2021今年も花粉症が始まりました~コロナ禍でマスク着用にも慣れたけれど強風と共に花粉は飛んでくる

2021今年も花粉症が始まりました~コロナ禍でマスク着用にも慣れたけれど強風と共に花粉は飛んでくる

昨年から世界を混乱させている中国発のコロナウィルスはいまだに収束しません。昨日からワクチンの接種が始まったとか聞きますが、いつになればコロナが収束するのでしょうか?常時マスクを着用しての生活にも慣れてきましたが、窮屈な生活を強いられるのは少なからずストレスを感じるものです。ストレスは蓄積して限界値を超えた時に思わぬトラブルを招きます。国(厚労省)は本気で取り組んで欲しいものですね。

さて、個人的には今日から花粉症症状をはっきりと実感しました。数日前から兆しは感じていましたけど症状としてハッキリ現れたのは今朝からです。寝起きに目が痒く鼻がムズムズするし喉もイガイガします。

当サイトの過去記事で花粉症に触れた記事にもアクセスが増えてきているので、時期的に世間でも花粉症の症状が出始めた人が増えてきているのでは無いかと思われます。

以前は「ストナリニS」という市販薬を愛用していましたが、現在はアレルギー症状を緩和してくれるフェキソフェナジン塩酸塩を配合した「スカイブロン」も併用しています。寝起きに1錠服用しました。

これらの薬は市販薬ですが、1錠で長い時には15時間位持続してくれるので(個人差はあると思います)割と便利です。フェキソフェナジン塩酸塩は耳鼻科で診察を受けた時にも処方された薬で、自分に合っているみたいです。徐々に新しい有効成分が見つかっているらしく一世代前の医薬品は安価になりコスパが高くてまとめ買いしています。

日中(仕事)はオフィス内にいたのでマスク着用のこともあり花粉症のことを忘れていました。仕事を終えて帰り晩飯を食べて休憩していると薬の効き目が薄れてくる感じです。14時間位経っているのでそろそろ服用しておいた方が夜辛くて起きることがないかなと言う感じですが、様子をみながら服用することになりそうです。

最も困るのは就寝中に咳き込んで真夜中に目が覚めることです。アレルギー症状を抑える薬を服用しても効果が現れるまで時間がかかります。なので朝晩の2回服用するのが良いのかも知れません。

なお、今日は異常な寒波のせいで風も強く雪が降ったりと日本中大荒れの様です。強風によって大陸からの大気汚染物質が流れ込んでくることが喘息症状の原因ではないかと推測しています。寒冷アレルギーというのも聴いたことがあり、それも関係しているかも知れません。四万十市も降雪はありましたが積雪には至っていません。ただし夜の間に明朝にかけてかなり冷え込みそうなので朝は凍結とかに気をつけなくてはならないと思います。

アレルギー症状に対処するしかない

過去の記事で耳鼻咽喉科を受診して処方された薬が「フェキソフェナジン」という薬だったという記録をしています。自身の事であっても、昔のことは忘れていくのでこうしてブログに記していると読み返せる便利さがあります。

耳鼻科を受診する以前は「ストナリニS」という市販薬を頓服的に使用していましたが、咳き込み(喘息症状)が出始めてからは症状を抑えきれず、「アレルギー症状」そのものを抑える必要があると考えて医療機関を受診した記憶があります。花粉だけの問題ではなく大気汚染(PM2.5)とかが関係していると思います。死にそうなくらい咳が出ることもありますからね。当然寝ている時にそうなると真夜中でも起きてしまいかなりストレスを感じます。

今年も嫌な季節が始まってしまいましたが、もう35年以上前からの事なので慣れている部分もあります。思い返せば転勤等で住居が変わって症状が軽い時もあったと思います。東京では症状がひどかったし、高知県も割と症状がひどいと思います。大阪では割と楽だった印象があります。

フェキソフェナジンよりも新しい、第2世代抗ヒスタミン成分エピナスチン塩酸塩というのもありますので、機会が有れば試してみようと思います。アレジオン等には配合されている様です。花粉飛来が収まるまで継続的に服用し続ける必要があり、薬価が高くなると金銭的な事も無視出来ずコスパも考えなくてはなりませんけどね。

なお、私が子供の頃には「花粉症」という認知がされておらず的はずれな治療をされたものですが、今は「花粉症」が認知され薬も色々開発されているのでまだマシだと思います。

子供の頃のこの季節は本当に地獄でした。卒業式の練習とか寒い体育館に集められて長時間に渡る試練。あれは虐待だったんじゃないかと今は思います。本当に辛くて地獄でした。完全に鼻詰まりなので口呼吸で喉は荒れ放題、鼻水に涙でズルズルして、ポケットの中はティッシュだらけでした。しつこいけど本当にあれは地獄でした・・もう二度とあの体験はしたくないです。

コロナウィルス対策とも共通しますが、「アレルギー性鼻炎」や「アレルギー性結膜炎」がはやく完治する方法が見つかると良いのにと思います。次々と試練が現れて来るので生きて行くってことはなかなか辛いことなんだなと思わされます。

【第2類医薬品】スカイブブロンHI 60錠

【第2類医薬品】スカイブブロンHI 60錠

798円(10/20 03:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
【第2類医薬品】フェキソフェナジン錠AG 56錠

【第2類医薬品】フェキソフェナジン錠AG 56錠

2,508円(10/20 03:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
【第2類医薬品】ストナリニS 24錠

【第2類医薬品】ストナリニS 24錠

733円(10/20 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。