高知から大阪に出向いて中古車を買ってきた~週末を利用すれば陸送してもらうより安く済ませられるかもよ

先日、中古車ジャンボカーニバルに足を運んだことは別記事に記しましたが、自分にとって譲れない条件を満たす車を高知県内で探すのは困難だと判断して、県外で購入することを決めました。

今の時代ネットで探さない手はありません。

ただ、メンテナンスなんかは自動車屋さんにお任せで、気軽に足代わりに使いたいという人にはこの方法は絶対に向かないと思います。手間賃を払ってでも業者に探し出してもらって、それなりのメンテナンス(保証)をして貰って、多少高くても安心して乗れる状態にした方が良いでしょう。中古車よりも新車で購入する方が良いですね。

私の場合は現行車種で買いたいと思える車が一つもないし、車は基本的に所有しない考え(日本国内の車の維持費は異常)なので、仕方なく買うけれど「所有しなければならないなら譲れない部分もある」という頑固な考えもあり、一般的では無いことは自覚しています。

ヤフオクで探す

ハッキリ言ってYahoo! Japan(というよりSoftbank)はあんまり好きな会社ではないのですが、ネットオークションの草分け的存在ですし、私自身ヤフオクが無料の頃からネットオークションを利用しているので、慣れたツールを使って探すというのは自分にとってメリットがあると考えました。

ヤフオクには評価があるので、評価欄で出品者(業者)を診断するのもテクニックです。中古車を取引するわけですから買ったあとの故障などトラブルは当然あるでしょう。その場合の対処を読み取り業者を評価するのです。逆ギレされる様な業者はもちろんパスします。

中古車の状態は地域によっても結構違います。地方では日常の足として毎日使用しますが、首都圏では交通が便利なため日常の足は公共交通機関(電車・バス)、土日しか乗らないという人も多く、走行距離が短い車両は首都圏に多い傾向があります。

今回ターゲットにしたのは、日帰りで乗って帰れるであろう、広島県、岡山県、兵庫県、大阪府です。特に兵庫県と大阪府が狙い目だなと考えました。四国内(徳島県、愛媛県、香川県)は高知県と似たようなものなのであまり期待はしてませんでした。

大阪で中古車を買ってきた

やはり交通機関が整っている地域で使われた車両は走行距離が少ないものが多いと感じます。ハズレを引かなければ地元で酷使されたものよりはマシだと考えました。

しかし県外から高知に陸送してもらうと人手がかかるので数万円の代金が必要です。それも手軽でありだとは思うのですが、私の場合受け取りの課題(平日日中しか受け取れない)もあり、店舗に出向き乗って帰れるという方式で販売してくれるショップを探しました。

そして私が欲しいと思っている条件の車を見つけ出し、電話とメールでコンタクトしてみると、比較的良い反応だったのでここで購入することにしました。ただし先述のとおり故障の発生は前提として、なるだけ安く購入してあとから修理するという考えです。大阪のやや南の方にあるショップでした。

高知市から大阪府(兵庫、京都)へは、高速バスで5時間程度で行くことができます。朝一番の高速バスに乗り、目的地近くまでバスで行ければ、後は電車を乗り継いで引き取りに行けると考えました。高知(高速バス)→難波、難波から南海電車。最寄り駅からタクシーを使えば良いと考えました。実際は最寄り駅から大した距離ではなかったので散歩がてら歩いたのでタクシー代も節約できました。

事前にきちんとリサーチしておけば、GPS付きのスマートフォンなら道案内もできるし、非常に便利な時代になったものです。私のプランでは朝7時頃に出発して21時頃には帰ってこられるというプランが出来上がりました。もちろん往路の交通費、復路の高速代、ガソリン代は考慮しなくてはなりません。これが陸送と比較する金額よりも安く、かつ自分にとってメリットがあったので陸送よりもこちらを取ることにしました。役所関係は土日のどちらかを稼働させるべきだと思うけどな。まっとうに働いている(拘束されている)身としては本当に不便です。

中島PAにて撮影
特徴的なので元オーナーが見たらわかるだろうなぁ・・

実際に大阪まで引き取りに行った結果は、ほぼプラン通りのオンスケジュールでした。ちょっと予定外だったのはクラッチの不具合が早々にあらわれてしまったので、車に負担をかけない様に温存しながら帰ってくるということを強いられたので、精神的な負担は多少あったかも知れません。これくらいのアクシデントは想定内。中古車購入計画は成功です。

中島PAにて撮影
写真だと分かりづらいですがコキズ、エクボ、塗装の劣化あります。DIYを楽しみながらコツコツ修復していこうと思ってます。

中古車保証について

安く売られている中古車には概ね保証がついていません。きっちりとした整備ができるショップならメンテナンスを行って、ある程度までの保証はつけられるかも知れませんが、その分のコストが販売価格に乗っています。それは整備士の労働があってのことですから当然です。

今回、中古車を購入したショップでは、特別な整備はしていないということで事前に不具合の状態は聞き出していました。妥協もしくは後回しで修理すれば良いという程度だったので購入することにしました。

有料オプションとして半年、一年の保証がつけられるという選択肢がありました。保証はEGS+という保証(保険)会社が行っている様です。色々相談して当初は1年保証(19,000円)に加入するつもりだったのですが、EGS+について色々とリサーチすると、特にMT車にとってはあまりメリットが無いということが判ったのでキャンセルしました。

EGS+保証は、サービス提供会社が定めた部品に限り故障した場合、全国の工場で無償修理が受けられるというものですが、この対象部品がまず問題となります。普通に壊れるはずはないだろうという部品が多く(もし壊れたらかなり高額ですが)、消耗品は対象外となっています。車の性質にも関係して来ますが国産車の場合はメリットが薄いと感じます。

またここには記しませんが、「ネットで検索」すると対象部品の故障なのに適用外と判断された例が多く、口コミを読む限りあまりこの保証会社を信用する気にはなれませんでした。キャンセルできたのでよかったと思うことにしました。

車が故障する場合は大抵前兆がありますから、それを自身で察知して早期に修理してトラブルを回避しようと思っています。そのために多少なりとも掛け金はプールしておくことにしました。

名義変更

名義変更(車検証の書き換え)は、必ず行わなくてはなりません。中古車を販売する側としても名義変更が速やかに行われないことはリスクなので、名義変更が終わるまで預り金数万円という方式を取っているショップが多いです。

私が今回お世話になったショップは、二週間の猶予内に名義変更を済ませてくださいという約束でした。保証金を預からせてもらうと言わないのは、ちょっとめずらしいショップだと思います。スタッフさんに話をしてみたらよく言われますとの回答でした。今の所名義変更を怠った人(トラブル)は無いそうです。

軽自動車の場合は「軽自動車検査協会」で名義変更を行うことになりますが、平日の日中(お昼休み時間除く)にしか受付をしていないので、ちょっと困りましたが弟が代わりに行ってくれるというので頼んで、2日後には名義変更(ナンバープレート変更)が済みました。晴れて高知ナンバーです。

自動車保管場所届けは、警察署に届け出をしなくてはなりませんので、これから書類を作って対処するつもりです。ただしケーサツも平日の日中のみの受付です。隔月で通院のために仕事休みを取っているのでそのタイミングで届け出を済ませようと思っています。

初期故障、維持費

私が購入した中古車は、現状渡しという約束だったこともあり、早々にクラッチのトラブルが現れました。受け取って数分後に現れるとはタイミング的に早すぎる(既知の症状だろ・・)とは思いましたが、中古車である以上避けては通れないので自分で対処する様にします。まぁこの程度は想定内です。

あとはサイドミラースイッチの接触不良、フォグランプの不点灯(球切れ?)程度です。小傷が多いのは追々タッチアップ等で丁寧に補修して行こうと思っています。大きなトラブルがなければ修理に出したとしてもしれていますし、自分で多少の修理はできるのでこれから乗り続けられそうです。

もちろん任意保険には加入します(知人が保険を扱っているのですでに連絡済)。高齢化社会でもあるし交通のリスクはどんどん増えています。保険なしで車に乗るなんて考えられないですね。

One Reply to “高知から大阪に出向いて中古車を買ってきた~週末を利用すれば陸送してもらうより安く済ませられるかもよ”

コメントを残す