Motorola Moto G4 Plusのバッテリー交換レビュー~少し割高だけど純正品にしたし作業は簡単だった

3年ちょっと前に、当時発売されたばかりの「MOTOROLA Moto G4 Plus」を購入してDSDSでSIMカード2枚運用をして来ました。

  • SIM1:DoCoMo(カケホーダイ)
  • SIM2:IIJmio(データ専用)

合わせて一ヶ月の支払いは約4,000円です。当然一番最初に3万円ちょっとのスマートフォン本体を購入しましたので初期投資は必要でしたが月々の支払いは固定で抑えられるし、そんなに多用する訳でもないので身の丈にあった使い方で私の用途には合っていると思います。

このスマートフォンも結構年数が経ちました。しかしゲームはしませんのでそれなりに不満なく使えています。まぁ多少もっさり感を感じることはありますが日常使いには全く支障ありません。MicroSDカードも128GBが対応しているので記憶容量的にも問題ありません。

ここに来て一番の不満はバッテリー容量の低下で、ちょっと使った程度で1日持たなくなり、やむなく職場のPCのUSBポートから充電する必要があることです。一日中外出だと結構不便で、スマートフォンを使ってキャッシュレス決済をする機会が増えたので、うっかり充電が甘いと仕事帰りに買い物をする時にバッテリー容量がほとんどなくてヒヤヒヤさせられることがあります。

ここいらでスマートフォンを買い換えるか、バッテリー交換をするかを検討した結果、バッテリーを交換すれば済む問題なのでスマートフォン本体を買い換える必要は無いと考えました。

交換手順についてリサーチ

交換の仕方はYouTubeで検索したら色々見つかりました。動画を見ながら作業手順をイメージしてみても大した作業ではないと感じたので自分で出来ると判断しました。

自分で交換しようと思っている人は、同一機種のバッテリー交換手順について、いくつか動画があるので視聴して参考にしておくべきだと思います。


“Motorola Moto G4 Plusのバッテリー交換レビュー~少し割高だけど純正品にしたし作業は簡単だった” の続きを読む

テリオスキッド(TA-J131G)のルームライトが暗い~簡単にLEDランプで光量アップしたのでレビューする

メンテナンスというよりはカスタマイズの方になるかもしれませんが。

夜に乗ることが多いテリオスキッドですが、以前からルームライトが暗くて不自由をしていました。ホムセン(コーナン)に行った際、何気にバルブを見ていてT10×31と書かれたLEDランプがあることに気づきました。ちょっと高いなぁと思ったのですが、不自由さを改善できるのであれば早い方が良いなと、思い切って買ってしまいました。

Amazonで買った方が断然安かった・・・失敗

テリオスキッドのルームランプの構造はカバーを外すと下の写真の様になっていました。横に長いバルブ(管ヒューズみたいな外観)がT10×31です。現物を見てみれば板バネで固定してあるだけだと分かるので交換は簡単に行えます。

テリオスキッドルームランプ(T10✕31)純正

“テリオスキッド(TA-J131G)のルームライトが暗い~簡単にLEDランプで光量アップしたのでレビューする” の続きを読む

テリオスキッド(TA-J131G)のヘッドライトバルブ交換~ロービームだけ更新

TA-J131G

たまたま別の目的があって、ホムセン(コーナン)に行った際、ワゴンセールに在庫処分品があったので物色してみたところ、テリオスキッドのロービームに適合するバルブ9006(HB4)が500円で販売されていたので買っておくことにしました。

スペアとして常備しておくつもりだったのですが、せっかく新しいのを買ったのであれば、新しい方を常用して、今まで使っていた方を非常用の予備としてストックする方が良いかなと、早速交換してみることにしました。

テリオスキッドのヘッドライトには3灯のバルブが使われています。
外側の大きな円の真ん中にあるバルブがロービーム、その斜め下にあるのがポジション、小さい円の真ん中にあるのがハイビーム。今回はロービームを買ったので大きな円の真ん中だけ交換作業します。このロービーム・バルブが一番使いますからね。

“テリオスキッド(TA-J131G)のヘッドライトバルブ交換~ロービームだけ更新” の続きを読む