プリンストンDrobo 5Cの拡張計画レビュー~既存HDDから段階的に容量を増やせるBeyond-RAID

先日購入したプリンストンDrobo 5Cをある程度触ってみて概ねBeyond-RAIDの構成がわかってきたので、既存の4TB HDD✕2個に入っているデータを移行させた後に、RAIDに加えて最大に拡張することにしました。

Dorobo 5Cの活用プラン

まず、Drobo本体の他に、4TB HDDを3個新規で購入する事にしました。

この3個でBeyond-RAIDを構成すると、単純計算で8TB(実際は約7TB)の容量のRAIDストレージが構成されます。

次に手持ちの4TB HDD✕2個(中にはデータが記録されている)からデータを移行させました。少し余裕があったのでなんとか7TBに収まったのは救いです。

既存HDDの中のデータ移行が終わったら、4TB HDD✕2個はフォーマットしてから、Droboに追加してRAIDストレージを拡張させました。単純計算だと16TBですが実際は14.52TBになりました。

ざっくり言えばRAID-5相当の容量が確保出来ますが、RAID-5で5個のHDDを使うには最初から空っぽのHDDが5個必要です。しかしBeyond-RAIDのおかげで段階的な拡張が出来ました。

最終的には、4TB HDD✕5個を使ってBeyond-RAIDで段階的に16TBまで拡張出来た訳です。

不便が改善された

今までの使いかたとしては、作業する時に目的のデータが保存されている4TB HDDをスタンド型USBアダプタに差し替えていました。実際には他にも3TBや2TBのHDDがあり、スタンド型USBアダプタに差し替えていたのでファイル管理がやりづらい面が有りました。

しかし、Dorobo 5Cのおかげで14.52TBのRAIDストレージが手に入ったので、集約して管理する事が出来る様になりました。論理的には1個の大容量ストレージを使える事になったので見通しがよくなりファイル整理も非常に楽になりました。

PCの使い方にもよると思いますが、私の使い方だとにデータは増えていく一方なので、ストレージ容量を後から拡張出来るのは非常に便利です。どこかで整理するにしてもこれくらいのサイズがあると非常にやりやすくなりました。

もちろん大容量ストレージは、故障するとデータロストの危険性があります。その部分では一応RAID構成になっているので、1個の大容量HDDよりは安心だと思います。今後使っていく内にHDDの不具合が1個ずつ起きる可能性があるので、有事の際に交換出来る様にスペアを保有しておく必要はあると思っています。

HDDの選定については、あまり意識していなかったのですが、確認してみたところ5本全てがWD40EZRZで統一されていました。個人的にはWDのHDDはハズレをほとんど引いたことが無いので気に入って使っています。逆にSeagateは何度も痛いめを見たので選ばない様にしています。運はあると思いますけどね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください