ドラマ「異世界居酒屋「のぶ」」異世界につながった居酒屋~異世界でどう評価される?

原作は小説から始まったといこの作品が、マンガ化され、更に実写版映像化作品です。原作は下記から読むことが出来ます。

私は小説はほとんど読まないのでこの作品を知ったのはマンガ化されたものでした。原作の良いところを抽出してドラマ化していることがわかります。この作品はWOWOWで放映していたのを観ました。武田玲奈ちゃんが好みなのでそれに釣られたというのもあります。

WOWOWオリジナルドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』DVD-BOX

WOWOWオリジナルドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』DVD-BOX

大谷亮平, 武田玲奈
10,939円(05/15 17:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

丁寧に映像化されており、異世界と言葉やほとんどの事が通じるという設定も堅苦しさがなくて、娯楽映像として楽しめます。そして王道の日本料理(居酒屋)ですから気軽に見ることが出来ます。

最近はマンガもいまいちしっくりこないものが多くて疎い状態ですが、ちょっとリサーチしてみると「異世界もの」が流行っている様です。この原作はその中でも成功している作品だと個人的には評価しています。異世界もののほとんどが私的には好みではありません。この作品は画がキレイなのもいいですね。是非マンガの方も読んでみて欲しいです。

ドラマ版ストーリー概略

異世界につながってしまった居酒屋のぶ、美味しいエール(ビール)を出す店だとして人気を集め日本料理の目新しさを求めて常連も増えてきます。更に異世界での居酒屋営業なので常連客を絡めて色々なドラマが展開されて行きます。

最近グルメ系の作品が多いと思いますが、こういうひねった設定は評価が出来ます。しかも無理に異世界にどっぷりさせていないところが窮屈さを感じずに見ていられるのです。なぜか言葉は通じるけど文字は通じない。そしてほとんどの食材が共通しているのです。

結局はフィクションのお話ですから設定は無理に異世界に縛られる必要は無いと個人的には思うのです。その匙加減が上手だなと感じますし、それが評価されて映像化されたのではないかと思います。

ネタバレは面白くないのでなるだけ記さない様にしますが、細部に色々気を配って異世界を映像化しています。また登場人物の設定も面白いです。原作がしっかりしているからこそ実現したのかも知れません。

作品の評価について

原作が小説、マンガ(コミックス)、アニメ化、実写化もされている時点で評価は高い原作だと言うことがわかります。それだけファンが多いという事の裏付けです。そして映像化に成功している部類の作品だと思うので個人的にはお気に入りです。個人的には武田玲奈ちゃんが演じている「しのぶちゃん」が品があってかわいくていい感じです。(結構嫌な女の役が多い彼女にしては準主役的な立場なので貴重です)

登場人物それぞれにきちんとした個性や特技をもたせているのも良いです。原作あってのこの評価でしょう。この原作に目をつけた製作者のセンスの良さと映像化の上手さが噛み合って成功作品として生まれたものだと思います。

好みの媒体でみてほしい

原作(小説)は無料で読むことができる様です。

マンガもアニメも実写ドラマもありますので、自分が好む媒体で見ることができるのもこの作品の懐の深さでしょう。それだけ多くの愛好者がいるのだと思います。

異世界居酒屋「のぶ」(1) (角川コミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」(1) (角川コミックス・エース)

ヴァージニア二等兵
574円(05/15 18:09時点)
発売日: 2015/12/29
Amazonの情報を掲載しています

そして別の媒体でもみてみると小さな部分の解釈の違いとかがよみとれて面白いと思います。私は小説はあまり得意ではありませんが、少し読んでみると一話ずつは短編っぽくまとめられているのでちょっとずつ読むのには苦労無さそうです。長編小説はストーリーを覚えておいて続きから読まなくてはならないのが一番の苦手な点なのです。

原作の良さを読んでおく必要はあるのかなとファンとして思っています。

よかったらコメントを残してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください