テリオスキッド(TA-J131G)の車検を通しました~少し課題ありでしたが無事に通りました

テリオスキッドを中古(約50,000KM走行)で入手してから約1年が経過しました。車検が約一年残っている状態の中古車だったので、約一年乗って走行距離は60,200KM程度なのでちょうど年間走行距離1万キロというところです。ほとんど職場と自宅の行き来を週末に移動するだけなので思ったほどは走行距離は伸びていませんでした。

元々、年式の割に走行距離も少なめでタイヤは9分山残っていましたし、その状態からブレーキパッドも問題ないだろうと思っていましたが、車検をしてもらった先からの報告ではいずれもバッチリ残っているので、現在のペースで乗れば次の車検までは全然問題ないだろうという事でした。

私のテリオスキッドの用途がやや特殊なせいかも知れませんが、夜遅くなってから高知市~四万十市の約100KMを走行するのがメインなので、2時間の走行中に停止する事もブレーキをかける事もあまり有りません。よってブレーキパッドの摩耗も少ないでしょうし、タイヤの摩耗も最小限と思われます。

車検に出して検査ラインを通してもらった結果、ヘッドライトの輝度が低くてそのままでは車検を通らないとのことでしたので、ヘッドライトのレンズ(クリア)を研磨して透明度を高くする工賃が3,300円別途かかり合計で約64,000円でした。

クラッチは数ヶ月前に新品に買えましたし、その時にMTオイルも交換済み。今回の車検では特に重要な問題も見つからず。これでまた2年乗り続けられるはずなので、古い車種ですが上手に付き合っていこうと思っています。

エンジンオイル、オイルエレメントは一定距離走行すると交換していますし、ワイパーブレード等の消耗品も早めに交換する様にしています。特にフロントウィンドウの汚れは夜の運転には目が疲れるので重要だと思っています。

しかし、車って維持するのにお金がかかりますね。春には自動車税の支払いが待っています。もちろん乗ればガソリン代もかかりますし、保険料もかかります。本当に車って銭食い虫みたいなものだと思います。お金の事なんか気にしなくても良いという恵まれた境遇にいる人以外は、車の必要性を感じなければ「持たない事」が一番賢い選択だと思います。日本で自動車を所有するには本当に無駄(上納金)がかかる・・

まぁ車が好き(趣味)なら仕方ないですけどね。私は若い頃は車が趣味でしたから無駄金を撒き散らして来た訳ですが、経験(体験)という意味では無駄では無かったかも知れません。サーキット走行、ジムカーナ走行等にも費やしてスポーツ走行の技術も身につけたので安全運転にはつながると思ってます。そう思わないとやってられないです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください