今年も5月になったので軽自動車税の納税通知が届きました~乗ってない原付き二種ナンバーを返納しておいて良かった

今年も5月になったので軽自動車税の納税通知が届きました~乗ってない原付き二種ナンバーを返納しておいて良かった

毎年5月には市から軽自動車税の納税通知書が届きます。仕事先と自宅との往復のために仕方なく軽自動車(テリオスキッド)を中古で購入してから、原付二種に乗ることが無くなって放置状態なので、通院のために有給休暇を取った日に通院ついでに市役所にナンバーを返却してきたので今年は無駄に原付二種の分を支払う必要はありません。

それでもテリオスキッドは年式が古いので割増の軽自動車税を支払わなくてはなりません。1万2千900円は必要経費として受け止めるしか無さそうです。原付二種だけなら安かったのに日本国内では車を所有するとお金が異常にかかりますね。

「古い車に乗るなら割増の税金を払え」って言うのも日本の税制は変だと思うのですが、決まりなので仕方ありません。新車が売れる様にして自動車産業を保護するのが日本の社会の仕組みですからね。来年になって早々に継続車検がありますので納税は済ませておかないと車検も通りませんからお布施みたいなものです。

日本では自動車を所有してナンバーを交付してもらっているだけで納税の義務が発生します。車検を通すと当然更に税金とメンテナンス費用がかかります。車を持っているだけでお金を吸い上げられていく社会の仕組みなので、車が必須ではなくなったら、とっとと手放そうと思っています。実際、原付二種があれば足としては困らないし、高知市内は路面電車もあるのでキチンと歩ける限りはたいていの事は事足ります。

今は、仕事先が四万十市なので高知市~四万十市の往復を考えるとどうしても自動車が必要になります。バイクでってことも考えましたが、荷物が致命的に運べません。一週間の大半を四万十市の部屋で過ごしているので少しずつ生活用品を持っていったりしている事もありますし、撤収する時にも荷物を運ぶ必要がありどうしても車が必要になるんですよね・・

学習していること

前回の車検の時に、納税を四万十市のコンビニで済ませて領収書を四万十市の部屋に置きっぱなしにしていました。それを忘れて週末に高知市の自宅に帰宅して予約しておいた車検に出しに行ったら「納税証明が必要です」と言われて、また四万十市に取りに行く(部屋の中を探しまくった)という大失敗をしました。行ったり来たりで貴重な週末の時間もガソリン代も無駄にしました。

なので、納税証明書(領収書)は車検証と一緒に車のグローブボックスで保管しておくのが確実だと思います。もしくは必ず自宅の決めた場所(引き出しとか)に保管しておくこと。これを忘れてまた同じことをしてしまうとアホみたいなものなので要注意だと思っています。

翌日さっそくコンビニで支払いをしたので、納税証明書(領収書)は車検証入れに一緒に入れて保管する様にしました。今年は車検がある年なのでこれを無くすとまた車検の時に困ります。どこにやったかバタバタ探すなんて二度とごめんですからね。

テリオスキッド
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。