と共通の話題ができて良いかも知れませんね。

今回の私の相談は割れやすい爪を保護したいという目的なので、かみさんも好意的に協力してくれました。こういう話題も面白いものだなと思った次第です。

なお、今回はかみさんが持っていた「トップコート」というのを塗ってもらいましたが、控えめでナチュラルな色で爪がきれいに見える「メンズ用のネイル」もある様です。でもやっぱり女性に相談してから買うことをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。