スマートフォン(スマホ)でUSBオーディオインターフェースを使う~100円の変換ケーブルが活躍し簡単に動作した

パッケージの接続例にスマートフォンがある

なにげにsteinberg UR22mkIIのパッケージ(箱)を見ていて接続例が色々ある事に気づきました。その中にタブレットとUSBオーディオインターフェースを接続する例が記してあり、これ本当にできるのか?という疑問がわきました。

スマートフォン側のコネクタとオーディオインターフェース側のUSBコネクタの規格の違いがあるため、変換コネクターは必要になりますが、Micro USBとUSB Type-Aの変換ができれば接続可能っぽいです。

こんなにお高いものではなく、ダイソーで買った変換ケーブルが手元にあったので試してみたところ、何の問題もなくオーディオインターフェースからスマートフォンの再生音が聞こえました。

接続は下図の様な感じ。私が使っているオーディオインターフェースは、Steinberg UR22mkIIです。

キレイな音で再生出来ました

何の苦労もなく動作してちょっと意外だったのですが、コンデンサーマイク等をオーディオインターフェースに接続してやれば、入力信号として外部マイクを使用することができるかも知れません。

そうなるとスマートフォンを使ってオンラインミーティングなんかをする場合でも綺麗な音で通話できるんじゃないかなと。色々な事ができる様になって凄いなと思います。

現時点で分かっているのは、この接続例であればオーディオインターフェースの電源をスマートフォンから供給するのでバッテリー消費が激しくなるという点です。

まだまだ検証が追いつきませんが、アイディア次第で色々な便利を手に入れられるかも知れません。

ローランド USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22

ローランド USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22

15,480円(03/02 12:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください